TOP > > 子どもよりもりんご病の症状が重い?!大人が気をつけたい場合とは?

子どもよりもりんご病の症状が重い?!大人が気をつけたい場合とは?

りんご病とは

可愛らしい名前の「りんご病」は、正式名を「伝染性紅斑」といいます。パルボウィルスB19というウイルスに接触・飛まつ感染することで発症する病気です。

名前の通り、頬がりんごのように赤くなる症状があり、子どもの間で流行します。子どもで重症化することはほとんどないとされていますが、大人がかかると危険な場合もあるので、りんご病流行のきざしがみられたら気をつけたいものです。

子どもと大人の症状の特徴

りんご病は子どもと大人ではあらわれる症状の特徴が少し異なります。

子どもの症状

  • 37℃台の発熱
  • 頬が赤く腫れる
  • 体にレース状の小さな発疹が出る

大人の症状

  • 頬はあまり赤く腫れない
  • 関節が痛んだり曲がりにくくなる
  • 体にレース状の小さな発疹が出る

子どもも大人も1週間ほどで回復しますが、咳、高熱、リンパの腫れなどが起こったり、1か月くらい発疹が長引く場合もあります。大人は関節の症状が強く日常生活に差し支えることもありますが、頬が赤くならないのでりんご病と気付きにくい場合があります。

大人のりんご病に気をつけたい人とは

大人でりんご病にかかると重症化する可能性の高い人は、注意が必要です。

妊婦

妊婦がりんご病にかかるとウイルスが胎児にも感染してしまいます。胎児が重度の貧血になり、胎児水腫(体に水分が溜まる)になったり、流産・早産になる場合があります。

溶血性貧血の人

溶血性貧血というのは赤血球が壊れやすいために起こる貧血です。りんご病にかかると貧血の症状が進むことがあります。

子どもの頃にりんご病にかからなかった人

りんご病は一度かかると抗体ができることが多いので、基本的には一生に一度しかかからない病気とされています。子どもの時にりんご病にかかったことのない人は、大人になってからかかる可能性があります。

りんご病の対策は?

りんご病には特効薬やワクチンがありません。予防接種で感染を防ぐことができないので、日常生活でウイルスに感染しないように気をつけるしかありません。

といっても頬が赤くなってりんご病と気付く頃にはすでにウイルスの感染力はなくなっているので、りんご病の人との接触を避けるといった対策はできません。

かかった場合に特に危険な妊婦は、周囲でりんご病の流行が分かっている場合に人ごみを避ける、妊娠中は子どもの多い場所を避けるといった対策を心がけることが予防につながります。

またウイルスに感染して必ずしも発症するとは限らず、半数以上の人は症状が出ません。りんご病自体は基本的にかかっても予後は良好な病気なので、かかったら受診して症状を抑える薬を処方してもらい、無理をしないように過ごすのがのぞましいです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る