TOP > > 脂肪肝を何とかしたい貴方!タウリン&運動で効果アップを目指す

脂肪肝を何とかしたい貴方!タウリン&運動で効果アップを目指す

「あ~今日は仕事も頑張ったし疲れたぞ~」って感じの日もありますよね。こんなような疲れをどのように解消していますか?自宅でゆっくり入浴したり、早めに布団に入るのも効果があるかも知れません。

しかし、翌日の朝になっても疲れが取れないようです。何となくですが、毎年疲れが取れにくくなっているようにも感じています。これはいったいどういうことなのでしょうか?

若い頃はいくら疲れても、お酒を飲んでぐっすり眠れば大抵の疲れは吹っ飛んだものです。最近ではお酒を飲むとかえって疲労が取れません。実はこのような現象は肝臓に問題があるようなのです。

辛くても耐え忍ぶ肝臓の本音とは!

肝臓は臓器の中でも重要な働きを持っています。特に腸で吸収された栄養を代謝することで各細胞に栄養素を送ったり、解毒作用やコレステロールなどのコントロールも行っているのです。

肝臓は「もの言わぬ臓器」と呼ばれているように、障害が発生しても少々の不調で表面化することは少なく、大抵は障害が悪化してから気が付くことが多いようです。

また肝臓に機能障害が起こると疲れを感じることが多く、身体のだるさや皮膚の荒れなどの症状が見られます。また睡眠を十分とっても疲れがなかなか取れず、寝起きも悪くなるのも症状と言えるでしょう。

このように肝臓はある程度機能障害が進行した時点で気が付くことが多いため、早い段階で見つけることが重要なのです。貴方の肝臓は聞こえない悲鳴をあげていませんか?

肝臓の機能障害は脂肪肝が原因

疲れが取れにくい人の原因の一つに「脂肪肝」があります。もともと肝臓は栄養の貯蔵も行っていますが、一定以上に増えた栄養は脂肪として肝臓に蓄積されてしまいます。

肝臓に付いた脂肪は肝臓の働きを阻害して、肝機能の低下を招くことになるのです。また、脂肪肝は肝硬変や動脈硬化の原因になるとも言われており、重篤な病気へ進行してしまう可能性もあるのです。

それでは脂肪肝を減らすにはどのようにしたら良いのでしょうか?

運動療法にタウリンを混ぜることで効果アップ

脂肪肝の治療は食事療法と運動療法を併用することが重要です。高カロリー・高脂肪食を控えることで血液中のコレステロールを減少させ、また運動によりカロリーを消費する方法になります。

これはダイエットと同じ方法であり、効果的な方法とも言えます。しかし、肝臓の働きが悪くなっている人にはちょっと難しい面もあるかも知れませんね。

そこでタウリンを併用するのです。タウリンは栄養ドリンクの成分としても有名で、イカやカキに含まれている成分です。タウリンが疲れに効くと言われているのは、肝機能を高めてくれる作用からで、疲れた肝臓を助ける働きがあるのです。

タウリンは肝臓においての脂肪の代謝を助けてくれるので、脂肪肝の解消に効果が期待できます。肝機能も高めてくれますので、この状態で運動療法を併用すれば効果もアップするでしょう。

またタウリンはインシュリンの分泌を促進してくれますので、高血糖対策にもなるのです。

疲れた肝臓のままで運動しても疲れが増すばかりで、長期的に続けることは難しいかも知れません。タウリンを飲んで肝臓を元気にしてから運動してみましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る