TOP > > 疲れがとれない現代人におススメの食べ物とその効果とは?

疲れがとれない現代人におススメの食べ物とその効果とは?

職場に家庭にと、人間関係も複雑になり、情報も溢れる現代において、なかなか疲れが取れない日々がつづいているはず。10代や20代のうちは、エネルギーがみなぎっているため、徹夜など多少の無理をしても乗り切れたかもしれませんが、歳を重ねるごとにそうはいかなくなってくるものなのです!

そんな日々のストレスや疲れが取れないなぁ?とお思いのアナタに、おススメの食材と、摂取することによる効果をご紹介したいと思います。

日本人の主食を変えよう

お米!ご飯!と言えば、日本人の象徴的主食で、ご飯から得られる糖分は、人間が活動するにあたって重要なエネルギー源なのです。このエネルギー源になる糖分が足りないと、エネルギーを失い、仕事やプライベートの活動でもスタミナが切れ、疲れやすい体質になってしまいます。

そんな忙しい現代人が仕事やプライベートを充実させ、エネルギー溢れる活動が出来るように、食事面から見直していきましょう。日本という国の歴史を振り返れば、戦争前は雑穀を主食としていたのです。しかし、戦争を終えると、欧米の影響を色濃く受け、食生活も大きく変わっていきました。

雑穀に代わり、白米や乳製品、動物性たんぱく質が台頭し、これらを中心とする食生活になったことで、生活習慣病にかかる人も増えてきました。雑穀は、非常に栄養価が豊富であり、米や麦と比べても、食物繊維やミネラル、良質なたんぱく質、カルシウム、鉄分など、重要な栄養素が豊富に含まれています。

私たちが普段口にする事が多い白米と雑穀の一種であるヒエの栄養成分値を比較すると、たんぱく質は1.3倍、脂質は3.5倍、食物繊維は28倍、カルシウムは5倍、鉄分は7倍も含まれているのです。是非、白米100%の食事から、2割程度雑穀を混ぜた雑穀米食へ主食を変えてみませんか?

雑穀米のメリットとは?

雑穀米を取り入れる事によるメリットを挙げてみたいと思います。

1.疲れが取れる:ビタミン群が豊富に含まれ、疲労回復や造血効果があります。

2.腸の働きが活発になる:雑穀を食べることによって、消化活動が活発になり、腸の働きも活発になります。

3.脳の回転が早くなる:腸の活動が高まると、代謝も上がり、エネルギーレベルが高まるため、脳の働きも活性化します。

4.精神状態を安定させる:雑穀に豊富に含まれるカルシウム、鉄分などの効果によって、精神が安定します。

5.ダイエット効果がある:雑穀米は、白米に比べ、しっかりとした歯ごたえもあるため、咀嚼回数が増え、少量で満腹感が得られるようになります。

6.便秘が解消される:食物繊維を豊富に含む雑穀は、便秘解消の効果があります。

他にも、体内の活動が活発になり内臓がキレイになったり、身体を温める効果や、血糖値を安定させる効果があります。ということで、雑穀米を普段の食事に取り入れることで、胃腸の働きが活発になり、万病の元と言われる体温低下を予防し、病気を寄せ付けない体になります。

欧米化する食生活から、生活習慣病にかかる人が増えている日本ですが、日本人らしい食事を取り戻し、雑穀を食生活に取り入れることで、身体の中から元気を取り戻しませんか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る