TOP > > ひとりでできる!背中や腰の疲れポイント刺激

ひとりでできる!背中や腰の疲れポイント刺激

肩こりなら何とか自分でギリギリもめる部分はあっても、背中や腰のマッサージって、自分でやるのは相当難しいですよね。触ることはできても、「もみたい方向にもめない」「力が入らない」という状態になってしまいますから。

そうなると家族や他人にマッサージしてもらうくらいしか手はない、と思われがちですが、実はそうでもありません。ちょっとした工夫をすれば、背中や腰を自分で気持ちよく刺激することができますよ。

ボールの刺激で背中や腰すっきり!

あなたの家に、ゴルフボールまたはスーパーボールはありませんか?あれば、これを利用するだけで、背中や腰が効率的に刺激できますよ。

やり方はとても簡単です。床の上にあお向けに寝転がってから、背中や腰の疲れが気になる部分にゴルフボールまたはスーパーボールを入れて、ゆっくりと体の力を抜いていくだけ。

こうすると、体重によってボールの刺激がしっかり与えられるので、まるで指圧を受けているかのような効果を得られるのです。少し体を動かして、ボールを転がすようにすると、マッサージの効果も得られますよ。

ボールがない場合は、自分のこぶしを使って、「背中と床の間にこぶしをはさむ」というやり方をするといいでしょう。これも、普通に座った状態で自分でグリグリこぶしで押すよりも、はるかにしっかりとした刺激が与えられます。

冬場は床暖房またはホットカーペット・電気毛布の上でやろう!

ボールやこぶしを使ってやる、背中や腰の疲れポイント刺激。この刺激は、背中をよく温めて、血行を良くしてからのほうがより効果的なので、冬場におこなう場合は、床暖房やホットカーペット・電気毛布などの上でしっかりと背中を温めた状態にしてからやるといいでしょう。

その他の季節だと、暖房器具等で無理に背中を温めると暑くて不快になるでしょうから、湯上がり後にやるのがおすすめです。入浴によって体が温まって血行が促進されているので、効果アップが期待できるわけですね。

入浴時の背中・腰ほぐしはシャワーで!

背中や腰の刺激は、入浴時のシャワーでおこなうことも可能です。まずは先に、必ず湯船に浸かって体を温め、血行を促進しましょう。そして体が温まったら、シャワーの湯を勢いよく、背中や腰の、疲れが気になる部分に当てるのです。

コツは「上から下にシャワーを当てるのではなく、やや斜め下から当てる」ということ。上から下にシャワーを当てるだけでは「なでるような刺激」にしかなりませんが、やや斜め下だと、かなりの水圧を与えられるので、マッサージ効果が大幅に高まるのです。

シャワーによる水圧マッサージが終わればもう一度湯船に浸かり、軽く腰から上を左右にひねったり、肩をまわすなどして、背中や腰をよりよくほぐしておくと、より効果的ですよ。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る