TOP > > ただ寝るだけじゃ疲れが取れない!良質睡眠の為の3つのポイント

ただ寝るだけじゃ疲れが取れない!良質睡眠の為の3つのポイント

「毎日8時間以上眠っているのに、疲れが全然取れない」と、お悩みの方いらっしゃいませんか?それはもしかしたら、寝ているつもりでもしっかり体と脳が休めていないのかもしれませんよ。

人間は良質な睡眠をとると、すっきりと目覚めます。ですから6時間程度の睡眠でも、すっきりと清々しい朝を迎えている人がたくさんいらっしゃいます。では、どうしたら良質な睡眠をとる事が出来るのでしょうか?そこで今回は、良質な睡眠のとり方についてご紹介していきます。

枕を変えるだけで良質睡眠!

寝ても寝ても疲れている人は、もしかしたら枕があっていないのかもしれません。実は良質睡眠にとって、枕はとっても重要なのです。枕一つにぐっすり眠れたり、眠れなかったりと言う事があります。

でもどんな枕を選べばよいのでしょうか?それは1人1人に合った枕です。枕の専門店に行くと、頭や首、肩などを図り、最も適切な枕を提案してもらえます。高級枕である必要はありませんが、自分に合った枕を選ぶことが大切です。

眠る環境を整えて良質睡眠!

良質睡眠をとるためには、眠る環境を整える事が大切です。例えば、室内温度を28度前後に設定したり、光が入らないよう遮光カーテンを使ったりしてください。

余計な光が入ってくると、どうしても睡眠が妨げられます。特に都会にお住まいでネオンが気になる方は、しっかり遮光する事が大切ですよ。眠る環境を整える事が良い睡眠につながりますので、ぜひお試しください。

リラックスして良質睡眠

ぐっすりと眠るためには、リラックスする事が大切です。イライラしていると、どうしても寝つきが悪くなります。何時間も布団に入っているのに、全然眠れないなんてことになりかねません。ですから、まずは心を落ち着かせてリラックスする事が大切です。

リラックスするためには、まずゆったりとした服装を選んでください。体を締め付けない、ゆったりとしたパジャマをきると、リラックス効果が得やすいです。それから眠る前にモーツアルトのCDなどリラックス効果の高い音楽を聴くこともお勧めですよ。

たまに眠る直前までテレビやスマホの画面を見ている人がいます。でもこれは安眠を妨げますので、絶対にやめてくださいね。

デジタル画面からは強い光が出ていますので、その刺激で脳を活性化させてしまいます。これでは良質睡眠をとる事が難しいのです。ですから、眠る前はなるべくリラックスして過ごし、テレビやスマホなどは見ないようにしましょう。

このように枕を変えたり、寝室の環境を整えたり、リラックスしたりすることで、良質な睡眠がとれるかもしれません。「寝ても全然疲れが取れない」とお悩みの方は、ぜひお試しください!もしかしたらぐっすり眠れるようになるかもしれませんよ。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る