TOP > > 疲れ気味の貴方!その疲れた肝臓にオルニチンでアミノパワーを注入

疲れ気味の貴方!その疲れた肝臓にオルニチンでアミノパワーを注入

今年の夏も一杯遊びましたか?活動的に動き回る夏の時期は、疲労が溜まりやすい季節ともいえるでしょう。日常的な疲れは色々な場面で自覚することになり、例えば朝の目覚めが悪いなんて人も多いのではないでしょうか。

このように一晩睡眠をとってもなかなか疲れが取れない人は「慢性的な疲労」に陥っている可能性も高く、何らかの手を打たなければ解消されにくくなるのです。

疲労回復には様々な方法が考えられます。「十分な睡眠」「美味しい物を食べる」「思いっきり遊ぶ」「お酒を飲む」などが代表的なものですが、睡眠以外はかえって疲れる可能性もありそうですね。

睡眠にしても最近では睡眠障害を持っている人も多く、簡単に眠れる人と眠れない人がいますので全ての人には該当しません。

ところで、疲れはどこからくるのでしょうか?身体の中に疲れている場所があるはずですが、そこの場所が良く分からないことがありますね。実はその疲れが「疲労」なのか「疲労感」なのかが重要になってきます。

疲労と疲労感って何か違うのですか?

「すごく疲れたので一日中休みを取ったのですが、なかなか疲れが取れません。」このような経験は誰もがしたことがあるでしょう。実はこれは疲れが取れないのではなく、疲労感が取れない現象と考えられます。

疲労とは筋肉や目などが酷使されることで、通常の動きができなくなる状態を意味しており、休息させることで回復します。疲労とは筋肉などの物理的作用であって、対処することで必ず回復が見られます。

疲労感とは脳が送る疲労のサインであり、休息を促すことで筋肉疲労以上の負荷をかけないようにしています。筋肉が疲労した場合に脳がそれを検知して、疲労感としてサインを送ると言う訳です。

この疲労感がなければ、筋肉が疲労しても気が付かないため、筋肉組織を損傷するなどの病気になるでしょう。また疲労感は筋肉の中でも、臓器の疲れや故障においても感じることがあります。

肝臓による疲労感とはどのようなことですか?

肝臓は「静かな臓器」とも呼ばれているが、実は生きていく上でとても重要な役割を果たしています。肝臓と言えば飲酒時のアルコールを分解する臓器としても有名ですが、代謝によってエネルギーを作り出したり、胆汁を生成したりしています。

肝臓が疲労すると能力が低下してしまい、毒素の分解やエネルギーの生成が少なくなってしまうのです。これが、疲れをもたらす原因になります。肝臓を疲れさせる原因は色々ありますが、主なものを紹介します。

・慢性的な食べすぎは過剰な働きを要求することになります。特にタンパク質の分解などは肝臓に負担をかけることになります。

・大量の飲酒は肝臓に大きな負担をかけます。肝臓はアルコール分解及び解毒作用を大量に行わなくてはならず、大きな負担がかかることになります。

・精神的なストレスが多い時は肝臓に負担をかける要因になります。

・強い運動を繰り返す場合は、筋肉に発生する毒素(アンモニア)を分解するために肝臓を酷使します。

この他にも栄養不足や内臓の冷えで疲労することもありますので注意が必要です。ここで重要なのは筋肉の疲労であれば、その場所の痛みや痺れで分かりますが、肝臓の疲れは肝臓に痛みが出ることはありません。あくまで疲労感として身体全体に出ると言うことなのです。

疲れた肝臓を回復してくれるのか?オルニチンの効果とは何?

オルニチンはアミノ酸の一種である遊離アミノ酸で、血液中に溶け込んで筋肉や臓器に運ばれます。肝臓ではアンモニアを分解する作用があり、本来肝臓が行うアンモニアの解毒作用を助けてくれます。

アンモニアは肝臓が作り出すエネルギーの生成を阻害する物質であり、これを解毒することでエネルギーが作りやすくなるのです。解毒作用もスムーズに行われるようになり、エネルギーも増加しますので体調も良くなるのですね。

オルニチンと言えば「蜆(しじみ)」が有名です。キハダマグロやチーズ、一部のキノコにも含まれていますが、蜆に含まれている量が一番多いようです。しかし、蜆を毎日食べるのも大変かもしれません。

オルニチンはサプリメントが色々販売されているようなので、これを利用するのが一番簡単かもしれませんね。原因不明の疲れの場合は内臓に問題があるケースも多く、病院に行っても原因不明で困惑することもあります。そのような時には肝臓の疲労を疑うことも必要かもしれません。

夏の暑さでついビールを飲み過ぎたとか、食欲がなく冷たいものばかり食べていたなんて人は肝臓が弱っている可能性もあります。オルニチンで疲労回復を試してみませんか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る