TOP > 疲労回復

疲労回復をしよう

疲労とは、体や心に、ストレスや負担がかかって、生活するための活動が低下してしまう状態のことを言います。その状態を、健康な状態に戻すのが、疲労回復です。

疲労の原因としては、体の中の酸素不足、体を動かすためのエネルギー不足(食事により十分なエネルギー量を摂取していないなど)、内分泌系の機能の低下などが、上げられます。

これらの原因をそのままにしていると、疲労が体の中に蓄積し、倦怠感、肩こり、目の疲れ、休みたいという欲求の症状が出てきます。疲労回復には、しっかりした睡眠と、入浴、マッサージ、食事、カフェインの入った飲料などが、効果があるとされています。

こちらのカテゴリでは、疲労回復のためのおすすめ食材や、その方法、疲労を放置することで引き起こされる病気のことなど、をご紹介しています。

・辛い疲労とは
溜まった疲れを早く取りたい。1秒でも早くラクになりたいあなたに

疲労回復におすすめの食材と栄養

アミノ酸は、疲労回復に、とても効果を発揮する栄養素として有名です。アミノ酸は、筋肉への酸素供給にも役立ち、筋肉疲労、疲れた脳、良質の睡眠の手助けをしてくれます。

・アミノ酸パワー
疲れた、だるい、やる気が出ない、そんな時はアミノ酸が効く!
疲れた時こそアミノ酸を摂ろう。効果的な食べ物と食べ方3選

鳥の胸肉には、アミノ酸を強力にしたイミダペプチドという抗酸化作用の強い栄養素が含まれています。

栄養ドリンクもありますが、栄養ドリンクは、一時的に疲れを忘れさせるという作用であり、鶏胸肉のように、疲労の根本的な原因を解消してはくれません。また、鶏胸肉は、家計にも優しい食材です。これを取り入れない方法はないでしょう。

・鳥胸肉のすすめ
新しい環境で溜まった疲労を解消するなら鶏胸肉で決まり!
疲労回復!家計回復?知って得するお助け食材『とりムネ肉』の効果
安い・ヘルシー・疲労除去!あなたの身近にある最強食材とは

疲労を蓄積する原因として、食事による十分なエネルギーが得られていないなどが、上げられます。栄養ドリンク、サプリメント、お薬などもありますが、やはり自然な食事により回復を得られる方が、体にも優しく、安心です。

過剰摂取はお勧めできませんが、リラックス効果のあるビールも、適宜に摂取することで、ストレスを解消できることが分かっています。疲労回復にお勧めの栄養をとって、元気を目指しましょう。

・疲労回復にはこれ!
ビール好きに朗報!疲労回復にビールが効くという素敵な話
食べたくなっても疲れに甘い物はNG?本当に疲労回復に効く食品5つ
目の疲れが気になる人におすすめのドリンクはこれだ!

薬に頼らず疲労回復をする方法

カフェインには、眠気覚ましや、気持ちを落ち着かせる効果があるので、忙しいとき、イライラした時、眠気を覚ましたいときに、飲まれている方が多いと思います。

ですが、過剰摂取は、カフェイン依存症を起こし、カフェインがなければ余計にイライラするなどの、禁断症状が出るようにもなります。カフェインの代わりに、代謝を上げる飲み物を取るように心がけるといいですね。

・カフェイン以外のものを
カフェインや薬に頼らずに疲労を回復する方法とは?

疲労回復の知恵

何気ない、些細なことかもしれませんが、入浴時のお湯の温度設定、足の裏に湿布薬、という方法をやってみるだけでも、体の中の疲労を解消することができます。

また、良質の睡眠は、脳を休め、体の疲労もしっかり回復出来ます。良質の睡眠を得るためのおすすめ方法をご紹介しています。ぜひお試しください。

・ちょっとした方法で疲労回復
ご存知ですか?疲れが本当に取れやすい湯船の温度
足の裏に肩こり湿布薬?営業職必見!足の疲れ特別解消法
ただ寝るだけじゃ疲れが取れない!良質睡眠の為の3つのポイント

隙間時間で疲労回復

仕事や家事と、毎日を忙しく過ごしている現代。疲労が蓄積するのも無理はないことです。そこで、少しの隙間時間を有効に使って、疲労を回復しましょう。

爪の付け根にある、疲労回復のツボを押すだけでも、血行が良くなります。小指の爪は、中でも倦怠感、不眠、うつに効果があることが分かっています。イタ気持ちいいくらいの強さで、爪押し!おすすめです。

・隙間時間を有効に
「通勤電車内で手をもみもみ」で、簡単に疲労回復ができる!
ひとりでできる!背中や腰の疲れポイント刺激

疲労から引き起こされる病気とは

疲労が蓄積してしまうと、私たちの体、脳は、本来の働きが出来なくなり、休息してもなかなか回復出来ない状態になってしまいます。

そうなると、免疫力の低下、ホルモンバランスの乱れによって、様々な病気に抵抗できなくなってしまいます。怖いことに、がんの発症リスクまで上げてしまうことになるのです。

そうなる前に、日ごろから、疲れたら休む。を心がけましょう。疲労回復には、休養が一番の薬です。

・疲労を侮ってはいけません
疲労を放置することで引き起こされる、恐ろしい健康被害のリスク

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る