TOP > > ブルーライト効果で人気のPCメガネは必要?実は熟年世代には不要か

ブルーライト効果で人気のPCメガネは必要?実は熟年世代には不要か

普段の生活においてパソコンやスマートフォンは、もはや必要不可欠なものになっています。仕事だけではなくプライベートにおいても重要なツールで、コミュニケーションや買い物など様々な分野で活躍しています。

最近のヒット商品の中で「PCメガネ」というものをご存知ですか?PCメガネはパソコンやスマートフォンのある問題を予防するために、人気を集めている商品なのです。

ブルーライトによる悪影響を探れ

パソコンやスマホの問題と言っても実はディスプレイがその元凶であり、その中のブルーライトによる健康への悪影響が指摘されています。現在のディスプレイは液晶画面が一般的で、バックライトにLEDが使用されています。

最近のディスプレイは明るく見やすいのも事実ですが、バックライトから出る強い光が目に強い刺激を与えてしまいます。特に波長の短いブルーライトはエネルギーが強く、視神経を刺激して疲れや視力低下をもたらす可能性があります。

このような問題を解決するためにPCメガネは人気を集めているのです。

PCメガネは本当に効果があるの?必要なの?

実際にPCメガネの効果を疑問視している人は多いのではないでしょうか?PCメガネはディスプレイから出ているブルーライトを少なくするレンズを使用しています。このレンズはブルーライトを吸収するタイプや、表面でブルーライトを反射させるタイプなどがあるようですね。

理論的には効果はありそうですが、実際にはどうでしょう?私や私の友人の意見では効果はありと感じています。実際に一日中パソコンで仕事をしても目の疲れが軽減されたり、頭痛などの症状も少なくなったと思います。

しかし、PCメガネが必ず必要とも思えません。実際にはディスプレイを調整することでも十分対応できるからです。

一般的な液晶ディスプレイには画面のカラー設定があり、それを調整することで明るさや色を調整することができます。この設定でブルーを抑えることで十分に対策は可能なのです。これならメガネをいちいちかける煩わしさもないので良いですね。

ただ画面が黄色っぽくなることや、文字が読みづらくなることもありますので、慣れるのに時間がかかるかも知れません。色が変わりますので、画像の処理を行う時には使えない可能性もあります。

熟年世代にはPCメガネは不必要って本当?

人気のPCメガネですが、熟年世代の購入が増えているそうです。これはパソコンの普及と共に健康を意識した熟年世代が多く使用していることを裏づけしていますが、実は熟年世代にはPCメガネはそもそも必要ないとの話があるのです。本当ですかね?(笑)

人間の目は歳を取ると水晶体に変化が現れてきます。もちろん若い世代では関係ありませんが、50歳を過ぎるころからは水晶体が徐々に濁ってくるのです。これは一種の白内障ですが、実際には視力に問題なく通常に生活もできます。

そして、この気が付かないレベルの水晶体の濁りが、ブルーライトの光を軽減してくれるのです。50代から60代では約30%~40%のブルーライトが軽減され、これはPCメガネと同等の働きをもたらすのです。

水晶体の濁りは嬉しいことではありませんが、加齢によって弱った網膜を保護する働きもあるのかも知れませんね。このことから熟年世代にはPCメガネは必要ない可能性がありますので、購入の際には十分検討されることをオススメします。

ただし、「私の目は歳を重ねても澄み切っているのよ!」って言い張っている貴方には必要ですよ!(笑)

キャラクター紹介
ページ上部に戻る