TOP > > 目の酷使が引き起こす「眼精疲労」 痛むその前に簡単ケアを

目の酷使が引き起こす「眼精疲労」 痛むその前に簡単ケアを

「目の奥が痛い」こんな症状を実感した事はありませんか?大抵は原因に心辺りがあると思います。目の使いすぎですね。正確には、目の筋肉の酷使です。

ずっとPCと向き合っていた。スマホをずっと見ていた。ゲームをずっとやっていた。など、ポイントは、「ずっと」というところです。休憩することなく「ずっと」やった事により「眼精疲労」を起こしてしまったのです。

ほとんどの場合は、目薬で治ります。が、原因が使いすぎ以外にある場合は目薬の効果はあまり期待できません。また、すぐ再発してしまう事が多いのです。

原因を探して

メガネ・コンタクトを常時装着していますか?そのメガネ・コンタクトは今の貴方の目に適切な度数ですか?

以前は、成長期がすぎれば近視の進みも落ち着く。なんて言われていましたが、そんな事は全くありません。姿勢や環境によってさらに近視が進む事も十分考えられます。30代になって、免許更新の為にメガネを作替えた人もいるぐらいです。

度の合わないメガネやコンタクトは、かなり目に負担をかけます。もし、1年以上度数のチェックを行っていないのなら何かのついでにでも是非、チェックしてみて下さい。

また、新しいメガネやコンタクトを使用し始めに目の痛みを感じる事があります。特に気をつけたいのが遠近両用のメガネです。慣れるまで辛い場合がありますので少しずつ慣らす事が大切です。

目の痛みと一緒に頭痛や肩こりがなどある場合は、希に他の病気が隠れている場合があります。軽く考えずに、病院へ行く事も考えた方がいいかもしれません。ドライアイも目の疲労の原因になりますので、まめに点眼をして症状を抑えるよう意識する事が大切です。

以外な原因もあります。強いストレスや極端な食事の嗜好性です。目が必要とする良好な栄養が目まで届かない事が原因で痛みが起こり得るのです。

目へのいたわり

「眼精疲労」を防ぐ・和らげるには、日頃からの目へのいたわりが大切です。食事で出来る事は、まずビタミンA(レバーなど)を摂ることです。ビタミンB(豚肉など)・ビタミンCも同様に摂取したい栄養素ですので意識してみてください。

また、「目の奥が痛い」と感じたのなら、温シップが効果的です。ただし、目に充血がある場合は、温シップではなく冷シップをしてください。

最後に、目が痛いからといって目薬を頻繁に注す事はオススメできません。あまりに気になるのであれば、眼科を受診することも目へのいたわりになりますので、是非考えてみてください。

「ずっと」はしない。適度に休憩を取り、近くを見ていたのなら遠くを見つめる。PCなどを見ているのなら、姿勢を時々変える。この時に気をつけて欲しいのは、PCの画面に(モニター)に照明が写りこまないように角度を調整することです。

食事で出来るいたわりは、まずビタミンA(レバーなど)を摂ることです。ビタミンB(豚肉など)・ビタミンCも同様に摂取したい栄養素ですので意識してみてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る