TOP > > やめられないけど体には悪い?カットしたいブルーライトとは?

やめられないけど体には悪い?カットしたいブルーライトとは?

最近よく見かけるPCメガネ

パソコンやケータイ、スマートフォンは仕事でもプライベートでも欠かせないアイテム、という人が多いでしょう。しかし、これらを長時間使い続けることは目に負担をかけ、疲れ目、眼精疲労、視力低下につながってしまいます。

最近はこれらのモニター画面から発せられる「ブルーライト」という光線が目のために良くないとして、ブルーライトをカットする効果のあるPC用のメガネが人気です。

メガネというのは一般には視力の悪い人が度の入った物を使って視力矯正を行うイメージがありましたが、このブルーライトをカットするメガネというのは、度が入っておらずどちらかというとサングラス的な要素の物になり、視力に関係なく子どもから大人まで気軽に使うことができます。

また、求めやすい価格帯も魅力です。では、そのブルーライトという光はどのような性質があるのでしょうか。

ブルーライトとは

ブルーライトというのは可視光線の中の青~紫色に当たる色のことです。可視光線というのは電磁波(電波、赤外線、可視光線、紫外線、X線、ガンマ線などがある)の中で、私達の目に見える光にあたります。

可視光線は、波長の長さが360~800nm(ナノメートル)の範囲にあり、太陽光や人工光から発せられます。波長が長い色から紫、青、緑、黄色、橙色、赤があります。また、可視光線よりも波長が長い光は紫外線、可視光線よりも短い光には赤外線があります。

可視光線は私達が物を見る時に異なった色を認識させる役割があります。可視光線が当たった物体の特性によって反射される可視光線が異なるため、それぞれの物体の色が異なって見えるのです。

水が無色なのに海が青く見えるのは青の波長は反射されほかの波長は吸収されるからで、黒は全ての色が吸収される状態、白は全ての色が反射される状態による見え方になります。可視光線の中では、紫外線に波長が近いのが380~495nmにあたる青(ブルーライト)です。

可視光線の中では最もエネルギーが高く色が拡散されやすい性質もあるために、人体に影響を及ぼす可能性が大きいとされています。太陽光のほか、LEDにもブルーライトが含まれています。近年はLEDの普及が増えたため、以前よりもブルーライトが及ぼす健康への影響が注目され始めているのです。

ブルーライトが及ぼす影響とは

ブルーライトは人体に次のような影響を及ぼすとされています。

「網膜にダメージを与える」

ブルーライトはエネルギーが強く、長時間さらされていると網膜にダメージを与えるとされています。網膜というのは見たものの情報を視神経から脳へ送る役割がある重要なところです。

「目が疲れやすい」

ブルーライトはモニター画面などのちらつきやまぶしさが起こりやすく、目のピントがずれやすい性質もあるので目が疲れやすくなります。眼精疲労、肩こり、頭痛などの症状を引き起こす原因となります。

「体内時計に影響を与える」

目だけでなく、ブルーライトの光を浴びることによって体内時計が狂いやすくなってしまいます。私達はもともと、日が昇ったら目が覚めて日が沈んで暗くなったら自然と眠くなる、というリズムが体の中に備わっています。

この体内時計の正常なリズムは、日中に明るい光を浴び、夜は暗くして過ごすという生活によって保たれます。ブルーライトは朝日に含まれる青の光なので覚醒作用があります。

昼夜かまわずにLEDの発するブルーライトを浴び続けていると体内時計が狂い、夜になっても寝付けない、ぐっすり眠れないといった睡眠障害が起こりやすくなります。

特に寝る前にパソコン、ケータイ、スマホ、ゲーム機を使うという習慣を持つ人は多いと思いますが、ブルーライトによって不眠の原因につながるので良くありません。

ブルーライをカットするには

ブルーライトが体のために良くないのは理解できても、仕事、ネットやゲームをやめてしまうことは難しいですよね。そこで、ブルーライトをカットするメガネを利用するという手段がおすすめです。

パソコンやスマートフォンの液晶画面に貼ってブルーライトをカットするフィルターも市販されています。また、パソコンの場合は設定によって色調整を行うことで青の明るさを少し減らすとブルーライトをカットし目の疲れがやわらぐようです。

OSの種類によって設定方法は異なりますが、お金をかけずに手っ取り早くできる対策なのでおすすめです。なんといっても、目を使いすぎないことが第一です。せめて寝る前くらいはネット、SNSやゲームは控えたいものですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る