TOP > > 忙しいビジネスパーソンへ!オフィスでできる30秒簡単ストレッチ

忙しいビジネスパーソンへ!オフィスでできる30秒簡単ストレッチ

皆さんは、いったい、1日に何時間、椅子に座っているでしょうか?長時間のデスクワークやパソコン操作、フェイスブックやツイッターなどをされる方も多くなり、私たちは、自分が思っている以上に、長時間、椅子に座って過ごしています。

そのため、知らず知らずのうちに、肩や腰には負担がかかり、体は少しずつ歪んでいきます。あなたは、肩こりに悩まされたり、頭痛や腰痛、目の疲れ、便秘や冷え性、などで苦しんでいませんか?

こうした体の不調は、長時間、椅子に座ることによる、運動不足や体の歪みが原因であるかもしれません。そして、これらの症状は、仕事への集中力やその日の気分、働くモチベーションに大きな影響を与えることでしょう。

まして、小うるさい上司が隣にでもいようものなら、なおさらです。(これは冗談です!いや、本当かもしれません!?)では、椅子に座ったまま、オフィスでできる、30秒簡単ストレッチを紹介します。

実践してみよう!自分の席で出来るリフレッシュストレッチ

ストレッチの前に、まず、ウォーミングアップです。立ち上がって、椅子の周りを少し回ってみましょう。そして、深呼吸をする。これだけでも、体の緊張は、ほぐれていきます。簡単でしょ。そんな事なら、言われなくても、やってるよ、という方も、本当に「深呼吸」していますか? 

例えば、電話に出る時に、少し立ち上がってみるとか、ゴミを捨てる時に、ひざを屈伸してみる、みたいなことでも良いのです。こうした簡単な動作を、20分~30分に1度くらいのペースで、できるだけ、やっていきます。本当に、ちょっとした動作を意識するだけで良いのです。

社内メールでのやり取りではなく、歩いて同僚の所に行く、なんていうこともできれば、効果的でしょう。座ったままじっとしていないことです。

エレベーターを使わず、階段を歩く。これは、実践されている方も多いかもしれませんが、最近はいかがでしょうか?意識的に、継続してやってみることが大切です。それでは、本題の「椅子に座ったままできる30秒ストレッチ」をご紹介します。

作業中は猫背ぎみの人のための30秒ストレッチ

1.椅子の少し前のほうに座ります。両方の手のひらを腰の後ろで組み、肘を伸ばし、胸を張り、肩甲骨を真ん中で、くっつけるように、背骨をピンと伸ばすようにして、30秒がんばってみましょう。

どうでしょうか?背中が伸びた感覚がしませんか?できれば、1時間に1回程度(1日10回位)やってみましょう。手を頭の後ろで組むようにしても、良いです。猫背やバストアップの効果も期待できますよ。

パソコンやモバイル機器で目が疲れ気味の人のための30秒ストレッチ

2.椅子に座り、背筋を伸ばして、両腕を下にします。片方の手はまっすぐ下に、もう片方は、椅子の端を持ち、まっすぐおろした方に首を傾けます。首から肩にかけての筋肉のスジを伸ばします。これを左右15秒、合計30秒やってみて下さい。

なんだか、スッキリしませんか?目がパッチリとしませんでしたか?不思議ですが、これが血流が改善した、何よりの証拠なのです。

とにかく気分転換がしたい!そんな時の30秒ストレッチ

3.椅子に浅く腰かけ、背もたれによりかからず、背筋をのばす。両手で椅子をつかみ、足を伸ばして、左右のかかとをくっつけて、ひざの内側同士と、ふくらはぎ同士に、力を入れて、左右の足をぴったりと、くっつけるようにします。

これも30秒です。結構、効くでしょう。それから、くれぐれも、椅子から落ちないようにして下さいね。

まずは、この3つを、だまされたと思って、試してみてください。ちょっとした仕事の合間に、30秒でできる、お金もかからない、簡単リフレッシュ! 是非、皆さんのオフィスでも、試してみてはいかがでしょうか。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る