TOP > > 意識的に行うと実は体に良い!貧乏揺すり健康法のオススメ

意識的に行うと実は体に良い!貧乏揺すり健康法のオススメ

電車の中で隣に座っている人が貧乏揺すりをしていたりすると、電車の揺れとは別に気になってイライラしてきたります。当の本人は無意識にしているようなので尚更なのですが、この貧乏揺すりには意外な効果があるのをご存知でしょうか?

貧乏揺すりは何故起こる?

無意識に出てしまう貧乏揺すりは、不安や緊張が増した時に、それを解消するための無意識な行動、つまり一種の逃避行動ではないかと言われています。そして何故か男性に多いのも事実です。男性の方が、ストレスを溜め込んでいるのでしょうか。

悪いことばかりじゃない貧乏揺すり

ところがこの貧乏揺すりにも実は健康に良い部分があることがわかってきています。まず一つ目に、下半身の血行が活発になることです。ちょうど膝のあたりを中心に動かすので、足全体の血の巡りが良くなります。飛行機等に長時間乗っているとなりやすいエコノミー症候群の予防にも役立ちます。

二つ目にストレスの解消が上げられます。もともとストレスの逃避行動の一部と言われているので、最もな理由です。よくペットのネコが棚に飛び移ろうとして失敗をしてしまった時に、「落ち着け、落ち着け」と自ら体をペロペロと舐めて興奮を落ち着かせる行動とどこか似ています。

三つ目に冷え性に効果があると言われています。足腰が冷えて困るという人は、貧乏揺すりをすることで症状が和らぐそうです。実際に貧乏揺すりをすることで、下半身の温度が上がったという実験結果もあるくらいです。

そして最後に足のむくみが解消できます。特に女性は、夕方になると下半身がむくんで、ブーツなどがキツくなったり、パンプスがキツくなったりといったことが良くおこります。貧乏揺すりをすることで血液の循環が良くなり、むくみの解消にも役立ちます。

ただし、これらを解消する貧乏揺すりは、意識的に行うことで効果が上がるそうです。そして、当然ながら絶対に人前で行うのはやめましょう。世界各国でも貧乏揺すりは、病気や失礼に当たる行為としてみなされている所が多いようです。

健康のためには、お風呂に入った時等の、回りに人がいない時に行うようにしましょう。病院によっては、変形性股関節症の改善のために貧乏揺すりを積極的に取り入れているところもあるくらいです。女性の皆さんもぜひ、試してみて下さい。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る