TOP > > てんかんってどんな病気?発症件数と病気の症状について

てんかんってどんな病気?発症件数と病気の症状について

てんかんは、有名な病気の一つです。その為、名前くらいは聞いたことがあるという人が、ほとんどなのではないでしょうか?しかし「てんかん」は、日本人の何%が発病しているのかご存知ですか?今回は、てんかんの発症頻度と病気の症状について、ご紹介していきます。

てんかんの発症率について

てんかんは、とても有名な病気ですが、その発症頻度に関しては、ご存知でしょうか?実は、日本人の約1%がてんかんにかかっていると言われています。

1%と言う事は、100人に1人という割合です。具体的な人数としては、60万人~100万人程度の患者さんがいらっしゃると、考えられています。つまり「てんかん」は、かなり高頻度で発病する病気なのです。

またてんかんは、小さなお子様から、高齢者までどなたでもかかる病気です。その為、本当にいつ誰が「てんかん」を発病しても、決しておかしくないという事です。健康な人であっても、ある日突然、てんかんの発作に見舞われるという事もあります。

しかし、「100人に1人がてんかん患者とはいえ、発作を目撃したことは1度もない」と思う人も多いのではないでしょうか?それは、もしかしたら薬で症状が抑えられているからかもしれません。

最近では、てんかんの発作を抑える薬が、たくさん開発されています。その為、てんかん患者さんも、他の人と同様に普通の生活を営めるように、なっているのです。

てんかんの症状について!

「てんかん」にかかると、いったいどのような症状が現れるのでしょうか?てんかんの症状は、主に「発作」です。発作と言っても、人によって様々で一概には言えないのですが、意識を失う発作と意識を失わない発作があります。

意識を失わない発作は、手などがピクピクしたり、汗が突然出てきたり、言葉をしゃべられなくなるといった症状が現れます。しかし、発作の時間は、約1分前後と短い事がほとんどです。

意識を失う発作の場合は、突然意識がなくなり倒れてしまう事があります。外出時だと危険を伴う恐れがあります。具体的には、倒れた衝撃で頭を強く打ってしまう事や、倒れた拍子に骨折すると言った危険です。また、運転中に意識を失うと、交通事故を起こしてしまう危険性もあります。

その為、以前は「てんかん=怖い病気」と言う認識がされていた時代もあります。しかし現在では、てんかん発作に効果的な新薬が続々開発されました。

その為、てんかん発作の症状を、薬でコントロールする事が、出来るようになったのです。ですから、てんかん患者さんも、健康な人と何ら変わりない生活を送る事が出来ます。

以上で説明した通り、てんかんは、日本人の約100人に1人程度の人がかかるポピュラーな病気です。意識を失う発作などがあることから、長年患者さんを苦しめてきました。

しかし、現在では、発作を抑える薬が開発されていますので、病院で薬を処方してもらう事で、普通の日常生活を送る事が出来るのです!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る