TOP > てんかん

てんかんは病気か

てんかんとは、突然意識を喪失し、反応がなくなる「てんかん発作」と呼ばれるものを、繰り返し起こす症状のことです。この病気は、大脳が大きく関係しており、大脳が異常に興奮する状態になると、発作が起きる仕組みになっています。

てんかんには、症候性てんかんと呼ばれる、脳に障害や傷があることによって起きるものと、様々な検査をしても異常がない原因不明の特発性てんかんとがあります。3歳くらいまでに発症することが多いとされていますが、近年大人の方で発症する方が増えています。

症状としては、意識喪失をした後、全身の硬直、直後に全身がガクガクけいれんする。意識喪失の数秒後には回復する。全身の力が抜け、崩れるように倒れる。など、様々です。

発作を起こした本人は、発作の最中の出来事については覚えていないことが多いため、発作を見た家族や学校の先生などが付き添って、病院で説明されながら診察を受けられた方がいいでしょう。

難治性てんかんと呼ばれるものは、薬でのコントロールも難しいとされていますが、現在は医療も進み、ほとんどのてんかんは薬で発作をコントロールすることが出来るようになっています。発作を繰り返す場合は、早めに病院を受診されてください。

こちらのカテゴリでは、てんかんの原因について、てんかんの症状について、てんかんを予防するには、などをご紹介しています。

てんかんの原因とは

てんかんのほとんどは、脳に何等かの原因で出来た傷によって起きているとされています。仮死状態で生まれたり、低酸素であったり、脳炎を起こしたことがある、脳出血の経験がある、などの方は、発作を起こしやすいと言えるでしょう。

稀に遺伝的要素が関係していることもあるようですが、てんかんはほとんど遺伝しないとされています。また、てんかんを起こしやすい体質というものがあり、心配されると思いますが、ほとんどのてんかんは乳幼児期に発症し、思春期に入るころには治まる傾向が見られます。

早目に病院を受診し、治療を受け、早期発見、早期治療を目指しましょう。

・てんかん3つの原因とは
てんかんの原因は何?意外に知られていない3つの原因

てんかんの症状とは

てんかんと聞くと、口から泡をふいて意識が無くなる。というイメージが強いのではないかと思いますが、その症状はさまざまです。

意識が無くなる発作と、意識がある発作とがあるからです。また、日本では、100人に1人がかかるくらいポピュラーな病気としても知られています。今は、お薬で発作をコントロールすることが出来るようになっています。怖がらずに、病院を受診されてください。

・どんな症状なのかを知ろう
てんかんってどんな病気?発症件数と病気の症状について

てんかんの予防方法とは

てんかんの発作は急に襲ってくるので、てんかんを持っている方にとっては、とても不安なことでしょう。ですが、自分の生活を整えることで、予防することが可能です。まずは、お薬をきちんと飲み続けること。自己判断で勝手にお薬をやめるのは危険です。

また、睡眠不足は、発作が起きるリスクを上げてしまいますので、良質の睡眠がとれるように心がけましょう。

・予防に効果的なこととは
てんかん発作は予防できる?てんかん発作予防に効果的な4つの事

てんかんの対処方法

てんかん発作を起こされる方は、日常生活の中で、いろいろと注意が必要です。自分の身を守るために、大事なことです。いつ発作が起きるのか分からない場合が多いと思いますので、いつ何時発作が起きても、大きな事故につながらないように配慮をしておきましょう。

ガスレンジではなく、IHクッキングヒーターにするだけでも、安全性は格段に違ってきます。

・てんかんの方の対策とは
これだけは気を付けたい!てんかんの方の日常生活での4つの注意点

近くにいた方が急に発作を起こして倒れてしまわれた場合、まずは落ち着かれてください。そして状態をしっかり観察しましょう。体をゆすって名前を呼ぶなどはせず、衣服を緩め、顔を横向きにしましょう。

舌が傷つかないようにすることと、嘔吐物があった場合に、窒息を防ぐためです。10分以上のけいれんが続くようなら、救急車を呼んでください。

・周囲の方の対処方法とは

てんかん発作を目撃したら?周囲の人が取るべき正しい4つの対処法

てんかんの疑問

てんかんの発作を起こした場合、何科を受診するのかを悩まれると思います。乳幼児であれば、小児科を。大人であれば、神経内科、精神科、脳神経外科を受診されるとよいでしょう。てんかんの専門医がいる病院であれば、なおよいでしょう。

・受診科はどこ?
てんかんは何科を受診する?初診にお勧めの科と治療方法

てんかんは、絶対にないとは言えませんが、ほとんどの場合、遺伝することはないようです。ただ、抗てんかん薬を服用中の妊婦に関しては、普通の妊婦よりも、障害のあるお子さんを出産するリスクがやや上がります。

主治医に相談して、よく説明を受けられ、安心してお産に挑めるようにされてください。

・てんかんの基礎知識
てんかんは遺伝する?てんかんについて知っておきたい4つの事

てんかんの患者さんが車の運転をされる場合、条件付きで許可が出る場合があります。2年以内に発作が起きていないことと、医師から診断書を書いていただける場合です。2年以内に発作を起こしたことがある方は、残念ですが、車を運転することは出来ません。

・てんかんへの疑問
「車の運転はOK?」などてんかんに関する5つの疑問を解決!

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る