TOP > > 代謝酵素をサポートする補酵素を十分に摂り、元気あふれる生活を

代謝酵素をサポートする補酵素を十分に摂り、元気あふれる生活を

代謝酵素と深い関係が?ミネラル、ビタミンが補酵素と呼ばれる所以(ゆえん)

体内の生命維持に絶対に必要な代謝酵素、これをサポートする重要な役割を担っているのが、ミネラル&ビタミンです。ミネラルとビタミンは“酵素”を補完(助ける)する役割という意味で“補酵素”とも呼ばれます。なので、ミネラル、ビタミン不足⇒代謝酵素が十分に働かなくなる⇒不定愁訴や重篤な病気を発症という図式が成り立ちます。

現代はストレス社会、一昔前までは、それなりに食べ物で補えていた栄養素も、食生活の欧米化に伴いさまざまなミネラル、ビタミンが欠乏傾向にあります。ストレス社会を生き抜くために、ミネラルとビタミンを正しく補給して、健康的な毎日を送りたいものです。

あなたのサプリメントの服用方法、本当に大丈夫ですか?

ところで、TV、雑誌に取り上げられているさまざまなサプリメントや健康食品、どれもとても良い内容だと感じませんか?筆者がいま気になっているのは、リコピン、金時生姜、発酵酵素、DHA&EPAなどが含まれたサプリメントです。

これは1つ1つみればとても効果が期待できるものばかりですが、摂り方次第ではその有効成分が十分に吸収されません。実はあなたの愛用しているサプリメントも、それだけでは効果を十分に発揮できない場合があるのです。

マルチミネラルとマルチビタミンで基礎代謝の底上げを

家やビルを建てるのにもまずは土台作りから始めなければ、後でとんでもないことになることはなんとなく想像がつきますね?

実はサプリメントも基本のベースとなる13種類のマルチビタミンと、必須栄養素としての16種類のマルチミネラルを摂取することで効率よく吸収され、そして体内でそれぞれの持つ役割を十分に発揮できるというわけです。

例えば骨粗鬆症の予防や、成長期に骨を成長させるにはカルシウムが必要ですが、カルシウムだけでは骨は作られません。骨の形成にはカルシウムの他に、リンやマグネシウムなどのミネラルや、各種ビタミンと、骨の形成に関わる数種のホルモン、ヒト成長ホルモンや膵臓から分泌されるインスリン、甲状腺ホルモンなどが実にさまざまな“もの”が関わっているのです。

サプリメントの効果的な服用方法

基本的には、食べ物と一緒に摂ることが消化吸収率を高めるので良いとされています。そして水での服用を心がけましょう。お茶やコーヒー、紅茶に含まれるタンニンは、栄養素の吸収を阻害するので、NG。

また、β-カロテンやビタミンEなどは牛乳で飲むと吸収率がアップするそうですが、逆に牛乳に含まれる脂肪がカルシウムの吸収を悪くするとも云われています。個人的には牛乳はアレルギー性疾患、その他のさまざまな病気を発症するリスクを高めるのでお勧めできません。

また、冒頭でお伝えしたように、各種ビタミン、ミネラルは単体で摂るよりも一緒に摂ることで相乗効果が期待できます。例えばヘム鉄を摂る際は、ビタミンCの他に、銅、マンガン、コバルトなどの微量栄養素を一緒に摂ることで、酸素不足による頭痛や立ちくらみなどの防止に効果があるとされています。

また、服用する時間に気をつけたいのが、最近注目の“亜鉛”です。これは、細胞修復に必要なミネラルのひとつですが、細胞修復は就寝中に行われるので、就寝の小一時間前に水で服用されるのが効果的です。

このように、飲み合わせや服用時間を工夫して、自分の症状に合ったサプリメントの摂取を心がけるといいですね!?

病気療養中、妊婦の方はサプリメントの服用に注意が必要です

各種サプリメントの中には病気療養中の方が飲み合わせると薬の効果をなくしたり、じんましんなどの副作用が現れる場合もありますので、必ず専門医のアドバイスをもらってから服用してください。

例えば妊婦の方では、ビタミンAの過剰摂取は胎児に悪影響を与えるという報告がなされているので注意が必要です。

ストレス社会を生き抜くには、もはやサプリメント抜きの生活は難しい!?

最近の長引く不況や、さまざまな社会生活を頑張りぬくには、もはやサプリメント無しでは難しいと言わざるを得ません。基本的なマルチビタミン、ミネラルを補給して、あとは自分の症状や目的に合ったサプリメントを摂り、いつまでも若々しく元気な生活を送りたいものです。健康な人は見た目年齢も10才は若いに違いありませんもの。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る