TOP > > 本当はもっと注目されるべき?代謝酵素の凄い役目とは

本当はもっと注目されるべき?代謝酵素の凄い役目とは

最近話題になっている“酵素”と言えば、さまざまな植物や果実をブレンドし、長期熟成発酵させた“発酵酵素”を連想する方が多いのではないでしょうか?

この食べ物や生薬由来の酵素エキスは私たちの体を健やかに保つのにとても素晴らしい効力を発揮するので、是非毎日の食生活に取り入れたいですね!?ではこの“酵素”、私たちの体内では、どのような働きがあるのでしょう?

“消化酵素”はすぐ思い浮かびますね?ですが今回はこの“消化酵素”に勝るとも劣らない“代謝酵素”にスポットを当ててみます。

生命活動に欠かせない“代謝酵素”とはどんなもの?

代謝酵素は消化酵素と比べるとまだ世間一般に知られていないようです。でも消化酵素にも勝るとも劣らない非常に重要な役割を担っています。

代謝酵素は生命が活動する一番根幹をなすもの、例えば脳や心臓を動かしたり、血液や消化器官を正常に機能させたりするなど、体のありとあらゆる部位の新陳代謝を助ける極めて重要な働きを担っているんです。つまり代謝酵素なくして人は命をつなぐことができないのです。

ところで体内に存在する酵素は一説によると3,000種類あると言われています。なぜそんなに膨大な数の酵素が存在するのでしょう。それは、酵素1種類につき1つの働きと定義付けられているからです。見方を変えると、私たちの体を維持するには約3,000通りの生命維持に必要不可欠な作用や機能があるということでしょう。

肝臓ではなんと500種類以上の代謝酵素を使って、体内に存在する“毒”を無毒化しているそうです。

まだまだこんなもんじゃない、代謝酵素の凄い役割

実は代謝酵素の役割は、まだまだこんなものではありません。

  • 細胞分裂を促進させ、新しい細胞を作る。
  • 免疫機能の維持。
  • 呼吸を司る。

などなど、例を挙げたらキリがありません。この代謝酵素、とても大切な存在だということはご理解いただけましたでしょうか?OK?

でも現代ではこの“酵素”、大切にされていないようなんです。

暴飲暴食は生命に危険が及ぶ行為?消化酵素と代謝酵素の関係

実は酵素には優先順位と年齢によって体内で合成される量が徐々に減っていくという法則があるそうです。これからの季節、さまざまな食べ物が旬を迎えて食欲をかきたてますね!?お酒の量もつい多くなりがちかも?楽しく食べたり飲んだり、もしかするとやけ酒?

いずれにしても暴飲暴食はあなたのカラダに“危険信号”を点灯させる行為なのかも知れません。なぜかというと人の体内では、食べ物を消化するための消化酵素が優先的に働くと言われているからなんです。

暴飲暴食により多量の消化酵素が使われたり、アルコールの解毒のために肝臓ではさまざまな代謝酵素が使われます。炭水化物もよく咀嚼しないで食べてしまうと、今度はすい臓からのインスリン量も多くならざるを得ません。

こうなってくると消化酵素も代謝酵素も体内を維持するギリギリの量まで使われることになります。そして限界を超えた時、私たちのカラダはどのようになってしまうのでしょうか?

“命”に直結?代謝酵素が不足することの甚大なリスク

それはありとあらゆる部位で身体の機能が壊れてしまうことを意味します。それが具体的には胃炎であったり、腸炎であったり、膵炎であったり、痛風、リウマチ、肝機能障害、腎炎、ひどくなると、糖尿病、肝硬変、脳梗塞、心不全、ガンなど、人生の終焉に向かう病気を発症しかねません。

このように、暴飲暴食は結果的に代謝酵素の不足を招きます。つまりは生命活動の維持ができなくなるということです。また、人は年老いていくにつれ徐々に体内で作られる酵素が不足してゆきます。これも私たちの生命維持のリスクを高めます。

こうした理由で酵素不足は人の寿命に関わっていると苦言を呈する学者もいらっしゃいます。いくら食べ物が美味しいからといっても、長生きしたいのなら、食事の量は“腹8分”、できたらゆっくり噛んで時間をかけて“腹7分”を心がけたいですね!?

内臓をいたわる?朝は洋食より和食がおすすめ!

正直なところ、私も洋風の朝メニューが大好きですが、この洋風のメニューは日本人の体質には不向きです。コーヒーのカフェインも興奮作用があるのでいいのかな?と思う人もいらっしゃいますが、この効果が切れた時は逆に疲労感を伴います。

又、パンやシリアルは消化吸収が良く、すぐにエネルギーになりますが、逆に言えばすぐにエネルギーを使い切ってしまうので、お昼前の1、2時間は集中力が出ない状態になりかねません。やはり“腹持ちの良い”ごはんを中心とした“和食”が日本人には合っているようですね!?

でも“欧米スタイル”もなんかかっこいい!!そ、そう言われても、、(>_<)

病気になるリスクを覚悟の上でなら、それもやぶさかではありません。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る