TOP > > さびない体をつくる!活性酸素に立ち向かえ

さびない体をつくる!活性酸素に立ち向かえ

最近、テレビなどでもたまに耳にする『活性酸素』という言葉。体に良くないもので、老化の原因とも言われますが、いったいどういうものなのでしょう?

活性酸素とは何か?

普段、私たちは呼吸をして酸素を取り入れ生きています。そして通常の生活をしていても、体に入った酸素の2〜3%は活性酸素になると言われます。この活性酸素、実は体内の細菌や異物を攻撃してくれたり、酵素反応を進めてくれたりと生き物にとっては必要なものなのです。

そして生き物には、要らなくなった活性酸素を消去するための機能もあります。これにより、バランスがとれ問題にならないはずでした。しかし現代はストレス、喫煙、飲酒、排気ガス、紫外線などが原因で活性酸素が増加してしまっています。

活性酸素が増加し過ぎると、その消去機能は間にあわなくなってしまいます。ただでさえ、歳をとるにつれて消去機能は衰えてきます。そうして過剰になった活性酸素は遺伝子を傷つけたり、脂質やタンパク質を攻撃するようになったのです。

近年増加するガン、脳卒中、心臓病などの生活習慣病は活性酸素が原因ではないかと言われています。

活性酸素はどんな害をもたらすのか?

活性酸素は脂質、タンパク質、遺伝子を傷つけることにより様々な病気を引き起こすとされ、研究が進められています。

・生活習慣病を悪化させる

生活習慣病の90%は活性酸素が原因で起きているとも言われます。悪玉コレステロールが酸化されることにより動脈硬化の原因になります。糖尿病の進行にも活性酸素が影響を与えているのではないかとされます。その他、心筋梗塞、脳梗塞などにも関係していると言われます。

・細胞をガン化する

活性酸素は遺伝子を攻撃して傷つけ、突然変異を引き起こします。それが進むことにより細胞はガン化していきます。

・老化を進める

老化現象と言われるものには様々な症状がありますが、これらにも活性酸素が関わっているとされます。例えば皮膚のシミ・シワ、白内障、関節炎、認知症などは体が活性酸素の攻撃に抵抗しきれなくなった結果だとされます。

生き物がもともと持っている活性酸素を消去させる酵素の量は、長生きの動物ほど多いとされます。他の動物に比べて人は比較的多くもっていますが、歳をとるにつれて減っていってしまいます。それにより活性酸素の影響を受けやすくなっていきます。

活性酸素に食事で立ち向かう!

抗酸化作用のある食品を食べることにより、活性酸素を消去させることができます。以下の食品をなるべく多く食べるようにしてみましょう。

ビタミン〜ビタミンA・C・Eは抗酸化ビタミンとされます。ビタミンAは食品中でβカロテンとして存在し、強い抗酸化作用があります。ビタミンB2は過酸化脂質の分解を進めるため、これも多く摂るとよいでしょう。

ビタミンA(βカロテン):人参、ほうれん草など
ビタミンB2:レバー、うなぎなど
ビタミンC:ピーマン、ブロッコリー、柑橘類など
ビタミンE:ナッツ類など

・ミネラル〜抗酸化酵素を作る材料として、セレン、銅、鉄、亜鉛、マンガンを摂りましょう。
・フィトケミカル〜植物に微量に含まれる成分で、抗酸化作用が強いとされています。

アントシアニン:赤ワイン、ココアなど
リコピン:トマト、スイカなど
アスタキサンチン:鮭、イクラなど
カテキン:緑茶など
ゴマリグナン:ごま、ごま油など

活性酸素に負けない生活をしよう!

日常生活の中で活性酸素を増やしてしまう行動があります。そんな行動をちょっと気をつけてみませんか。

・食品添加物、アルコール、油で揚げた加工食品(ポテトチップス、インスタントラーメンなど)を控える。開封後、時間がたって酸化してしまったサラダ油も使わない方がよいでしょう。

・たばこは吸わないほうがよいでしょう。

・激しいスポーツは活性酸素を増やします。それよりもウォーキングのような軽い運動を長時間する方がよいでしょう。

・紫外線は活性酸素を大量発生させます。紫外線対策をぜひしましょう。

・ストレスをためすぎないようにしましょう。ストレスも活性酸素を発生させます。

・空気のきれいな所に住む方がよいでしょう。汚い空気はたばこと同じように、活性酸素を発生させます。

日々、少しずつでも気をつけて、出来ることから活性酸素対策をしていけたらいいですね。何か少し心がけるだけで、何年後かに大きな違いが出ているかもしれません。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る