TOP > > なんとなく調子が悪いのは酵素が足りない証拠!酵素の摂り方と効果

なんとなく調子が悪いのは酵素が足りない証拠!酵素の摂り方と効果

酵素とは

私たちの体は日々の活動において、化学反応を繰り返してなされています。体を動かす、考え事をする、食事を摂るなど様々な日常の何気ない動きに体の中では化学反応が起こっているのです。

そこで活躍しているのが酵素です。酵素はこの様々な活動に関連する化学反応を早める働きを持っていて、我々にとってなくてはならない物質なのです。

酵素不足が体調不良を引き起こす理由

酵素が不足すると体内で起こる化学反応の速度が遅くなってしまいます。具体的には、体を動かすときに使うエネルギーを胃から吸収し、各器官への運搬、代謝、といった一連の化学反応が滞り「疲労感」となります。

病気でもなく、特にこれといった理由は思い当たらないのに体調が思わしくないときには、この吸収から代謝までのサイクルがうまくいっていないと考えられます。

例えば、消化の良くない食べ物を食べた場合、消化の為に酵素が集中してしまいます。消化の為に酵素が集中すると、どうしてもその他の活動に使われる酵素が足りなくなってしまいますね。

酵素は私たちの生体活動すべてに関連しているわけですから、全体的に代謝が悪くなり体が疲れやすく集中力も続かない、胃ももたれているという“なんとなく調子が悪い”状態に陥ってしまうというわけです。

酵素を摂るとどんな効果があるのか

もともと体内に存在しているのに、外部から酵素を積極的にとり入れることでどんなメリットがあるのでしょう。

酵素は人の体にもともとある「潜在酵素」と外部からとり入れる「食物酵素」の二つに分類できます。「潜在酵素」はさらに代謝酵素と消化酵素に分類されます。

字のごとく代謝酵素は生体活動そのものといえる代謝を進める酵素であり、消化酵素は食べ物の消化を進める酵素です。

消化酵素は「食物酵素」として外部からとり入れることができますが、「潜在酵素」体内でしか作られません。そして「潜在酵素」は加齢とともに減少してしまうことがわかっています。

「食物酵素」を外部から積極的にとり入れることで潜在的な消化酵素の消費を補うと、「潜在酵素」を代謝酵素に利用できる割合が増えます。それにより、代謝酵素を温存し多くの酵素を代謝に使えれば、いつまでも疲れ知らずに元気で過ごせますね。

酵素の摂り方

酵素は生物にしか存在しないことがわかっています。もちろん、我々の体内にも存在しています。

酵素は熱によりその効果を失ってしまうので、手っ取り早く酵素を摂るには加熱していない食べ物を摂ることが一番になりますので、野菜はなるべく生で食べましょう。

酵素は温野菜のサラダより生野菜のサラダに含まれています。およそ60度で酵素は能力を失ってしまうので、残念ながら加熱してある食べ物には一切酵素は含まれていません。

魚もお刺身や寿司で食べるのがおすすめです。本来なら肉も生が良いのですが、なかなか手軽に生肉は食べられませんね。

もともと生で食べることが多いフルーツも大変効果的です。

このように、火を通していない食べ物を積極的に選んで食べることによって酵素を摂取できます。さらにすりおろすと効果は3倍にも上るといわれています。そして発酵食品と組み合わせることによって酵素の活動が強力になるのでおすすめです。

「潜在酵素」を消化に使ってしまわない為に、毎日、毎食酵素を食べましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る