TOP > > 酵素不足は肥満と親密な関係。中高年におススメの超簡単ダイエット!

酵素不足は肥満と親密な関係。中高年におススメの超簡単ダイエット!

酵素と肥満が深くかかわっている理由

体内での酵素の役割は主に消化と代謝です。酵素によって促されている消化と代謝が滞ってしまうことによって、余分なカロリーが体に留まり、エネルギーが十分に消費されないことになります。

その状態が慢性化すると消費されないエネルギーが脂肪としてどんどん溜まっていきます。そして太りやすい体質になり最終的には肥満となってしまいます。

さらに中高年に差し掛かると、どうしても基礎代謝が落ちてきます。基礎代謝は思春期をピークに成人に差し掛かるあたりから徐々に落ちはじめ、30代に突入すると著しく機能が低下します。

基礎代謝の低下はいわゆる中年太りの原因のひとつで、30代になってから20代の頃と変わらない生活をしていると、体重が年間1キログラムずつ自然に増えてゆくと言われています。

酵素ダイエットはなぜ中高年向け?

基礎代謝を上げる為には体幹トレーニングが勧められていますが、きついトレーニングは中高年にとってハードルが高いものですね。

しかし、酵素は食べ物から摂取することができるので、体力に自信がなくなってきた中高年にもお勧めと言えます。食生活に気を付け始める年齢でもあることから、自然に酵素ダイエットを始められますね。

外部から酵素を十分にとり入れて体内にある代謝酵素を充実させ、代謝のアップに繋げていきましょう。

酵素ダイエットを始めましょう

酵素ダイエットの基本は酵素食品を取り入れることです。酵素は生体に含まれていて、熱に弱いのが特徴です。

加熱すると機能が失われてしまうので、食べ物を生で食べるのが基本です。味噌や醤油、チーズやヨーグルトなどの発酵食品にも多く含まれています。フルーツや生野菜を積極的に食べることで簡単に取り入れることができますね。

酵素ダイエットは体内にもともとある潜在酵素を補うことが目的です。潜在酵素は消化酵素と代謝酵素に分類されます。

肉類のような消化の悪いものや、酵素の含まれていない食品を食べた場合、潜在酵素は消化酵素へ集中します。そうなると代謝酵素がおろそかになってしまう為、食事から補う必要があるのです。

代謝酵素が足りない状態が続くと太りやすい体質になりますが、充実していると代謝の能力が高い太りにくい体質へと変わっていきます。

少しの工夫でダイエットの効果をアップさせましょう

普段の食事に酵素を取り入れるだけで効果はありますが、知っておくだけでさらに高い効果が得られる豆知識をご紹介します。

高GI値食品を控えましょう

低血糖を起こし食欲が増し、糖質や炭水化物を摂取したくなります。すると急激に血糖値が上がり、その反動でまた低血糖を起こす、という悪循環が起こりやすくなる為です。

GI値の低い食べ物は血糖値を緩やかに上げていくので、反動が起こりにくいのでお勧めです。

脂肪分は質の良いものを選んで適量を摂取しましょう

脂肪=太る、というわけではありません。代謝にも脂肪を必要としますので、全く摂らないでいると逆に痩せづらくなってしまいます。

食物繊維を意識して摂りましょう

腸内をきれいにしてくれるだけではなく、繊維質は自然に噛む回数が増えるので唾液が増え、消化をすすめます。消化酵素の助けになり代謝酵素の向上につながります。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る