TOP > > ぽっこりお腹にご用心!便秘も治る「腸下垂」改善のススメ

ぽっこりお腹にご用心!便秘も治る「腸下垂」改善のススメ

食後に下っ腹がぽっこりと出てしまうという人は、「腸下垂」になっている可能性が高いと言えます。慢性的な便秘の原因にもなりやすい腸下垂。その原因と改善方法についてまとめてみました。

「腸下垂」ってなに?症状とその原因

筋力低下により、臓器が重力に負けてしまう

腸下垂とは、腹筋や腸そのものの筋力が低下し、腸が正常な位置より下に下がってしまう症状のこと。通常であれば腹筋や腹直筋によって腸の位置は安定していますが、腸下垂の人は横行結腸やS字結腸などの腸の部位が特に下がりやすくなり、体調不良を起こしやすくなります。

身体全体の筋力が低下している訳ですから、当然他の臓器も下へ下へと下がってしまいます。胃の場合は「胃下垂」、腎臓の場合は「腎下垂」などと呼ばれますが、結局は内臓全体が下に下がっているため、同時にいくつもの体調不良を起こすことが殆どです。

慢性的な体調不良、便秘…百害あって一利なし

腸下垂になっている人は、下がった腸の部分に便がたまり、慢性的なひどい便秘を起こしやすくなります。特に食後は下っ腹がぽっこりと突き出してしまい、ゲップやおならが頻繁に出るなどの症状が表れます。

腸下垂の場合、下剤や整腸剤を飲んでも便秘が改善されにくく、必要以上に薬を服用してしまい健康被害が出るおそれがあります。また胃が下垂していると、消化不良を起こしやすくなり、胃炎・潰瘍・胃酸過多といった辛い症状に悩まされる事が多くなります。

原因は筋肉量の低下…不必要なダイエットに注意

腸下垂の主な原因は筋肉量の低下。特に女性は無理なダイエットによる皮下脂肪・内臓脂肪の落としすぎや、拒食症に陥るなどして筋肉量が著しく低下する例があります。筋肉量が減ると、内臓を固定することが難しくなり、いわゆる「お腹ポッコリ」状態になりやすくなります。

筋肉は体温を維持する働きも持っています。筋肉量が下がるとエネルギー(熱)を作りにくくなり、冷え性・血液循環低下、また様々な病気にかかりやすくなるデメリットがあります。過度なダイエットはもちろん、計画的なダイエットには運動を取り入れて、筋肉を衰えさせないようにしましょう。

あなたのおナカは大丈夫?「内臓下垂度」をチェック

  • 直立して、かかとを地面につけながらしゃがむ事ができない
  • 横になっていると平気なのに、立つとお腹が下っ腹が出てしまう

上記のような症状があれば要注意。筋力が弱り、内臓が下垂している可能性が高いと言えます。ちなみに内臓が下垂している人の場合、かかとを付けたまましゃがもうとすると、前方に身体が倒れてしまいます。あなたは大丈夫でしたか?

ぽっこりお腹にサヨナラ!「下腹部トレーニング」で筋力強化

ベッドの上で!眠る前にも

ベッドに仰向けに寝転んだ状態で両膝を曲げ、両手を胸の前でクロスさせます。その状態で、息を吐きながら腰を左右どちらかにひねります。3秒くらいかけてゆっくり行い、息を吸いながら元の姿勢に戻りましょう。1日に左右3セットずつ行うのが目安です。

椅子に座っている時も!

椅子に座っておしりの穴をキュッと締めるように下腹部に力を入れます。この状態で両ヒジを胸の高さにまで持ち上げ、ゆっくりと息を吐きながら左右のどちらかにウエストをひねります。戻す時は息を吸って。こちらも同様に、左右3セットを目安に行ってください。

ポイントは「呼吸」

上記のトレーニングの重要なポイントは「息を吐きながら・吸いながら」行うこと。こうすることで有酸素運動になり、筋肉が熱を生み出します。つらい、痛いと感じたら無理に行うことはせず、健康的なトレーニングやストレッチの範囲内で行うようにしましょう。

余裕があれば、「1日30分程度の散歩」をするのも効果的。ウォーキングはランニングやジョギングに比べて負担がぐっと少なく、効果的な有酸素運動のひとつです。景色を眺めながら歩くのはストレスの解消にも良いですし、歩く刺激が血流を促進させ、冷えの解消につながります。

「腸」がよければ良い調子

腸下垂が改善されれば、便秘も自然に治るケースが多いようです。過度のダイエットはもちろん、デスクワークなどで座っている時間の多い方も、筋力の低下による腸下垂に注意しましょう。運動を全くしない、ではなく、少しだけどする、程度の考え方でも、あなたの健康には大きな一歩である事には間違いありません。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る