TOP > > 少子化や未婚が原因に?若い女性に増えている子宮内膜症とは

少子化や未婚が原因に?若い女性に増えている子宮内膜症とは

月経痛と子宮内膜症

女性には女性特有の病気があります。中でも子宮の病気はたくさんありますし、女性ホルモンの変動や毎月の月経の影響で、病気はなくても体調が悪くなることはしばしばあるものです。

特に月経に関係する症状は多くの女性が経験するもので、最も多いのが月経痛です。月経痛は月経で子宮から出血が起こる際に子宮が収縮して起こる痛みです。

月経痛を感じない人もいますし、生活に支障が出るほど強い痛みを感じる人もいます。若くて出産を経験していない人に月経痛の強い人がみられやすいのですが、20~30代の女性で月経痛が強い人の場合、子宮内膜症が原因という場合もあります。

子宮内膜症というのは、子宮の内側を覆う子宮内膜という粘膜が子宮外に付着して増殖するために炎症を起こす病気です。若い女性にこの子宮内膜症が増えているとされています。

子宮内膜症とは

子宮内膜症とはどのような病気なのでしょうか。まず子宮内膜の特徴について説明しますと、子宮内膜というのは女性が妊娠した時に備えて用意されるベッドのような役割を持つものです。

女性の体では女性ホルモンの分泌によって排卵が起こったり月経が起こったりしています。排卵が起こると受精卵が着床しやすいように子宮の内側の内膜が厚くなります。

妊娠が成立していないことが分かると、子宮内膜は不要になるためにはがれ落ちて月経血と共に子宮の外へ排出されます。女性の体はこのサイクルの繰り返しが起こっています。

本来、子宮内膜というのは子宮の内側に存在しているものですが、月経血と共に内膜が逆流し子宮外に付着する場合があります。そしてこの内膜が細胞分裂して増殖すると炎症や臓器の癒着を起こして子宮内膜症を起こすのです。

子宮内膜症の症状

子宮内膜症が起こる場所はほとんどが骨盤内で、卵巣、腹膜、ダグラス窩(子宮と直腸の間の窪み)に起こります。子宮内膜症にかかると次のような症状が起こります。

・月経痛
・下腹部痛
・腰痛
・排便通・性交痛
・月経血にレバー状の塊が混ざる
・不正出血
・下痢
・不妊

などです。特に子宮内膜症で最も特徴的なのが痛みです。月経時以外にも排卵期、月経前に起こる場合もあり、毎日痛むという人もいます。痛みが起こる原因は、子宮内膜が癒着を起こして周囲の臓器が引きつりを起こすためと考えられています。

月経痛は鎮痛剤を服用するとおさまるものですが、服用してもおさまらないくらい強い痛みがある場合には単なる月経痛ではなく子宮内膜症の可能性も考えられますので、婦人科を受診することをおすすめします。

子宮内膜症の治療

子宮内膜症の治療法には手術療法、薬物療法、ホルモン療法があります。症状や妊娠の可能性にあわせて患者さんにあった治療法を用います。

症状が軽い場合には薬物療法を使います。痛みを抑える鎮痛薬の処方などがあります。ホルモン療法ではホルモン分泌量をコントロールして排卵や月経を強制的に止めることで子宮内膜の増殖をおさえます。

ホルモン療法にはGnRHアナログ療法、ダナゾール療法、黄体ホルモン療法、低用量ピルなどが用いられます。ホルモン療法は副作用が起こる場合もあります。

子宮内膜症で最も効果があるのが根治手術です。これは子宮や卵巣を摘出する手術です。出産を済ませ今後妊娠の希望がない場合に適しています。妊娠を希望している場合には子宮や卵巣は摘出せずに病巣だけを取り除く保存手術がとられます。

子宮内膜症の原因は月経

子宮内膜症は月経のある女性に起こる病気です。閉経すると自然に解消されます。最近の若い女性子宮内膜症が増えている理由には、出産回数の減少があります。

昔の女性に比べると、現代の女性は晩婚化、少子化の傾向があり、生涯で妊娠している期間が短くなっています。つまり昔の女性に比べると生涯の月経の回数が増えているわけです。そのため、月経により子宮内膜の増殖が起こりやすくなるのです。

月経が原因なので、残念ながら予防法というのは特にありません。子宮内膜症は不妊症の原因にもなりますから、症状に気付いたら早めに受診して治療を始めることが大切です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る