TOP > > 子宮内膜症治療には副作用がある?知っておくべき治療のリスク

子宮内膜症治療には副作用がある?知っておくべき治療のリスク

女性しか持っていない子宮という臓器は、様々な病気やトラブルを引き起こすこともあります。生理の仕組みや意味は、みなさんも良くご存知かと思います。さらに生理痛にも個人差があって、全く症状が出ない人もいれば、あまりの激痛に起きていることができず、寝込んでしまう人もいます。

生理はだいたい1週間くらいで終わりますが、つらい生理痛や倦怠感も、最初の2日~3日程度で徐々に収まっていきます。しかしこのたった2日~3日という短い時間でも、痛み苦しむことがあります。それが子宮内膜症です。

子宮内膜症はなぜ強い痛みがあるのか?

強い痛みがあっても、単なる重い生理痛という人もいますし、他の病気の可能性もありますが、多くの女性が苦しんでいると言われているのが、子宮内膜症です。本来は生理が始まると子宮の中で、妊娠の準備を整えるために子宮内膜が分厚くなります。

見方を変えれば受精卵が着床しやすいように、フカフカのベッドを整えるようなイメージです。排卵し、受精して着床となると妊娠が成立しますが、毎回生理の度に妊娠するわけではないので、不要となった子宮内膜は剥がれ落ちます。

これが生理の仕組みです。何らかの原因で、子宮内以外の場所に子宮内膜ができてしまう事があります。この子宮外の場所でできてしまった子宮内膜は、はがれ落ちることなく残ってしまいます。

本来あるはずのない場所に子宮内膜ができてしまい、それが増殖するので、炎症も痛みの原因ですが、他の部分を圧迫したり癒着してしまうため、強い痛みという症状が出てしまいます。

自覚症状のなさも問題

子宮内膜症は、意外と多くの女性にリスクが潜んでいるとも言われています。初期の場合はほとんど症状が出ない事も多いので、気づかないまま放置してしまうのです。元々生理痛がひどい人は、年々ひどくなる生理痛を更年期障害のせいとか、女性ホルモンが減っているなど勘違いしやすい傾向があります。

以前と比べて生理痛が重くなったと感じた場合は、一度病院で検査をしてもらえば、すぐに子宮内膜症かどうかが分かりますが、視診や触診ではしっかりと調べることはできません。子宮内膜症の検査は精密検査になります。超音波検査が一般的ですが、普通の超音波検査の他に、腹腔鏡を使う検査方法もあります。

子宮内膜症治療の治療法

子宮内膜症をそのままにしておくと、生理の度に症状が進行していくと言われています。最初はそれほどひどくなかった痛みも、徐々にひどく重くなっていきます。幸いなことに、子宮内膜症には2つの治療方法があります。一番の治療は妊娠する事だと言われていますが、これは誰にでもできることではありません。

これ以外には手術と、薬物療法があります。どちらの治療方法を選ぶかは、今後妊娠を予定もしくは希望する人と、今後妊娠の予定はない人かによっても変わります。この妊娠を希望する人の場合は、子宮外の子宮内膜を切除します。

しかし子宮内膜症は再発するリスクが高いので、この方法では完治できません。今後妊娠を希望しない人の場合は、子宮と卵巣を摘出する手術をすれば原因を排除できるので、高い効果が期待できます。しかしこの方法も、簡単に決められるものではありませんので、この場合薬物療法という選択肢もあります。

薬物療法の副作用について

薬物療法にも2種類の方法があります。一つは痛みの原因を抑える痛み止めです。痛みとなる原因が作られる前に飲む事で、子宮内膜症による生理痛を緩和させることができます。もう一つがピルを飲む事です。

経口避妊薬としても知られていますが、この場合は生理を止める事で、子宮内膜の増殖を抑えることができます。偽妊娠療法とも呼ばれていますが、排卵を止める事で生理時の痛みが緩和されるのです。ただし、ピルはホルモンに直接影響を与える薬なので、副作用が出やすいのも特徴です。

子宮内膜症による痛みは軽減されますが、その代わり全身の倦怠感、のぼせ、火照りといった、更年期障害によく似た症状が出ることもあります。もちろんこの副作用についても個人差はありますが、中にはうつ状態になってしまう人もいると言われています。

無気力になり死にたいとさえ思ってしまう事もあるので、子宮内膜症の治療とはいえ、副作用のリスクは考えておくべきでしょう。治療をするにあたり、医師との話し合いや相談も大切です。治療前には副作用のリスクについても説明はありますが、生理の度に痛い思いをするよりも、生理痛が軽くなるならと、あまり深く考えずに治療をしてしまう人もいます。

現在は比較的副作用の少ない、低用量ピルもあります。避妊目的よりも子宮内膜症の治療に使われる事も多いと言います。子宮内膜症は自覚症状がなくても、放置しておけば症状も進行していきますし、痛みもひどくなっていきます。

偽妊娠治療として使用する薬は副作用も出やすく、6ヶ月以上の連続投与ができません。例え効果があったとしても、服用を中止すれば元に戻ってしまう可能性もあります。一方の低用量ピルは連続投与も可能ですし、副作用も少なく効果も期待されています。

子宮内膜症の治療や予防の効果も期待できますが、計画的な妊娠が可能なのもメリットになります。子宮内膜症の治療にもいくつかの方法があるので、自分にとって一番いい方法を見つけてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る