TOP > 子宮体がん

子宮体がんってどんながん?

子宮体がんは大きくなってしまうと手術で治療しなければならなくなります。早期の簡単な治療ですむように、子宮体がんのことを正しく理解しておきましょう。

子宮体がんとは

子宮体がん、もしくは子宮内膜がんというものが現代女性に増えてきていると言われています。昔は子宮がんと言われており、一つにまとめられていたがんなのですが、現在では子宮体がんと子宮頸がんの二つに大きく分けられています。

子宮体がんは子宮体部と呼ばれる妊娠時に赤ちゃんが育つ部分にがんが出来るものです。主に卵巣ホルモンから出るホルモン分泌が関係していると言われ、子宮内膜にできるものです。

なりやすい人はまず遺伝的な要素を持っている人です。主に遺伝が原因と疑われる場合は高齢者に多いとされています。もう一つがエストロゲンと言われる女性ホルモンが大きく関係しており、子宮内膜が異常に発達していくことから生まれるとされています。

子宮体がんの症状と治療

一番わかり易い症状としては不正出血です。子宮体がんの場合は不正出血があることがありますので、症状が出たら病院へ行って検査を受けましょう。高齢だから大丈夫と思っている方も、閉経前よりも閉経後のほうが可能性は高いので注意してください。

・早急に対応しよう!
閉経後の不正出血は子宮体がんの可能性あり!すぐに検査を受けて

検査については外来で可能ですので、産婦人科で対応してくれます。子宮内の細胞を一部取って検査をすることになります。治療については基本的には手術になりますが、比較的小さい初期の段階ではホルモン剤を使った治療が出来る場合もあります。

子宮体がんは早く見つけることで治療できる可能性が高いがんの一種ですから、不正出血などが起こった時には早めに診てもらうことが大事です。心配になればすぐに産婦人科で婦人科検診を受けてみることがオススメです。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る