TOP > > 食べ物だけが原因じゃない!4つのじんましんが出る原因とその予防法

食べ物だけが原因じゃない!4つのじんましんが出る原因とその予防法

「じんましん」が出ると、かゆくて何も手につかなくなったりします。そんな「じんましん」の原因は、何かご存知ですか?何となく、食品がじんましんの原因というイメージが強いです。

しかし、食品以外にもたくさんの、原因があるのですよ。そこで今回は、食品以外で、「じんましん」が出る4つの原因をご紹介します!

ストレスが原因の「じんましん」

1つ目のじんましんが出る原因は、ストレスです。強いストレスを感じた時に、じんましんが出る事があります。仕事や人間関係などで、強いストレスを感じる事がありますよね。そういった時に、じんましんが出る事があるのです。

ただ、ストレスが原因のじんましんの場合は、それほど心配いりません。ほとんどの場合、1時間以内にはじんましんが引いていきます。ですから、あまり心配し過ぎずに生活しましょう。ただ、じんましんが治まらない場合は、皮膚科などで治療を受けた方が良いです。

圧迫が原因の「じんましん」

2つ目のじんましんが出る原因は、「圧迫」です。例えばゴムのキツイ下着や洋服を着た際などに、じんましんが出る事があります。ゴムに沿って皮膚が赤くなってじんましんが出る事があります。ただ圧迫が原因のじんましんは、かゆみが出ない事もあります。

でも、かゆみが少ないからと言って、放っておくのは良くありません。少しゆったりとした服装に変えるなどして、じんましん対策を行いましょう。

薬の副作用が原因の「じんましん」

3つ目のじんましんが出る原因は、「薬の副作用」です。実は、くすりの副作用でじんましんが出る事も、珍しくありません。でも、いったいどのような薬の副作用で、じんましんが出るのでしょうか?

実は、特定の薬と言う訳ではありません。抗生物質や咳止めなど、私たちになじみのある薬をはじめ、多くの薬でじんましんの副作用リスクがあります。ですから、薬を飲んだ後にじんましんが出た場合は、服用を中止して、病院でご相談ください。

日光が原因の「じんましん」

4つ目のじんましんが出る原因は、「日光」です。日光が原因のじんましんは、それほど多くの報告があるわけではありません。しかし、太陽の強い光を浴びる事で、じんましんが出ると事があります。

太陽が原因で、じんましんが出ると言う方は、なるべく肌の慮出を控えたり、日差しが強い時間帯の外出を避けるようにしましょう。

このようにじんましんの原因は、食品だけではなく、ストレス、圧迫、薬の副作用、日光などがあります。様々な事が原因で、じんましんが出るのです。すぐに引く場合は、それほど心配いりません。

しかし、中々じんましんが引かないという方は、病院で診察を受けた方が良いです。適切な治療を受ける事で、すっきりじんましんが引くことが多いですよ!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る