TOP > > いつも鼻がつまっていませんか?慢性的な鼻づまりの原因と解消法

いつも鼻がつまっていませんか?慢性的な鼻づまりの原因と解消法

風邪や花粉症の時期に気をつけなければいけない病気の1つに、副鼻腔炎があります。副鼻腔炎は風邪や鼻炎の症状と似ているため、判断を間違えると症状がいつまでも続き治らないのです。鼻づまりの原因ともなる副鼻腔炎の対処法をご紹介します。

鼻づまりの原因は副鼻腔炎?

副鼻腔炎といっても、あまり聞きなれないため、どのような病気かイメージしにくいかもしれません。副鼻腔炎は、以前は蓄膿症と呼ばれていた病気で、鼻の両側の奥にある副鼻腔という空洞に炎症が起きたり、膿が溜まったりする病気です。

副鼻腔炎の症状

副鼻腔炎の代表的な症状は、慢性的な鼻水や鼻づまりです。鼻づまりでも風邪や花粉症によって起こる一時的な症状の場合もありますから、副鼻腔炎による症状でないか確認することが大切です。次のような症状があれば副鼻腔炎の疑いがあります。

  • 鼻づまり
  • 鼻水・鼻漏(外に出る鼻水と、のどの方に落ちる鼻水)
  • いやな臭いを感じる
  • 臭いが分からなくなる
  • 頭痛、頭重
  • 集中力の低下

副鼻腔炎の原因

副鼻腔炎は風邪によるウイルスや細菌が鼻腔に侵入して、鼻の症状が慢性化することや、花粉症によるアレルギー反応が悪化することによって起こります。

風邪や花粉症との違い

風邪や花粉症が原因で起こる鼻水や鼻づまりは、風邪を引いている時だけに起こる一時的な症状であったり、花粉症のシーズンだけといった季節性があります。

一方、副鼻腔炎の場合は、年間を通して鼻水や鼻づまりの症状が慢性的に続いたり、風邪や花粉症をきっかけにして、風邪や花粉症が治った後でも、鼻水や鼻づまりの症状だけが長期間残るという場合が多いのです。

副鼻腔炎が悪化するとどうなる?

副鼻腔炎が悪化すると、鼻たけともいわれるポリープが鼻の中にできることがあります。ポリープは少しずつ大きくなっていくので、鼻で息をすることができなくなったり、膿が混ざり髄膜炎や視力低下、強い頭痛などを引き起こすこともあります。

副鼻腔炎は風邪や花粉症を悪化させる

副鼻腔炎になると鼻から息ができなくなるので、口で呼吸をしなければならなくなります。本来、人間は鼻で呼吸をするものなので、鼻から入る異物や細菌、ウイルスなどを、鼻毛や鼻の粘膜によって体内に侵入させないようにしています。

しかし、口呼吸になるとのどの粘膜が乾燥し、外からの異物が体内に侵入しやすくなります。のどにウイルスや花粉がつきやすくなるため、風邪や花粉症にかかりやすく、症状が悪化して、それがまた副鼻腔炎を悪化させるという悪循環に陥るのです。

副鼻腔炎の予防と対処法

副鼻腔炎になったら、どのように対処すれば良いのでしょうか?まず、副鼻腔炎の原因となる風邪の場合、風邪が長引いたり、こじらせたりすることが副鼻腔炎を発症させるので、風邪をしっかりと完治させることが重要です。

風邪は万病の元ですから、決して油断せず安静にして、完全に治るまで治療を続けるようにして下さい。副鼻腔炎の予防のためにも、風邪の予防や治療をしっかりと行うことが大切です。

鼻洗浄

副鼻腔炎の予防や改善のためには鼻洗浄という方法があります。鼻洗浄は、生理食塩水をコップや洗面器に入れて片方の鼻を押さえて、その反対の鼻から水を吸い上げます。鼻の奥まで水が達したら水を出すようにします。

これを両方の鼻で行います。決して無理をして、勢いよく水を吸い込まないようにして下さい。水は鼻から吸って口から出すという必要はなく、鼻の粘膜を洗うことができればそれで構いません。

今では市販の鼻洗浄の器具もあり、安全性も考慮してありますので、こうしたグッズを試すのも良いと思います。

飲み物の湯気を利用する

お湯を沸かして湯飲みなどに入れ、湯気を鼻から吸い込むのも、副鼻腔炎を改善する良い方法です。耳鼻咽喉科で使われているネブライザーという、鼻に薬を噴霧する器具があるのですが、原理は同じで、家庭での治療にはとても有効な方法です。

保温と保湿を心掛ける

鼻やのどの粘膜は、冷たく乾燥した空気に触れると血管が収縮し、鼻づまりが起こりやすくなります。できるだけ暖かい環境で湿度を高くすると、鼻づまりの症状も和らぎます。マスクをすることだけでも、口や鼻の温度と湿度を保つことができます。

虫歯も副鼻腔炎の原因になる!?

副鼻腔炎と虫歯は関係がないと思われるかもしれませんが、虫歯が副鼻腔炎の原因になることがあります。副鼻腔は鼻の両側にある大きな空洞なので、すぐ下には歯があるのです。特に奥歯に虫歯や歯周病があると、その菌が副鼻腔に侵入して炎症を起こすのです。

慢性的な副鼻腔炎になる原因が虫歯や歯周病であれば、いくら風邪やアレルギーへの対処をしていても、症状が改善されないことになりますので注意しましょう。慢性的な鼻づまりの原因は様々です。

特に風邪や花粉症が流行する季節には、副鼻腔炎を起こすことが多く、それが慢性化した鼻の症状を引き起こす場合が多いのです。まずは風邪や花粉症を悪化させないことが大切です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る