TOP > > むくみ解消なら食べ物がオススメ「スイカに驚くべき利尿効果が」

むくみ解消なら食べ物がオススメ「スイカに驚くべき利尿効果が」

「むくみ」でお悩みの方、今迄さぞお辛かったでしょう?でもこれからは、もう大丈夫ですよ。安心できるお薬と果物が、あなたの「むくみ」を一発で治してくれますから。そんなに上手い話があるのかって?それがあるのですよ!それではお話を聞いて下さいね。

むくみの知識を獲得しよう

その前に、先ず「むくみ」そのものについて、知識を蓄えておきましょう。何気なく使っている言葉ですが、そもそも「むくみ」とは何でしょうか?という訳で、先ずは「むくみ」の定義から、ご説明してまいりましょう。

むくみの定義…押すと跡形が残る

「むくみ」とは何か…先ず、膨らんできた身体の一部を、手の指で押さえて凹ませる(へこませる)とします。その時、指を離した後もずっと凹んだままなら、それを指して「むくんでいる」と呼ぶのです。言うなれば「押すと跡形が残る」状態に他なりません。

当然健康な身体であれば、押されて凹んだ部分は、押されなくなれば元の平面に戻りますからね。そして、「むくみ」とは俗称であって、学問的には浮腫(ふしゅ)と呼ばれます。その証拠に「むくみ」は、「浮腫み(むくみ)」とも書かれているのです。

むくみの正体…血管から染み出した水分

それでは、その「むくみ」の中には、一体何が入っているのでしょうか?

殆どの皆さんはご存じかと思いますが、実は「むくみ」の中には体内の水分が溜まっているのです。もっと正確に表現するなら、「むくみ」の中身の水分は、元は血液中に存在した物に他なりません。

即ち、この本来なら血液中にあるべき筈の水分が、何らかの異常により血管やリンパ管の外に染み出し、顔や手足等身体の末端の皮膚の下に腫れとして蓄積する、けれども本人には痛みの自覚は無い、この現象を指して「浮腫・浮腫み」と呼ぶのです。

むくみの治療は一般的には、利尿成分のカリウムが使用される

それでは、自分の身体にむくみが出たら、どう対処すれば良いのでしょうか?それはケースバイケースであって、全ての「むくみ」に対して、治療が必要だとは言えません。

むくみに注意…悪化と慢性化

ただ、痛みが無いからと言って放置すると、悪化する危険性もあれば慢性化の可能性もあるので、注意が必要になります。何故なら、むくみができると、老廃物の排出や栄養分の吸収等、細胞にとって不可欠な行為が、何もかも停滞してしまうからですが、改めて考えれば、これは恐るべき事態ですよね。

実は、「むくみ」の中には放置する事により、慢性化、及び、悪化するタイプが存在するのです。従って、読者の方々のその「むくみ」が、放置しても良いタイプだとは必ずしも限らない訳です。当然の事ながら、「むくみ」の中には、病気のサインである危険性も有り得ます。

従って、睡眠や休息が確保できており、利尿作用を持つ成分カリウムが含有される食品が摂れているのに、一向に「むくみ」に快復の兆しが見えない場合には、何らかの病気のシグナルである、その可能性が高くなります。

こんな時には、直ぐに病院へ出向いて、血液検査を受ける必要があります。何故なら、仮に肝臓や腎臓に異常が発生している場合、血液検査なら必ず結果に異常が現れるからです。

むくみの治療…医療では利尿剤カリウムを使う

それでは「むくみ」に対して、どんな対策があるのでしょうか?医療の現場では、むくみは利尿剤で治します。利尿剤とは利尿薬とも呼ばれ、一般的に尿量が少ない症状に対して、尿量を増加させる目的で投与する物です。

この様に「むくみ」が利尿剤で治るという事実は、即ち「むくみ」の腫れの中に溜まった水分は、本来ならば尿として排出される筈の物だった、と解釈して間違いではなさそうです。繰り返しますが、「むくみ」を治療する為には、利尿する必要があるのです。

そうです。敢えて世俗的な表現をしますが、「むくみ」を取りたければ、オシッコを出すしかないのです。そして、一般的には、利尿作用を求める際、カリウムなる成分が使われる場合が多くなります。

スイカの利尿効果が、むくみを消滅させる

それでは、自分の身体にむくみが出たら、利尿剤のカリウムを手に入れたら良いのでしょうか?

むくみの体験…放置しても消滅するタイプ

一概にそうとも言い切れません。何故なら、世の中には放っておいても良い、そんな「むくみ」もあるからです。そんな訳で、体験談の中でも、先ず筆者自身の方からご紹介しましょう。実のところ、今も昔も健康そのものの筆者も、出産直前には両足の「むくみ」を体験したものです。

それこそ、足がパンパンに硬く膨れ上がって、誰の目にも異常な状態でした。でも妊娠中から定期健診を受けて、常に医師の監督の元にありましたし、同じ医師の元で出産した途端に、「むくみ」は完全に消滅したのです。

この場合、結果的に「むくみ」は放置しても治った訳で、おそらくは原因が判明した一時的な症状だと判断した為、産婦人科医師も問題にしなかったものと思われます。

スイカを食べると、利尿が始まり、むくみが消える…驚愕と歓喜の体験談

それでは、ここで筆者が取材した、自身の親族にあたる高齢男性、彼の体験談をご紹介しましょう。実は彼は、筆者が取材して初めて分かったのですが、意外にも長年「むくみ」に悩んできた人物だったのです。

その「むくみ」が深刻な病状ではないからこそ、自宅で取材に応じてくれた訳です。ところが、その彼が与えてくれた情報は、まさに驚くべき事実でした。その内容は何と、「スイカは利尿剤なので、スイカを食べるとむくみが取れる」というものだったからです。

実際、その彼は、毎日せっせと包丁とまな板を使い、スイカを切り分けてはお皿に盛り付け、ラップをかけて冷蔵庫に保管しています。本当に「むくみ」と「利尿」に対するスイカの効果を実感していなければ、ここまで嬉々としてスイカを食べる準備などできない筈です。

利尿を促しむくみを消す効果…スイカを他の食品よりもお勧めする理由

とは言え、利尿作用を持つ食品は、何もスイカが専売特許ではありません。少し挙げただけでも、アサリ、海藻等の海産物、スイカと同じ瓜(ウリ)科に属するメロン等の果物等、利尿を促進する食材は、いくらでも存在します。

それでも、スイカはお勧めです。何故か?それは殆どと言って良い程、「下ごしらえ」の必要がないからです。従って、洗って切り分ける程度の時間もない状態で、誰も見ていない場合であれば、極端な表現で恐縮ですが、割ってかぶりつくだけでも、スイカなら食べることは可能なのです。

そう、スイカほど便利な食品は、そう多くはありません。こんなスイカの利尿効果が、「むくみ」を解決するのですから…。オシッコを出して「むくみ」を取りたければ、スイカを食べるだけで良いのです。たったこれだけですよ。

これはもの凄い情報ではありませんか!そうです。読者の皆さんも、今直ぐに開始して下さい。こんな簡単な事だったら、すぐにでも始められますものね。

スイカとシトルリンの関係

ところで、「むくみ」まで消滅させる、スイカに備わる利尿作用は、何の成分の働きによるのでしょうか?やはり有名なカリウムでしょうか?

スイカには脚光を浴びる成分、シトルリンが含有されている

いいえ。これは、カリウムではありません。実は、「シトルリン」と呼ばれるスイカに含まれる成分の働きなのです。尿の排出を促進し「むくみ」までも完治させる、スイカが持つ偉大な力は、シトルリンという成分の成せる業だったのです。

そしてシトルリンの正体は、アミノ酸の一種です。実は、このシトルリンが今、大きな注目を集める成分なのですね。

スイカの部分とシトルリン含有量

ところで、スイカではあらゆる部分に、シトルリンが含まれているのでしょうか?勿論、全ての部分に含まれていますが、最もシトルリンの含有量が多いのが、果皮の部分になるのです。本来、スイカは三つの部分から成り立っており、

果皮部→硬い外皮におおわれた、薄緑色の少々柔らかな部分→中央部と胎座部に比べて、シトルリン含有量は二倍

胎座部→赤色の柔らかな果肉の部分の中でも、果皮部に接した外側の部分→シトルリン含有量は、中央部と同じ位

中央部→赤色の柔らかな果肉の部分の中でも、球の中心に近い内側の部分→シトルリン含有量は、胎座部と同じ位

意外にもスイカでは、皮に接した薄緑色の果皮部に、シトルリンが二倍もの割合で、豊富に含まれていたのですね。

シトルリンをサプリで摂取する選択肢

ところで、スイカのシトルリンを、サプリメントで摂取する方法は、可能なのでしょうか?

国内唯一の発酵法で製造されたシトルリン

はい。可能です。お勧めは、協和発酵バイオ株式会社の「シトルリン」でしょうか。

勿論、他の会社にも、良い製品はあるかも知れませんし、良いと判断する価値観は人それぞれですから、決して協和発酵だけをお勧めする意図はありません。ただ、筆者が協和発酵をご紹介するのは、例の取材に応じてくれた高齢男性が、この協和発酵バイオのシトルリンを、愛用しているからに他なりません。

実は彼が、この製品を愛用する理由は、協和発酵バイオが日本で唯一、シトルリンを発酵法で製造しているからです。そのシトルリンの未来を拓いた発酵法は、一人のたぐいまれな研究者の情熱と努力により、3年8ヶ月もの歳月を投入した末に、遂に産声を上げました。

実に感動的な話ではありませんか。確かに社名に「発酵」の文字があるのですから、国内で唯一の発酵という話には納得できますよね。因みに、この協和発酵バイオのシトルリンは、サプリメントです。

それは、目の前で開封して見せてもらいましたが、何の変哲もない白くて丸い小型の錠剤でした。これなら飲み続けるのも、楽に違いありません。しかし、こんなありふれた外見の錠剤に、偉大な効果が宿っているのですね。

シトルリンの効果を解説

ところで、シトルリンの働きは、正確には何なのでしょうか?実は、以下のような流れです。

シトルリンの作用=体内の酵素を増やす
→酵素が体内でNO(一酸化窒素)を作る
→体内のNOが血管を拡張する=体内のNOが血液の流れを順調にする

スイカでシトルリンを摂取する秘訣

それにしても、スイカではシトルリンの多い部分が、甘味のない食べにくい部分なのですよね?

シトルリンを摂るには、スイカは調理する必要がある

そうです。スイカには、甘味のない薄緑色の部分に、シトルリンが二倍も含まれています。だから、シトルリンを摂取する目的でスイカを食べる時には、意識的に調理する必要が生まれるのです。

こうなると、もう果物として食べるだけではなく、包丁やガスコンロ、調味料を使用して料理し、惣菜として食べるのが、効率的な気がします。事実、もうスイカの煮物等のレシピが出現していますし、少しアイディアをひねり出せば、ご自身でも無限にレシピが創作できる筈です。

ひと昔前には、スイカの漬物が普通に販売されていましたし、当時は子供の教材として、スイカのシャーベットも紹介されていましたから…。例えば、その甘味のない薄緑の部分を、ミキサーにかけて粉砕した上で、甘味を加えてドリンクにしたら、さぞ美味しかろうと思います。

スイカで利尿し、むくみを消そう

是非、皆さんにも、スイカを食べる習慣を持ち、利尿して「むくみ」から解放されて欲しいと、筆者は願っていますからね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る