TOP > > 腫れぼったい一重まぶたを改善する3つの手段

腫れぼったい一重まぶたを改善する3つの手段

一重まぶたは印象が悪い

一重まぶたの人はそれだけで損をしていると思う事はありませんか?真顔でいるだけで印象が悪くなったり、睨まれたと思われたり、変なトラブルを招いたりと、一重まぶたというだけで損をしている部分がたくさんあります。

女性の場合では、化粧をしますから一重まぶたでもある程度目を大きく見せる事ができますし、目立たなくする工夫はたくさんありますが、男性の場合は小細工がなかなか難しい現状にあります。近年ではこうした理由から、女性だけでなく男性で一重まぶたをコンプレックスに感じる人も多いのです。

よく、コンタクトをつけて視力が矯正されると、目力がついて目がぱっちりすると言いますが、これは二重の人であればこその話で、一重まぶたの人はかえって眼光が鋭くなってしまって印象が悪くなる事もあります。一重まぶたの印象が悪い一番の要因は、上まぶたの腫れぼったさやたるみではないでしょうか。

まぶたのたるみはなぜ起きるのか?

人はものを睨む時に目が細くなるだけでなく、とくに上まぶたが下がります。そのため、ただ単に上まぶたが腫れぼったかったりたるんでいるだけの一重まぶたの人は印象が悪くなってしまうというわけです。まぶたのたるみの原因は何なのでしょうか?

私たちの身体には脂肪と皮膚と筋肉があります。脂肪がつきやすい人や筋肉がつきづらい人など、さまざまな人がいるかと思いますが、加齢とともに筋肉は衰えていきます。

とくに顔の表情筋は大人になると使わなくなっていく事で衰えますし、近年の近視化社会によって目の回りについてる筋肉も使わなくなり、どんどん衰えていくというわけです。

これによって皮膚や脂肪を支えきれなくなり、重力によって下がり始めるのがたるむという状態です。顔の表情筋で言えば、衰える事によって脂肪がつきやすい人であれば顔がむくんで見えたり、脂肪がつきづらい人であれば頬がこけて見えてしまいます。

まぶたマッサージでむくみをスッキリ

では、こうした一重まぶたの腫れぼったさやたるみを防いでいくにはどうすれば良いのでしょうか?まぶたのむくみに効果的なものとしてマッサージがあります。

まぶたをマッサージする事によって血行が良くなり顔色が良くなるだけでなく、脂肪が分解されやすくなりますし、マッサージでリンパの流れを良くしてあげる事でより老廃物の排出を促す事ができます。

まぶたのマッサージの方法は諸説ありますが、あまり強く力を入れすぎずに目の下の皮膚の目尻から目頭まで流し、そのまま目の上のまぶたの目頭から目尻まで流してそのままこめかみ付近まで指を持っていってこめかみ付近から首側へと指を下ろす事で老廃物をリンパの流れに乗せて事ができるというものです。

単純に上まぶただけであれば、目頭から目尻まで流してそこから首したまでリンバの流れに乗せてあげるだけでも効果があります。

眼球の体操で筋肉を鍛える

まぶたのたるみの原因は、子供の頃と比べて顔の表情筋を浸かって喜怒哀楽を表現しなくなる事によって表情筋やまぶたを持ち上げる筋肉、目を動かす周辺の筋肉が衰える事によって起こります。そのため、目の体操をしてあげる事で筋肉を鍛えてまぶたのたるみを防ぐ事ができます。

目の眼球のまわりの筋肉を鍛えるには、顔を固定して動かさずに目だけで上を向いて数十秒間固定、その後目を強くつぶって今度はしたを向いて目を固定というふうに上下左右を見る練習をすることで目の周辺の筋肉が鍛えられます。

これはあまり1度にやりすぎると眼精疲労によって頭痛になったり逆効果になりますので、適度にしておいたほうが良いです。

つづいて、指でこめかみ付近の皮膚を若干つり上げて、ほんの少しだけ目尻が引っ張られるような状況を作ってから大きく「あ・い・う・え・お」と口を開けて発音していきます。

その際に「あ」では目を正面に向けて、「い」では目をしたに向ける、以後交互に上と下を見るようにしながら発生していきます。こうすることでまぶただけでなく、連携する顔の表情筋をバランス良く鍛える事ができます。

美容整形でまぶたをぱっちりさせる

最後になりましたが、やはりコンプレックスを手っ取り早く処理するには美容整形が一番の方法です。近年では非常にさまざまな方法があり、技術も向上していますからまぶた程度の施術であればほとんど外見を変えることなく効果的にまぶたのコンプレックスを取り除くことができます。

まぶた関係の施術では、おもに脂肪を吸引して腫れぼったさやたるみを取り除くという方法と、まぶたを切開して短くすることで垂れ下がったまぶたを引き上げる方法、さらにはメスを入れて二重にする方法などもあります。

大がかりな整形ではなくプチ整形ですので、もしどうしても素早く結果を出したいという場合は利用するべきだと思います。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る