TOP > > 何と効能は目だけではなかった!利尿にも効果があるブルーベリー

何と効能は目だけではなかった!利尿にも効果があるブルーベリー

ブルーベリーが目に効く…あまりにも有名な情報です。事実、このサイトにお越し下さった皆様も、目に対するブルーベリーの効能を検索して、訪問して来られた可能性が高い訳ですから…。でも本当は、ブルーベリーの効能って、目だけではなかったのですね。

実のところブルーベリーは、体に効くと定義した方が、より正確だといっても過言ではないのです。それでは、そんなブルーベリーの意外な効能を、ご説明してまいりましょう。

やっぱり断トツ…ブルーベリーが目を治す効果

それでも尚、ブルーベリーの目に対する効果には、他の効能の追随を許さないものがあります。そこで先ずは、その既成の事実から、押さえてまいりましょう。

ブルーベリーを食べたら目が良く見える!イギリス兵士の大発見

それでは、今でこそ広く知れ渡った話ですが、ブルーベリーの目に対する効果を発見した人物を、念の為にご紹介しておきますね。ご存じの通り、ブルーベリーが目に効く情報が普及する先駆けとなったのは、ブルーベリーを愛好する英国空軍の爆撃機パイロットの証言でした。

とは言え、彼が食べていたのは、厳密に特定するならば、通常のアメリカ産ブルーベリーとは異なり、植物の分類の上ではその親戚筋にあたる、ビルベリーという品種の方でしたが…。

それはともかくとして全ては、ブルーベリーを食べた直後に、暗闇を飛行機で操縦した時、視力が鮮明さを帯びている事実に気が付いた、という出来事から始まります。つまり「何故、こんなに物がハッキリ見えるんだ?そうか。さっきブルーベリーを食べたからだ!」と彼は、ブルーベリーに視力回復効果がある真実を知って、驚愕すると同時に歓喜する訳です。

これこそが世紀の大発見であり、この一般人の偶然の発見に科学者が裏付けを進め、ブルーベリーの視力回復効果は世界中に普及する様になったのです。これを契機としてそれ以降の市場に、「目の薬としてのブルーベリー」製品が、多数流通する事になりました。

ブルーベリーを知る時に押さえておきたい、「目」と「眼」の違い

ところで、ここで余談ですが、「目」と「眼」の使い分け方をご存じですか?

実はこれ、「目」が「台風の目」等の使用例にも見られる通り、身体以外の一般的な物に対して使用されるのに対し、「眼」の方は「眼科」等の使用例でも分かる通り、人体の中でも視覚に限定して使われ、主に医療の方面で専門的に用いられるのです。

皆さん、何気なく使い分けておられるかとは思いますが、一応この場を借りてご一緒に確認しておく次第です。

ブルーベリーの摂取による視力の向上は、高齢者にも起こる

それでは、本題に戻りますが、この様に市場に多数流通するブルーベリー製品、実際にはどの程度効き目が現れているのでしょうか?実は、このブルーベリーの目に対する効果に対しては、筆者が取材した高齢の男性も口を揃えています。

それも彼曰く「ブルーベリーを食べ始めたら、視力が1.1から1.2にまで回復した」のだそうです。これを聞いた時、「この程度で効果と言えるのか?」と感じた方も、中にはおられるに違いありません。

でも、1.1から1.2にまでの視力の向上は、数字で見ると微小に見えるかも知れませんが、実際に自分の身体に起こると劇的な変化だと思いますよ。

それに高齢者に対しても、ブルーベリーの効能は間違いなく現れるのですから、何と言っても特筆すべき情報に違いありません。勿論、現役エリートパイロットと、定年退職後の「おじいさん」を並べて紹介するのは、あまりにも落差があって面白過ぎます。

それでも、やはり身近な年配の人物が語る体験談には、頭と体をガツンと叩かれるのにも似た、力強いまでの説得力が備わっているではありませんか。言うなれば、それこそ老いも若きも、まさにあらゆる人が目の回復を求めて、ブルーベリーの摂取に励んでいる現実がある訳です。

ブルーベリーは実は目以外にも効く

従って、現代日本に於いては、ブルーベリーが目に効く情報は、既に浸透し尽くしている感があります。

「ブルーベリーが目に効く」だけでは、商売にならない時代

事実、その出回るブルーベリー製品の種類の多さときたら、もう殆ど無数に存在すると形容しても差支えありません。当然、こんな情報が氾濫する中ではどんな業者だって、ブルーベリーや目に関する平凡な情報だけでは、とても消費者の目を惹く事は困難でしょう。

だからこそ、ブルーベリーの種類を北欧産のビルベリーに特定したり、ブルーベリーにルテイン等の他の目に効く成分を配合したりと、他社の追随を許さない付加価値の追求に余念がありません。即ちこれは、「今時、ブルーベリーの品種が凡庸だったり、ブルーベリー成分が単独であったりしては、到底商売にはならないよ」という現実の表れでしょう。

ブルーベリーの目以外の効能…世界に紹介しないと勿体ない

それならば会社の社長さんは、折角栽培にまで関わったブルーベリーである以上、今後は目以外の効能にターゲットを絞って、ブルーベリーを売り込んではいかがでしょうか。

勿論、そこに「万人の目を健康にする仕事を通して、世の中に貢献したい」という起業の動機があるならば、それはあらゆる人を感動の渦に巻き込むに違いない、誠に素晴らしい精神でしょう。そればかりか、実はその思いこそが、社会や時代の荒波に翻弄されない不動の成功を、我が社の経営に運んで来る秘訣に他ならないのです。

それでも、折角ブルーベリーに目以外の効能が備わるのに、それを取り出して活かして世界に提供しない様では、ブルーベリーにそれだけの成分を盛り込んでくれた大自然に対して、申し訳ないと考えるべきではないでしょうか。

いや、むしろ、その精神も、前者の精神に勝るとも劣らない、奇跡的な飛躍を遂げる為の起爆剤となるかも知れないのです。

何とブルーベリーは利尿薬だった

それでは、ブルーベリーの目以外の効能と言うのは、体のどの部分に対して働くのでしょうか?実はこれ、意外にも数が多いのです。ただ、その中から、筆者が取材した人物から聞かされた、とっておきの情報を伝授してまいりましょう。

ブルーベリーには利尿作用がある

では、ブルーベリーが体の何処に効くのでしょうか…ズバリ利尿作用です。「まさか…聞いたこともない」と思われる方も多いでしょう?でも本当に、ブルーベリーを体内に取り込むと、俗に言う「オシッコ」の出が良くなるのだそうです。

その取材を受けてくれた人物は、高齢男性の親族になるので、人柄もよく知り尽くしていますが、決していい加減な事を言う人間ではありません。それに、この「尿の出が悪い」という問題は、高齢に達すると深刻な悩みになるらしいですね。

確かに、トイレで便器の前でいきんでも、排尿に勢いがなかったり、残尿感があったりとか、こういう類の悩みは、年配の方々から数多く耳にしますからね。

ブルーベリーを摂る前に押さえておきたい豆知識

それでは、ブルーベリーを摂取する前に、是非とも押さえておきたい知識を、以下にご紹介してまいりましょう。

利尿は頻尿とは全く別物

先ず、度々聞かされる「頻尿」と、今回の「利尿」、きちんと区別を付けて理解されていますか?多分、「何となく正反対の意味だと理解している」と言われる方が、大部分を占めるとは思いますが、これは全くその通りなのですね。という訳で、取り敢えずその違いを、ここで整理しておきましょうか。即ち、こういう事です。

頻尿(多尿)→排尿の回数が増加する症状を指す=排尿の回数を減らす処置が必要になる
利尿→排尿の分量を増やす処置を指す=排尿の分量が減少する症状に必要になる

何だか、「全部が正反対」と申しますか、当世風に表現すると「何もかもが真逆」の関係に見えますが、要はそれだけの違いがあるのです。因みに、頻尿の場合、何故か一日の尿量は、殆ど変化しないケースが大半です。

いかにも排尿の回数が多いと、「体内の水分が全部出てしまうのではないか」等と、不安になるのも無理はありませんが、そうではない事例の方が多いということですね。そしてこの頻尿が膀胱炎等で発症するのに対し、利尿剤(利尿薬)の方は浮腫等の治療に使用されます。

浮腫の原因は腎臓とは限らない

ところで、浮腫とは「むくみ」の事でしょうか?その通りです。実は、浮腫とは「浮腫み(むくみ)」とも呼ばれるからです。具体的には浮腫とは、身体の末端が腫れる症状を指します。そして、その原因は体内の水分にあり、痛みは伴わないのです。

それでは、浮腫の原因の水分ですが、更にその原因は何の病気なのでしょうか?これはいかにも腎臓だと思われそうですが、実は腎疾患のみならず、肝疾患、心疾患等が原因に挙がっており、この他にも、甲状腺機能低下症によるものがあれば、炎症反応によるものも存在します。

でも腎疾患による浮腫ならこの薬

それでは、一般的に利尿剤(利尿薬)として用いられるのは、いかなる成分なのでしょうか?実は、以下のような成分があります。

抗アルドステロン剤→腎臓に直接的に作用する
アミフィリン→腎臓に間接的に作用する

言うまでもなく、これ等の成分には尿の生成を促進し、尿量を増加させる、そんな作用が備わっています。そして、これ等の二種類の薬は、上記で示した通りで、腎疾患の患者が対象になるのです。

利尿剤は浮腫の治療の為の薬

と言う事は、浮腫と腎疾患の関係は分かりましたが、利尿剤は浮腫の治療に使用されるのですよね。そこで質問!腎疾患ではない浮腫でも、利尿剤で治療するのでしょうか?その通り。浮腫の症状があれば、利尿の薬剤で対処します。

当然の事ながら、浮腫と利尿とは、病気と治療の関係にある訳です。そして、腎疾患ではない浮腫では、例えば心不全が原因の浮腫についても、殆どの場合の治療には利尿剤を投与するのです。従って、これは重要な点ですが、本来「利尿剤」とは、浮腫を治す為の薬なのです。

勿論、この他にも利尿剤には、高い血圧を下げる効果も備わっています。即ち、これ等の浮腫や高血圧に対して、利尿剤が発揮する治療効果は全て、血液中の過剰な塩分を尿に変えて体外へ排出するという、利尿剤の作用の結果に他ならないのです。

ブルーベリーの利尿作用は、浮腫ばかりか紫斑も完治させる

利尿剤が、血液中の塩分を体外に排出するから、その結果として浮腫が完治する、そんな関係があるのですね。と言うことは、「ブルーベリーに利尿作用があるという事は、ブルーベリーを摂ると浮腫も解決するのだ」と理解できますね。

ブルーベリーを摂って、紫斑が消滅した体験

ところで皆さんは、ブルーベリーで紫斑が治る話、聞かれたことがおありでしょうか?勿論、紫斑と浮腫が関連するなら「アナフィラクトイド紫斑病」ですから、何でもないありふれた紫斑の場合は、浮腫とは無関係かも知れません。

ただブルーベリーの摂取により、紫斑だけでも消えるのであれば、それはやはり興味深い情報であると言わざるを得ません。ここで、筆者が取材したとご紹介した、先程の高齢男性にご登場願いますが、彼はブルーベリーを服用した結果、何と毛細血管の紫斑が消滅したと言うのです。

因みに、毛細血管とは、「細かく枝分れして、網目状になった血管」のことで、紫斑とは「紫色の斑点」のことです。ある意味、この紫斑が消滅するのであれば、視力の向上云々それ以上に、ブルーベリーを摂取した値打ちがあろうというものです。

言うまでもなく、前述の視力回復の話題も切実な関心事ですが、この視力の問題は余程の深刻な状況でもない限り、こちらが黙っている限りは人からは悟られにくい性質があります。これに反して紫斑の方は、発生した身体の部位によっては、どんなに自分で隠そうにも、嫌でも相手の目に留まるからです。

何しろ、生涯学習のトレーニングルームで高齢者同士が集う時でも、そんな紫色の斑点が身体中に付いていたら、恥ずかしくて人前で服も脱げませんからね。「何ですか?これは…」と聞かれて、まさか「いやこれは、病気ではなくて、老人性の…」などと、笑わせて逃げることもできませんし…。

ところで、これは余談で、紫斑とは何の関係もない話題ですが、ひと昔前の中高年は、自らのシミを指して「老人性のシミ」などと、やたらと面白おかしく話題に載せたものです。当時は歳を取ればシミなどできて当たり前という認識でしょうし、むしろ「アザではないんだよ」という健康のアピールの心理もあったに違いありません。

ところが、今の時代であれば、シミ等は消せるものという認識が普及しましたから、「わざわざシミなんか付けて、何を自慢しているのか。何かのマークのつもりか」と変人扱いされ兼ねませんが…。という訳で、本題に戻りますが、シミならぬ深刻な紫斑を治癒させる目的の方にも、このブルーベリーの摂取はお勧めできるのです。

ブルーベリーを摂れば浮腫が解決する、理論

それでは肝心の浮腫の話ですが、ブルーベリーで浮腫が完治したという、他ならぬ体験談は存在するのでしょうか?それが不思議な事に、現時点では殆ど世には出ていない様子なのです。ただ、理論上で申し上げますと、ブルーベリーを摂取すれば、その利尿作用に基づき、浮腫は消滅する、という仕組みなのです。

ブルーベリーの万能性を探索しよう

それでは、ブルーベリーの効果には、どんな種類が揃っているのでしょうか?ここでは視力に対する効果や、浮腫に対する利尿効果も含めて、ブルーベリーの効果を、総合的に探ってみたいと存じます。

ブルーベリーの効果を総合的に調べると

その筆頭は、何と言っても有名な、視力回復の効果でしょう。

視力回復と眼精疲労軽減の機能→「アントシニアン」の作用

因みに、アントシアニンは、ブルーベリーの青い色素に含有される物質で、視力向上に効果を発揮するだけではなく、目の疲労をも緩和します。

次に、想像通りに大きな、利尿の効果が続きます。

尿管感染症の軽減機能→「複合物」による抗菌作用

詳しくは、尿管の壁に付着した細胞に、バクテリアが定着するのを、ブルーベリーの複合物が抑制するのです。先程、ご登場願った高齢男性が語る「ブルーベリーに利尿効果がある」という情報は、ここに秘密があったのかと納得できますね。

因みに、ブルーベリーの抗菌作用は、アントシアニンならぬ、アントシアノシドの働きに基づいています。これが感染を引き起こす細菌の追放、中でも尿路感染の予防に、劇的な役割を果たすのです。

事実、北欧のスウェーデンでは、スープに調理した乾燥ブルーベリーが、未成年の下痢の治療に活用されている位ですから、その効果の著しさは言うに及ばず、ですね。まだ、我が国では健康食品の位置付けかも知れませんが、世界の隅々にまで目を向けるならば、ブルーベリーはもはや医薬品として扱われている事実が分かります。

更に、注目すべきは、以下の通りです。

抗酸化機能による癌と老化の抑制→「エラグ酸」と葉酸による作用

詳しくは、癌や老化に伴う病気を誘発する代謝物の毒性、これを中和する機能を、抗酸化作用が助けるのです。因みに、ブルーベリーの抗酸化機能は、あらゆる野菜や果物と比較してもトップクラスに位置する、という事実が判明しています。

また、エラグ酸と葉酸は、癌への罹患を抑制する働きを備えています。中でも葉酸は、癌の中でも子宮癌に対する予防効果を備え、理想的な胎内環境を養成する力も持っているのです。

そして、これは特筆すべき情報ですが、先に挙げた老化に伴う精神能力低下の進行が、このブルーベリーの投与により遅らせられる現象が、既に動物実験により確認されているのです。

この様に、ブルーベリーの研究が進化した結果、何とアンチエイジング(若返り・抗老化)にも有効な真実が、次第に判明しつつあるのですね。特に、癌と老化を避けたいのは、あらゆる人の秘めたる関心事です。この成果が万人を救済する時代が、できるだけ早く到来する様にと、誰だって願わずにはいられませんよね。

それから意外なところでは、こんな事実も判明しています。

心臓の病気を誘発する悪玉コレステロールを、抗酸化機能により軽減→全体的な作用

心臓や血脈に問題を抱えた人にとって、ブルーベリーが有効だなんていうのは、もの凄い朗報以外の何物でもありません。

便秘の改善→食物繊維の作用

ブルーベリーに食物繊維が含まれる…これは誰しも予想がついたかと思われます。ご存じの通り、食物繊維の重要さは、現代社会では語り尽くされている感があるからです。是非、ブルーベリーを摂取して、食物繊維も併せて、体内に取り込みたいですね。以上の様に、ブルーベリーには、想像以上の種類の効果が備わる事を、これで理解していただけたに違いありません。

ブルーベリーの多彩な摂取方法を整理しよう

それではブルーベリーは、実際にはどういう方法で、体内に取り込むのが、最も優れているのでしょうか。

生の丸ごとを贅沢に味わう摂取方法

そこで先ず、生の果実を丸ごと食べる、シンプルな方法を考えてみましょう。確かにこの方法は、ブルーベリーの果実としての美味しさを愛する人には、最高の魅惑に溢れた摂取方法に違いありません。

生の果物が備えたみずみずしさ、光沢と弾力のある果肉、濃厚な甘い果汁、爽やかな甘酸っぱい風味…もう、たまりませんよね。因みに、生のブルーベリーの果皮に付着した白い粉ですが、これは洗えば全く問題ありません。

実は、この果皮の表面の薄い粉は、「果粉(ブルーム)」と呼ばれる、むしろ新鮮さの証拠になる大切なもので、決して農薬なんかではないのです。そんな訳で、生の果実で頂くのが、一番贅沢な摂取方法に違いないでしょう。

生のブルーベリーで、食物繊維を摂る是非

然しながら、これが食物繊維の摂取だけを目的とするとなると、効率的な方法ではないと言わざるを得ません。そこで、先程ご紹介した、ブルーベリーの食物繊維が多い、という話の続きです。

この場合「ブルーベリーで繊維を摂ろう」と意気込みたくなりますが、実際にはそう簡単な問題ではない訳です。何故なら、一日に必要とされる食物繊維が、25gと定められているのに対し、ブルーベリーに含まれる食物繊維は、100g中ではわずか5gにも達しません。

勿論、他の食物と比較すれば、ブルーベリーの繊維量は多い方かも知れません。それでも食物の中で、繊維量が一番多いのは、ブルーベリーではない筈です。何れにしても計算上は、ブルーベリーが含有する食物繊維がその程度である以上、ブルーベリーだけで一日分の食物繊維を摂取する為には、ブルーベリーを500gも食べる必要がある訳です。

ところが驚くべきことですが、このブルーベリーの100gというのが、大粒の生の果実の場合では、何と35個入りの1パック位はあるのです。これだけでも結構な分量なのに、これを一人で5パックの175個を毎日食べるなんて、そんな動物並みの食事ができる大食漢の人間など、何処にも存在する筈がありません。

これなら、「また余計なことを」と叱られるかも知れませんが、まだ、ごぼうを食べている方が、食物繊維の摂取方法に限って言えば、はるかに理に適っていると言えます。何故なら、ごぼうの食物繊維量は、100g中に5g以上もあり、ブルーベリーを上回るからです。

しかも、ごぼうなら火を通して調理すれば分量を大幅に減らせるし、惣菜である以上は味が良ければ食欲も湧きますから、多量の摂取も満更不可能ではないからです。

とは言え、食物繊維に限定しないで、ブルーベリーに備わる幾多の有効成分を体内に取り込む目的があるのなら、生の果実を選ぶ必然性も生まれるでしょうから、そこは柔軟に考えて行かれたら良いのではないでしょうか。

シロップ漬けを楽しむ摂取方法

それでは次に、シロップ漬けの果実でブルーベリーを食べる方法を、考えてみましょう。言うまでもなく、こちらは生の果実丸ごとよりは、はるかに小ぶりのブルーベリーですから、摂取方法としては前者よりも効率的でしょう。

ある意味、水分補給の効果も兼ね備えており、シロップには果実のエキスも溶け込んでいる筈ですから、余計な添加物でも混入されていない限りは、栄養分を余さず摂る事が可能ではないでしょうか。こちらもブルーベリーの果実の美味しさを、ある程度は堪能できる摂取方法かも知れません。

冷凍タイプを食べる摂取方法

この他、冷凍物でブルーベリーを摂る方法がありますが、こちらは限りなく生に近い、かなり優れた食べ方でしょうね。

乾燥タイプを食べる摂取方法

一方、ブルーベリーの摂取方法には、ドライフルーツが存在します。この果実の乾物は昔から存在する方法で、干しバナナやレーズンの存在を考えれば、その歴史は納得できますね。今ならさしずめフリーズドライでしょうが、何れにしても、果実の味わいも残っているのは嬉しいですね。

ドリンクを飲む摂取方法

それからブルーベリーには、ドリンクで飲む方法が挙げられます。こちらも果汁100%であって、余計な添加物でもない限りは、生に準じた優れた摂り方と言えます。勿論、魅力は濃厚な味と芳香です。できれば家庭で手作りして、果実を漬け込んだ果汁にすれば、果肉も生かせて万々歳でしょう。

サプリメントを服用する摂取方法

最後に、ブルーベリーには、サプリメントで服用する方法が挙げられます。これは最も味気ない方法でしょうが、多忙な人には効率的な意味でこの上なく優れた方法でしょう。その効率は、エキスとして凝縮している成分の面にも、水と共に飲み込めば完了という、時間的な面にも惜しみなく発揮されているのです。

ブルーベリーの利尿効果は偉大である

さて、これまで、ブルーベリーに秘められた可能性を、あらゆる角度から調べてまいりました。それでも、ブルーベリーに備わる利尿効果は、大きな驚きと共に受け止められる、と言わざるを得ません。

ブルーベリーの利尿効果の普及を願って

ぜひぜひ、ブルーベリーの利尿効果が、多くの人の健康に役立つ様にと、心から願っている次第です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る