TOP > > 夕方になると足のむくむ人へ。経験者お勧めの簡単解消法・色々

夕方になると足のむくむ人へ。経験者お勧めの簡単解消法・色々

加齢と共に夕方になると足のむくみを実感する女性が増え、靴が履けなくなり歩くのも辛くなるという方もいます。むくみを起こす疾患や経験者が明かす比較的簡単にできる運動・椅子の高さを変えるなどのむくみ解消法を紹介します。

足のむくみ(浮腫)を起こす3つの疾患

足のむくみは静脈の血流が悪くなり水分がしみ出る事が原因。水分や塩分の摂りすぎ、長時間のデスクワークや立ち仕事などでも足はむくみます。よくある事で軽視されがちですが、悩んでいる方は大変多いのです。

足の浮腫を起こす代表的な3つの疾患として、1つは加齢により筋力低下や運動不足で起こりやすいリンパ浮腫。2つ目は女性が妊娠を境に発症しやすい下肢静脈瘤。3つ目は飛行機や車などに乗り、狭い所で下肢を長時間動かさないでいた場合などに見られる深部静脈血栓症(エコノミー症候群と言われることもある)があります。

足のむくみの解消法

長時間座ったまま、立ったまま、同じ姿勢を続けない事が大切ですが、仕事だから思うようには行きません。そこで手軽にむくみを解消する方法を紹介します。

① 足を高くして眠ります。
② 血行をよくするソックスやサポーターを履いて就寝する。
③ デスクワークの際、机の下でつま先とかかとを交互に上げる運動をします。
④ 椅子を低くします。椅子が高いと太股に圧力がかかるので血流が悪くなります。椅子を低くして太股と椅子の間に隙間が出来るようにします。
⑤ 胸郭を大きく広げて深呼吸を繰り返します。静脈の血液が上半身に流れて行きます。
⑥ 継続できる全身運動(ウオーキング・軽いランニングなど)をする。
⑦ 太股を鍛えます。太股上げやスクワット運動、太股を使って歩くように心がけます。
⑧ 体を冷やさない。
⑨ 塩分は控えめにします。濃い味から薄味にチェンジしていきましょう。
⑩ 飲酒は控えめに。アルコールは利尿作用があり血管が脱水状態になるため、水分の摂りすぎになります。また、毛細血管が拡張するので水分が血管外に出やすくなり、むくむ原因になります。

むくんで辛いと感じたら、まずは医師の診断を受け、病的なむくみで無ければ筋力をつけ、生活習慣を変えて行く事がむくみ解消の最短の道だと言えます。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る