TOP > > 手荒れだけじゃないの?手の湿疹の種類と原因を見分けよう

手荒れだけじゃないの?手の湿疹の種類と原因を見分けよう

主婦や手を使う職業に多い主婦湿疹

主婦や水仕事をよくする職業の人に多いのが手荒れです。素手で洗剤や薬剤などを使って水仕事を続けていると、カサカサに乾燥したり肌の荒れが起こったりします。これを主婦湿疹(手湿疹)といいます。

手湿疹になっても毎日の水仕事はなかなか休めないので、きちんと治すことが難しいものです。指紋がなくなったりひび割れが起こったりするほど悪化することも多いので大変ですね。

手の湿疹といえばこの主婦湿疹がよく知られているのですが、似ている別の湿疹もいくつかあります。主婦湿疹とは別の対処法が必要になるので見分け方を知っておきましょう。

主婦湿疹に似ている別の湿疹

主婦湿疹に一見似ているけど違う湿疹です。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

手のひらに膿疱(うみの溜まった水疱)がたくさんできて、やがて鱗屑やかさぶたができて角質層がはがれ落ちます。痛みを伴い繰り返し再発します。また足の裏、すねやひじに湿疹ができたり関節が痛むこともあります。

原因は扁桃腺や虫歯からの感染、金属アレルギーなどとされています。手からほかの人に感染することはありません。専門の治療を受けてステロイド剤や抗生物質などの投与が必要になります。

白癬(はくせん)

手のひらが、足にできる水虫と同じ白癬菌に感染したために起こる皮膚疾患です。足や爪に白癬菌がいると手に白癬が起きることがあります。手のひらの皮膚が硬くなり、赤みや鱗屑が生じます。水疱やかゆみが起こることもあります。

主婦湿疹に似ていますが、主婦湿疹やほかの湿疹との違いは片方の手にだけ起こる特徴なので見分けることができます。手を石鹸で良く洗って清潔を保ち、水虫と同じ治療を行いましょう。同時に爪や足の水虫の治療も必要になります。

その他の湿疹

汗疱(かんぽう)

汗疱状湿疹ともいいます。手のひらや指の間に小さい水疱ができて皮膚の乾燥が起こります。水疱ができる時のかゆみが強く、手のひらと足の裏の左右対称に水疱がみられるのが特徴です。

原因は自律神経の乱れやアレルギーなどとされており、汗をよくかく夏に起こりやすいことから汗と何らかの原因があると考えられています。皮膚科を受診してステロイド剤を処方してもらいます。

手に湿疹がみられたら

手にみられる湿疹の多くは主婦湿疹です。水仕事によって皮膚の油分が奪われ、乾燥から荒れやすくなってしまうことが原因なので、水仕事の際にゴム手袋をしたり、こまめにハンドクリームで保湿するといった対策をしましょう。

湿疹の中には専門の治療が必要なものや、体に原因があるためにみられる湿疹もあるので、不審に思う時は皮膚科を受診するようにしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る