TOP > > 重症化させないために!赤ちゃんのあせも対策5つのポイント

重症化させないために!赤ちゃんのあせも対策5つのポイント

赤ちゃんは体温が高めで代謝も活発。とても汗っかきです。大人が暑いと感じなくても赤ちゃんは汗びっしょり、なんてこともよくあります。そんな時に心配なのが、あせも。たかがあせもと思っていてはいけません。あせもは放置すると、かゆみがずっと残ってしまったり、肌をかきむしって細菌に感染してしまったりすることがあるんです。

あせもは放置すると悪化します!

「あせもができるのは当たり前」なんて思わずに、すぐにケアしてあげる必要があります。というのも、あせもは、「あせものより」と呼ばれる症状にまで悪化してしまうことがあるんです!

「あせものより」は、正式には「乳児多発性汗腺膿瘍(にゅうじたはつせいかんせんのうしょう)」といい、あせもをかきむしって肌をかき壊したところが、黄色ブドウ球菌に感染することで起こります。

この症状の怖いところは、肌に黄色の膿ができて、その中の液が他の部分につくと、さらに黄色ブドウ球菌に感染していってしまうこと。熱が出たり皮膚が腫れてきたりすることもあります。

そうならないように、あせもができたら早く治すことが何よりも大切なんです。今回は、あせもを早く治すためのポイントを5つ、ご紹介していきましょう。

ポイント1 汗はこまめに拭く

汗っかきな赤ちゃんは、一年を通してあせもができやすいと言えます。夏だけでなく冬の間も油断はできません。赤ちゃんが汗をかいたら、こまめに拭いてあげることを徹底しましょう。

また、あせもができていたら、その後からかく汗は一層しっかりと拭き取ることが大切。この時、こすったりして刺激を与えないように気をつけましょう。ガーゼなどをポンポンと置くように当てて、汗を吸い取ると刺激になりにくいです。

ポイント2 汗は洗い流す

背中やお腹などの広い範囲に汗をかいていた場合には、シャワーできちんと洗い流してあげましょう。顎の下や首の周りなど、皮膚が重なって汗を拭きにくい場所も、シャワーならキレイにしやすいですよね。

外出中の対策に役に立つのが、スプレー式のボトル。水を入れて持ち歩き、汗をかいたらその都度シュッとスプレーして洗い流してあげることができます。

ポイント3 汗をかきにくい環境づくりをする

あせもができたら、こまめに拭いたり洗ったりすることが大切ですが、汗をかきすぎないように環境を整えてあげることも必要。赤ちゃんの過ごす場所は、日光が直接当たらないところを選びましょう。

赤ちゃんにエアコンを使いたくないという人もいるようですが、近年の異常な暑さの中では、過ごしやすい室温に整えてあげるほうが良いでしょう。ただ、エアコンの風が当たらないように注意すること。

また、赤ちゃんに着せるものは、基本的には大人よりも一枚少ないくらいがちょうどいいと言われています。冬に風邪をひかないようにと着せすぎてしまうことがよくありますが、赤ちゃんはもともと体温が高め。着せすぎるとすぐに汗をかいてしまうので要注意です。

ポイント4 汗をかいたらすぐ着替えさせる

赤ちゃんの肌着は、汗を吸いやすいコットンのものを選び、汗をかいたらすぐに着替えさせてあげるようにしましょう。夏など、汗をよくかいてしまう季節には、ガーゼやメッシュのような汗を吸ってもすぐに乾く生地がオススメ。洗濯をしても乾きやすいので、1日に何度も着替えさせることがあっても安心ですよね。

ポイント5 おむつ替えはこまめにする

また、おむつをこまめに替えることも汗やあせもの対策のひとつ。最近のおむつは吸水性に優れているので安心のように思えますが、汗をかきやすいのはウエスト部分などの吸水シートのないところ。

新しいものに替えてあげるのがいちばんです。汗をやさしく拭き取りながら、こまめにおむつを替えてさっぱりさせてあげましょう。赤ちゃんの肌は、少しの汗でもあっという間にあせもができてしまいます。

それを守れるのはママやパパです。自分が暑くないと感じていても、「赤ちゃんはどうかな」と気をつけてあげるようにしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る