TOP > エコノミー症候群

エコノミー症候群のメカニズムと予防法

静脈血栓塞栓症、通称エコノミー症候群は日本人スポーツ選手がなったことでもおなじみです。エコノミー症候群という名前ながらも、ビジネスクラスで移動していたスポーツ選手ですらなる事があるこの病気、いったいどういうものなのでしょうか。

エコノミー症候群とは

じっとしていた後に急に動き出したことによって、いっきに血が流れ始めます。血が流れるということはいいことなんですが、それと同時に血栓も一緒に流れていってしまいます。そこで肺に血栓が詰まるとめまいや立ちくらみ、場合によっては意識がなくなって死に至ることもあります。

これがエコノミー症候群と言われるものです。エコノミー症候群が発症するのはなにも飛行機に乗っている時だけとは限りません。車の運転をした後にも起こりえますし、いろいろな場面でじっとしていた後にも起こります。つまり長い間同じ姿勢でいることで起こるのです。

この症状自体は人によって様々ですが、エコノミーでなくてもビジネスやファーストクラスの人でも起こりえるので要注意です。バスや列車でも同じような報告がなされており、ロングフライト血栓症とも呼ばれています。

エコノミー症候群を予防する

エコノミー症候群にならないために予防をしないといけませんが、重要な事は同じ姿勢でずっといないことです。脚を動かしたり、ふくらはぎをマッサージするなどが効果的です。こうして血の巡りを止めないようにしてあげると予防につながります。

体の中の水分が少なくならないためにも水はとっておきましょう。水分をとっておくことで血栓ができにくくなります。場合によっては血液凝固防止薬なども飲んでおく方法もあります。なんにせよ同じ姿勢を長い間続けるのは厳禁です。

・エコノミー症候群にならないために
死亡リスクもあるエコノミー症候群!4つのポイントで徹底予防

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る