TOP > 摂食障害

健康的に食べられない…摂食障害について

何らかの理由からご飯を食べなくなったり、逆に食べ過ぎたりするようになる症状のことを摂食障害といいます。両方ともに問題がある病気として日本でも考えられており、すぐに治療をする必要があります。

摂食障害とは

摂食障害は食べることに対してなんらかの健康的な問題が引き起こされる人たちのことをさします。例えば過度にダイエットをして食べないようになったら、ダイエットを終えた後でも食べられなくなるような場合があります。いわゆる拒食症というもので、これは摂食障害の一種です。それとは逆に食べ過ぎてしまう過食症も同じ分類とされています。

摂食障害になる原因は様々ありますが大きなものではストレスが考えられます。拒食症にしても過食症にしても、大きな人間関係のストレスや仕事上のストレスを抱えることによって起こされることがあります。またダイエットのやり方を間違えるということも原因です。

・間違ったダイエットで…
糖質制限のしすぎにご注意!脳が委縮して摂食障害を起こすことも!

多くの摂食障害を抱える患者は精神性疾患を持っていると言われています。統合失調症であるとか強迫性障害であるとか、そういったものが表面に現れるとこういった症状が出てくるとされています。

摂食障害を治すには

精神性疾患を患っているということを考えると、治療をする時にはまずはその病気の治療が必要です。多くの場合は精神科や心療内科に通うことによって、カウンセリングを受けるというのが有効だとされています。信頼できるカウンセラーに話しをすることで症状が緩和されます。

・摂食障害を克服するために
死と隣り合わせの摂食障害!きっかけは家庭に?克服するカギは
摂食障害を克服するために、まずしなければならない事とは?

また場合によっては薬物療法も用いられることもありますが、これは医師の判断によって様々です。摂食障害は健康に大きな影響を与えますから、症状が出てきたらすぐに対応した方がいいでしょう。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る