TOP > > 不調多発No.1の時期は冬から春!季節の変わり目の体調ケア冬編

不調多発No.1の時期は冬から春!季節の変わり目の体調ケア冬編

一年の内で最も激しい変動の時期が、寒い冬から暖かくなり始める春の始めの移行時です。寒い時期には、身を守るように服を重ねていくのと同じで、身体も保温を始めます。そして、まだまだ寒い2月あたりから、身体はもう春の準備として変化し始めます。

そんな変動の激しい時期は、身体の不調と同時に心の不調も出やすい時です。季節の変わり目「冬編」は、心と身体のケア方法です。

真冬の身体は力んでいる

寒い冬になると、外気の冷たさを避けるように首や肩を縮めて、身をすくめるようにしますよね?それは、外気の冷たさから身体の熱を奪われないようにする防御本能の一つです。その力みが毎日積み重ねっていくと、身体はこわばったまま固まってしまいます。

季節によって順応する力を持っている身体

季節によって自然や気温が変化するように、人間の身体も季節ごとに順応する力を持っています。もともと持っているその力をスムーズに発揮できれば不調は起こらないのですが、便利な世の中に暮らしていれば、その便利さゆえに季節感のない生活ができてしまいます。

日々の忙しさなども重なって、身体は季節に対応する力を弱めてしまうのです。そんな時、不調が起こるのです。

冬は身体が引き締まる時期

東洋医学や整体の考え方、またヨガの身体調整法の観点から季節の体を見ていくと、冬は、身体が引き締まる時期です。身体を引き締めて、身体の中の熱をできるだけ外に放熱するのを防いでいます。

冷えは体内の気の流れを悪くさせる

東洋医学では、身体の中の「気」の流れを重視します。「気」の流れとは、森羅万象、全てのものを動かす原動力になるものです。気が流れているからこそ、全てのものを生かし、動かしていくという考え方です。

冬の準備「保温」の為、身体は引き締まりますが、身体の歪みがあったり、不規則な生活などを繰り返していると、身体が季節の変化に対応できなくなります。すると体内の気の流れが悪くなり、上半身は火照ってのぼせたようになるのに、お腹から下半身は冷えてしまうという不調が起こりやすくなります。

特にお腹周りの冷えは、骨盤の動きを鈍くさせ、腰痛の原因になります。また、下半身が慢性的に冷えたまま温まらず、足が冷えて眠れないなどの不調も起こします。お腹周りは気を充満させて溜めておく場所。身体だけでなく精神的活力も腹の力から生まれます。一年を通して、お腹は冷やしてはいけない部分なのです。

冬季うつに注意しよう

冬季うつとは、季節の変化による「季節性感情障害」の一つです。うつといっても、季節が変わり暖かくなる頃には、自然と回復する一時的なものの事をいいます。

症状には、次のようなものがあげられます。

  • 眠気が1日中とれずに頭が重い。
  • 過食気味になり、食欲がコントロールできにくい。
  • 全てにおいてやる気が起きない。

原因は日照時間が関係していると考えられています。日照時間が短く、日光に当たる時間が少なくなると、脳内神経伝達物質であるセロトニンが減少し、気分が落ち込みやすくなります。うつ病を患っている方は、このセロトニンの分泌量が極度に少ないのです。

しかしうつ病との違いは、季節性の一時的なものである為、真面目で几帳面、責任感の強さや、悩みを抱え込む性格は、関係がないという事です。

日光に当たる時間をなるべく取る事

冬季うつの症状は一時的なもので、暖かくなる3月あたりになると自然と回復していくのが特徴です。冬季うつにならないためには、日光に当たる時間をできるだけ増やしましょう。日光を浴びることによって、セロトニンが分泌されやすくなるのです。そして、規則正しい生活をいつもより気をつける事が大切です。

寒い冬のケア、気をつけるべき所はココ!

  • お腹周りを冷やさないようにする。
  • 骨盤の動きを整え、下半身の冷えを予防する。
  • 日光に当たる時間を増やし、セロトニンを増やす。

寒い冬にお勧めのヨガ呼吸法

冬の寒い時期にお勧めの、身体を温めエネルギーを湧かせるヨガの呼吸法です。

バストリカー(ふいご呼吸法)

別名、火の呼吸法とも言われるエネルギッシュな呼吸法です。お腹を力強く、リズミカルに膨らましたり凹ませたりして、肺に空気を沢山取り入れます。めまいが定期的にある方や、心臓の弱い方は避けてください。 リズムが大切なので、一通りやり方を読んでイメージを掴みましょう。読みながらはできません。

1.呼吸を整えておきましょう。
2.力強く一気に息を吸い込みます。すぐに力強く吐き出します。
3.息を吐くたびに、しっかりとお腹を凹ませます。吐ききれば自然と息が入るので、吐く息に集中します。
4.息を吐き出す時に、鼻から「フン!フン!」というような音が出るほど強めの呼吸です。
5.20~30回繰り返します。
6.終わったら、深くゆっくり息をめいっぱい吸い込んで息を止めます。(5秒ほどから始めて、慣れてきたら20秒ほど。)この時力まないようにしましょう。
7.力を抜いて呼吸を整えます。

【注意点】
・一気に体内の空気交換を行う呼吸法です。慣れない間は酸欠になる場合があるので、決して無理をしないようにしましょう。
・できる範囲から行います。慣れてきたら、スピードを上げてチャレンジしてみましょう。呼吸法を行っている間は、身体をリラックスさせ、力まないようにして下さい。

冬の後半はすでに春の体に

まだまだ寒く、気温が低い2月あたり。しかし暦は春。身体は早くも春の身体へ移行し始めます。一年の中で最も変動が激しく、身体に負担のかかる時期です。身体がリセットされ新しい季節へ向かいます。

この時期の身体は捻じれ歪みに注意

寒い冬を過ごす為に縮めた身体が、力みを弱めて厚い重ね着を脱ぎ捨てるように、伸び伸びと春に向けて開き始めます。そのリセット作業が上手くできないと、体が捻じれやすくなります。アンバランスな身体のコリや歪みが邪魔をするのです。

身体の歪みは全身のバランスを崩し、気の流れや老廃物の排出機能を妨げ、冷えや浮腫を引き起こします。また、免疫力を弱め、軽い風邪が治らずぐずぐず引きずったりと、うっとうしい体調が続きます。

冬は身体を温める根菜を積極的に取ろう

土の中に潜ってエネルギーを蓄え育つ根菜には、身体を温めてくれる作用があります。冬は積極的に根菜を取って、冷え予防をしましょう。ただ、根菜にも身体を冷やしたり、熱を取ったりする作用がある野菜もあるので、ここで、積極的に食べて欲しい根菜をあげてみます。

生姜

生姜は寒気を取り除き、消化器の機能を高めてくれます。冬はお腹を冷やさないように注意して欲しいので、生姜は特にお勧めです。風邪をひいた時、生姜茶や生姜湯などを飲むのも、生姜の寒気を取る作用と、解毒の効果があるからなのですね。

カブ

カブも消化を促進し、温めてくれます。冷え予防に、生姜とともにカブも積極的に取ってみましょう。煮物などにすると柔らかくて、とても美味しいですよね!他にも、かぼちゃ、玉ねぎ、にんにくなども身体を温めてくれます。冬は根菜料理の宝庫ですね。

冬の後半、気をつけるべきポイントはココ!

  • 引き続きお腹を冷やさないようにする生活を。根菜料理を積極的に取りながら、消化器系の働きを弱らせないようにしましょう。
  • 冬季うつ予防として規則正しい生活をいつもより心がけ、日光を沢山浴びるようにしましょう。

骨盤を緩めて、骨盤の動きをスムーズにするヨガポーズ

仰向けの合蹠(がっせき)のポーズ

1.仰向けに寝ます。
2.両膝を曲げて左右に倒し、両足の裏をくっつけます。踵はなるべくお尻に近づけます。
3.息を吸いながら膝を床に押し付けるようにし、腰を軽く反らせます。同時に両腕を頭の上へ伸ばし下ろし、気持ちの良い程度に全身で伸びをします。
4.息を吐きながら腰と膝の力を緩め、腕を下ろします。
5.10回程度ゆっくりと繰り返します。

消化器系の働きを活発にするお勧めのヨガポーズ

弓のポーズ

体を弓のように反らせ、お腹を圧迫し、呼吸によってマッサージします。

1.うつぶせに寝て、両足を伸ばしておきます。
2.呼吸を整えて余分な力を抜きます。
3.両膝を曲げ、両腕で両足の足首を掴みます。
4.息を吸いながら、両足を持ち上げ、続いて胸を持ち上げます。
5.体を弓のようにしならせた状態で5呼吸キープ。
6.息を吐きながらゆっくり胸と両足を下ろします。

いかがでしたか?冬は寒く体を縮める前半と、少しずつ春に向けて身体が開いて移行していく後半の二つに分かれ、体を変化させなければなりません。不調が最も起こりやすい時期でもありますので、日々のケアを丁寧にしていきましょう。

季節の変わり目「冬編」まとめ

  • 冬を通して、身体を温める根菜を積極的に食べる。
  • 消化器系の働きを活発にさせて、お腹を冷やさない生活を。
  • 冬季うつ予防として、日光を沢山浴びる生活をする。
キャラクター紹介
ページ上部に戻る