TOP > > 東洋医学の不思議!体の不調を的確に静める最適の方法!

東洋医学の不思議!体の不調を的確に静める最適の方法!

体をトータルで見る東洋医学、パーツで見る西洋医学

現在、日本の医療の中心にいるのは、西洋医学です。どこの病院に行っても、整形外科とか内科だとか、西洋医学にもとづいた科が多く並んでいます。

そもそも、なぜこんなにも西洋医学ばかりになっているのかというと、江戸時代から明治に変わったときに、医療システムが再編成されて、東洋医学的なものは、法体系に組みこまれなかった、という経緯があります。

さて、そんな悲しい運命にあった東洋医学ですが、現在でも、実践する人は少なくありません。鍼灸師や整体師(正式にいうと柔道整復師)などが、東洋医学の精神・技術を受け継いで、患者さんへの治療を施しています。絶滅してしまったわけではありません。ちゃんと探せば、意外と近場にあるということがわかるでしょう。

東洋医学と西洋医学のもっとも大きな違いを、きちんと答えることができるでしょうか?西洋医学は、体をパーツごとに診ていきます。

胃なら胃、心臓なら心臓と、専門分野に細分化されて、受け持ちの科ごとに患者さんが振り分けられています。悪いところを治せば、体全体がよくなっていく、というのが、西洋医学の特徴です。

それに対して、東洋医学は、体を全体で一つ、トータルで診断していきます。気の流れ、血液の巡りに異常がないか、触診・脈診など、実際に患者さんの体に触れて、診断していきます。西洋医学でも体に触れますが、東洋医学の方が、多岐にわたって、細かく診察していくのが特徴です。

東洋医学特有の考え方、「気・血・水」

東洋医学には、西洋医学にはない考え方、体の捉え方がいくつかあります。たとえば、「気」という概念があります。気とは、宇宙全体を形づくっている、大いなるものです。

少し宗教チックにはなりますが、すべてのものは気を元にできていて、それが滞ったり、乱れたりすると、病気にもなる、というイメージです。

よく、「病は気から」といいますが、病気という言葉は、まさにそういうふうに漢字を当てられています。すべての源になっているからこそ、そこがピシッと定まっていないと、ささいなことで調子を崩すことにもなります。

「血」とは、血液のことを指します。血液は、私たちが食べたもの、飲んだものが、清気という清らかなエネルギーと一緒になり、心の働きが混ざることで、生成される、と東洋医学では考えられています。

症状を表す言葉も西洋のものとは少し違っていて、たとえば、血の巡りが悪くなったり、足りなくなったりした場合を、「血虚(けっきょ)」と呼び、栄養が足りないことや、ケガや事故などの大量出血が原因と考えられます。

また、「水」とは、ちょっとわかりにくい概念かもしれません。水は、体の中の血液を除いたすべての水分のことを指します。細胞内や間に含まれている細胞質、リンパ液、脳を保護している水室などが、それに当たります。

水が少なくなると、文字どおり水分が少なくなるわけですから、肌のハリツヤがなくなったり、水分の排出をコントロールする腎に悪影響を与えたりします。

気・血・水は、どれが欠けても体は成り立ちません。すべてのバランスがよくないと、健康的な体は維持することができないのです。

五臓六腑と感情は関係している?

五臓六腑という言葉を聞いたことがありますか?人間の内臓を表す言葉なのですが、塊みたいになっているのが「臓」で、管のような形をしているのが「腑」です。

肝・心・肺・腎・脾が五臓で、胃・胆・小腸・大腸・膀胱・三焦を六腑といいます。二つのカテゴリーは互いに関係していて、季節とも関連を持っています。たとえば、春の季節は肝・胆が弱りやすい季節です。解毒を司る二器官が弱まるので、アレルギー症状が出やすくなったり、疲れやすくなったりします。

また、五臓六腑は感情とも密接なつながりを持っています。先ほどの、病気は気から、ではないですが、内臓が弱ると、それに対応する感情が出始めたり、たちどころにどこが悪くなっているのかがわかるほど、「気」と内臓はリンクしています。

たとえば、肺はただ酸素を入れ替えるだけでなく、「気」も入れ変えています。つまり、肺が弱って風邪などにかかったりすると、なんだか気も滅入ってきたり、だるくなったりしますよね。それは、風邪の症状だけでなく、肺が弱ったことで、気がうまく循環しなくなってしまったからなのです。

健康管理には日々気をつけて、美しく、精神的にも豊かな生活を送っていきましょう。がんばってください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る