TOP > 脂質異常症

脂質異常症を知る

現代病とも言える、昔の日本では考えられなかったような病気が昨今増えています。その一つが脂質異常症かとおもいます。

脂質異常症と言う名前の通り、これ自体は病気でもなんでもないのですが、脂質異常症を放置しておくと取り返しの付かない病気になりかねません。

脂質異常症とはなにか

そこで脂質異常症とはなにかという話になりますが、いわゆる脂質である油が血管の中の血液に多く混じっていくことです。

よく中性脂肪が高いとかコレステロールの値が高かったという話をしている人がいますが、そういう人たちは総称して脂質異常症ということになります。

・遺伝との関係と対策
脂質異常症の原因は遺伝だけではなかった!症状の改善法とは?

これ自体は何ら体の変化はありませんし、体調も良好な人たちばかりです。しかし脂質異常症になってしまうと大きな病気になりかねないのです。

血液中の脂肪分が固まって溜まっていくと、血管を塞いでしまうことがあります。血管が塞がる場所によっては脳梗塞や心筋梗塞を起こしてしまうのです。

つまりメタボリックシンドロームと同じように、通常は問題がないけれどもその後に大きな病気に繋がりやすい状況なのです。だから大きな病気を予防するためにも脂質異常症は解消しなければなりません。

脂質異常症を防ぐために

脂質異常症を防ぐためにはやはり食事が欠かせません。

油っぽい食事や肉ばかりを食べているようであれば、多くの脂肪分を摂取することになり、脂質を貯めこんでしまうでしょう。できるだけあっさりしたもの、油を控えたものなどを食べることで予防可能です。

運動も大事ではありますが、まずは食事の内容から見なおしたほうがいいでしょう。

・食べ物で改善
中性脂肪を減らすために毎日飲むとよい身近な飲み物とは?
脂質異常症を改善するために食べてはいけない5つの食品

近年日本人も欧米食が当たり前になりましたが、欧米食は油分も多いので、脂質異常症に気をつけて食事をすることが肝要です。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る