TOP > > 舌苔が多いと味覚障害の原因に!見落としがちな舌ケアの重要性

舌苔が多いと味覚障害の原因に!見落としがちな舌ケアの重要性

shutterstock_185019674

歯磨きは多くの人が毎日の習慣にしていると思いますが、同じ口の中でも舌のチェックや管理はあまりしていないという人が多いようです。

食べたり飲んだりした時、舌も汚れているのです。

今回はその汚れにどんな害があるのか、汚れの正しいケア方法はどんなものかを紹介します。歯だけでなく舌もきれいにして、お口トラブルゼロを目指しましょう!

舌の汚れ「舌垢」ってどんなもの?

まず今の自分の舌の状態を鏡で見てみましょう。確認しやすくするために、食後歯磨きをしてからの方がわかりやすいと思います。

この時白っぽく見えたり、黄色い垢のような物がついていたらそれが舌垢です。

舌の表面にはたくさんの突起物があります。普段はあまり意識していませんが、よく見ると細かい粒のように見える舌乳頭という組織があります。

歯と歯の間に食べカスが付着するのと同じように、舌乳頭の隙間にも食べカスが入り込みます。歯をきちんと磨けば食べカスは取り除けますが、舌まではチェックしないので舌垢はそのまま残ります。

垢と言っていますが、実際には食べカスの他に口の中の粘膜が剥がれ落ちた物(タンパク質系の汚れ)等も含まれます。

舌垢は舌に付着する物なのでこれが原因で虫歯になる事はないものの、ずっと口の中にある以上雑菌も繁殖し食べカスも腐敗するので口臭の原因になります。

舌には味蕾という味を認識する部分がありますが、舌苔がたまりすぎると味蕾を覆い味を感じにくくしてしまい、これが舌苔が味覚障害の原因になります。

舌苔がたまりやすい人

舌苔は歯磨きのついでに歯ブラシで軽く舌を撫でるようにするだけでも除去出来ます。

舌苔は毎日のケアで予防できますが、つきやすい人にはいくつかの特徴もあるので覚えておき、当てはまる人は注意しましょう。

  • タバコを吸う人
  • コーヒーをよく飲み必ずミルクを入れる人
  • 高齢者
  • 口呼吸をする人
  • 朝食を食べない人

タバコのヤニ、コーヒーなどカフェインの多い飲み物の渋、ミルクに含まれるタンパク質は、舌乳頭の間に付着しやすいので舌苔もたまりやすくなります。

口呼吸をする人は常に口の中が乾燥しますし、高齢者になるほど唾液の分泌量が減るので口の中が乾いた状態です。

唾液には口の中を清潔に保ち、余分な食べカスなどを洗い流す役目もあるので、これが不足すると舌苔もたまりやすくなります。

寝ている間はどうしても口の中が乾くので、普通の人でも舌苔が見られる事があります。しかしこれは誰にでも起こる事で、うがいや食事をすれば解消されます。

朝食を食べない人は寝ている間にたまった舌苔があるのに食事もしないので、舌苔もそのままの状態です。

食事は食べずにコーヒーだけで済ませる人は、余計に舌苔がたまりやすくなってしまうのです。

こうした生活習慣によっては舌苔が分厚くなり、味覚障害を引き起こしてしまうかもしれないのです。

舌苔は百害あって一利なし!

口臭も人に不快な思いをさせますし、口の中も不衛生なので自分自身にも良くありません。

舌苔のせいで味覚障害が起きている場合、普通の味付けでも薄味に感じるので、調味料を余計に使ってしまいます。塩分や糖分の取りすぎは体にも良くないので、舌苔はしっかりケアすべきです。

舌の正しいケア方法

舌苔は健康な人でも付着します。しかしきちんと食事を摂り、唾液の分泌も正常ならあまり神経質になる必要はありません。舌苔が付着しやすい人は、付きやすく落ちにくいので注意は必要です。

舌苔のケアは歯磨きのついでに、歯ブラシの毛先で軽く舌をなでる程度でOKです。1日1回で十分なのでやりすぎないようにしてください。

例えば毎食後歯を磨く人が、その度に舌も磨いてしまうと磨き過ぎとなり、逆に舌苔を溜め込むようになります。

歯ブラシでは刺激が心配という人は、舌専用の柔らかいブラシでもいいですし、清潔なガーゼで軽く舌を撫でるだけでもOKです。

舌磨きをすると歯ブラシの毛先やガーゼに取れた舌苔が付着します。特にタバコのヤニやコーヒーの渋が付いている場合は舌苔も黄色くなり口臭の元になります。

それが舌にびっしりこびり付いていたという事ですから、自分の舌がどのような状態になっていたのか目で確認する事も大切です。

舌磨きをすれば舌垢は除去できますので、舌垢が原因だった口臭と味覚障害は改善されます。

実際に今まで舌磨きをしていなかった人が、1日1回の舌磨きをするようになった事で、今までとは味の感じ方が変わったと実感できるといいます。

舌磨きのコツ

舌磨きに慣れていない人は、舌磨きの度にオエっと吐きそうになる事があります。舌を綺麗にしようと力を入れてしまうと、吐き気をおこしやすいので力は入れないでください。

鼻で呼吸しながら、力を入れず優しく撫でるようにすれば吐き気も防げますので、呼吸とタイミングを加減しながら自分なりのやり方を見つけてください。

食事しながら舌磨き

食事の内容によっては、食事しながら舌苔の付着を防ぐ事もできます。舌苔がたまりやすい人はぜひ試してみてください。

舌苔はタンパク質系の汚れなので、酵素を含む物を食べればタンパク質を分解するのである程度は舌苔の付着も防げます。

酵素を含む食材といえば新鮮な野菜や果物ですが、中でもパイナップル、パパイヤ、キウイにはタンパク質を分解する酵素が豊富に含まれていますのでぜひ取り入れましょう。

果物なのでそのまま食べられますし、食物繊維やビタミンは体の中も綺麗にしてくれます。

口臭が気になっていた人、口の中がなんとなく気持ち悪いと感じていた人は是非自分の舌をチェックしてみてくださいね。1日1回の舌のケアで、きれいでさわやかな生活がおくれるかもしれません。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る