TOP > > 夜中に突然の頭痛!自律神経の乱れを解消して安眠を手に入れよう

夜中に突然の頭痛!自律神経の乱れを解消して安眠を手に入れよう

子どもの頃に悩むアレルギーと言えば、アトピーの症状だったり、食べ物のアレルギーを想像しますが、最近では子どもの頃にまったくアレルギー症状が発症しなかったにも関わらず、大人になり突然アレルギーを発症してしまうケースが増えているのです。

これには様々な理由が想定されるので、必ずしも当てはまるわけではありませんが、過度なストレスによるアレルギー反応も多く存在します。ということで、大人のストレスによるアレルギー反応の症状と改善法をご紹介します。

なぜ大人になってアレルギー?

幼少期に様々なアレルギーで悩み、美味しい食材を食べることができない人はいますが、大人になってからのアレルギーはあまり聞いたことがないと思います。しかしながら、大人になって初めて発症するようなアレルギー症状もあるのです。

ではなぜ、大人になって突然アレルギーを発症するのでしょうか?様々な理由が挙げられますが、日常生活におけるストレスもアレルギー症状の要因となっているのです。

大人がアレルギーを発症する原因

子どもが発症するアレルギーは度合いの差こそありますが、治療することによって完治することも多々あります。しかしながら、同じ症状でも大人の場合、治癒に時間がかかったり、治癒自体が難しいことがあります。

また、大人になって初めてアレルギー反応が発症する人の特徴として、子どもの頃問題なかったような食べ物のアレルギーが、臨界点を超えることによって、突然発症してしまうということもあるのです。

また、先ほどから挙げているストレスに代表される心理的要因によるアレルギー反応があります。この心理的要因におけるアレルギー反応は、特に夜間のリラックスした状態に症状を発症する場合、自律神経の乱れが関係していると考えられます。

夜の寝る前の時間帯というのは、自律神経における「交感神経」と「副交感神経」が入れ替わるタイミングになるため、バランスが崩れると、突然の頭痛に襲われたり、身体にかゆみなどが生じることがあります。

ストレスとの付き合い方

では、この自律神経のバランスの崩れから引き起こされる、突然の頭痛や、身体のかゆみはどのように解消すればよいのでしょうか?ポイントは、自律神経における「副交感神経」の働きを活発にさせることなのです。では、副交感神経の働きを活性化させるいくつかの行動を見ていきましょう。

・旬で新鮮な食材を取り入れる:自律神経のバランスを整えるに当たり、重要なポイントとして旬で新鮮な食材を取り入れる事が挙げられます。これにより自然のエネルギーを自身のエネルギー源とする事ができます。
・素で話ができる友人・恋人・家族を持つ:日常生活は仕事や家庭と何かとストレスの溜まるコミュニケーションが多くなります。そんな時は、自分自身をさらけ出せるような話相手を作っておくだけで、気分も楽になります。笑顔も忘れずに!
・自分自身に向き合う時間を作る:仕事や目の前の業務に追われアッという間に終わってしまう1日だからこそ、あえて時間を作り、自分自身と対話する時間を持ちましょう。お風呂に入りながら瞑想や将来の事を考えることも効果的です。
・アロマを楽しむ:嗅覚からのリラックス効果もかなり期待できるため、お風呂などのリラックスした状態で、電気を消し、アロマキャンドルでゆっくりした時間を過ごすのも効果的です。
・頭皮刺激:両手の指の腹で、頭を軽くトントンと叩きながら刺激を与えることで、自律神経の活性化に繋がります。

ということで、自律神経における副交感神経の活性化法をご紹介してきましたが、自分自身にマッチした方法を取り入れ、自律神経の乱れを取り除き、リラックスした状態で眠れるよう、普段から心がけて生活していきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る