TOP > > 梅雨は自律神経が乱れる!気圧で起こる体調不良、頭痛解消法

梅雨は自律神経が乱れる!気圧で起こる体調不良、頭痛解消法

傘を差した女性

梅雨になると、なんとなく調子の悪い日が出てきますよね。だたでさえジメジメしてうとおしいのに体調までスッキリしないと憂うつになってしまいます。

体調が不安定になりがちな梅雨をスッキリ過ごすにはどうすれば良いのでしょう。梅雨に体調不良が起こりやすい理由とその対策法について紹介していきます。

梅雨に起こりやすい体調不良の症状とその原因は?

6月頃に、次のような症状が一時的に表れる場合は、梅雨の影響を受けて心身の不調を引き起こしている可能性があります。

体の不調 心の不調
  • だるい・体が重い
  • 吐き気
  • 肩こり
  • 頭痛
  • めまい・耳鳴り
  • 下痢・便秘
  • 食欲不振
  • むくみ
  • 寝付けない・朝起きられない
  • 関節痛・神経痛
  • やる気が出ない
  • ダラダラ過ごしがち
  • 集中力や思考力が低下する
  • 人に会うのがおっくうになる
  • 楽しい気分になれない
  • 不安や焦りを感じることが増える
  • イライラしやすくなる
  • 特に午前中の気分が乗りにくい
  • 性欲が減退する

そのほか、人によっては古傷の痛みがぶり返したり、アレルギー症状が悪化したりすることもあります。なぜ梅雨にはこのような不調が起こりやすいのでしょうか。

梅雨に不調が起こりやすくなる理由

梅雨時には、気象や時期的な要素が複雑に絡み合って心身にさまざまな影響が出てきます。

梅雨時に不調が起こる主な原因は以下の2つです。

  • 梅雨前線の停滞による「季節病」
  • 気圧の変化による「気象病」

季節病は季節それぞれの気圧や気温によって起こる不調であり、年中起こり得るものです。比べて気象病は気圧の変化によって人体へ影響がでているものなので、梅雨などの気圧が大きく変化する時期に多く起こります。

季節病と気象病の違いを説明するイラスト

そのほか、人によっては梅雨の気候がもたらす日照不足、梅雨冷え、ハウスダストの増加、環境の変化で起こる6月病が重なって心身の不調が起こりやすくなることもあります。

だるい、体が重い…は梅雨前線の停滞による季節病

梅雨時に起こる体調不良のほとんどは、梅雨前線の停滞による「季節病」によるものと考えて良いでしょう。

季節病とは、その季節特有の気圧・気温・湿度が体に影響してもたらす不調のこと。特に梅雨前線が停滞する6月は、一年の中でも体調が不安定になりがちな時期です。

梅雨前線は、上空でオホーツク海気団の冷たい空気と小笠原気団の温かい空気がぶつかり合って生じる気象配置です。北海道を除く日本列島に沿って東西に停滞するのが特徴。

梅雨前線の付近には低気圧が発生しやすく、その影響で雨の日が増えます。私達の体は気圧によって自律神経のバランスが変化しており、高気圧の時には交感神経のほうが優位に、低気圧の時には副交感神経のほうが優位にはたらくようにできています。

交感神経=活発モード、副交感神経=リラックスモードといった感じで、自律神経は2つの異なるモードをうまく切り替えながら体の調子を保とうとはたらいているのですが、どちらかが優位に働き過ぎてしまうと体調が乱れやすくなってしまうのです。

高気圧の時は、交感神経が優位にはたらくことで脳や筋肉のはたらきが活発になるため、晴れの日は体調がスッキリしていると感じることが多くなります。

低気圧の時は、副交感神経が優位にはたらくことで脳や筋肉はリラックスした状態になるのですが、同時に血圧が下がって細胞へ行き渡る酸素の量が減少するため、自然と全身の機能も低下しがちになってしまいます。

梅雨時にだるい、やる気が出ない、動くのがおっくう…と感じることが増える人は、副交感神経が優位にはたらき過ぎているのだと考えて良いでしょう。

また雨の日に頭痛・神経痛・関節痛が起こったり古傷が痛みだすようになったりするのも副交感神経の影響です。副交感神経が優位にはたらくと発痛物質のプロスタグランジンが分泌されやすくなるため、体に痛みが出るようになるのです。

梅雨時の季節病を予防するには

梅雨時はだるさに任せてだらだら過ごしていると、自律神経のバランスが不安定になって調子が悪くなってしまいます。規則正しい生活を心がけ、自律神経の安定を心がけましょう。

自律神経のバランスを整えるには入浴がおすすめです!

朝から気分がスッキリしない時は、熱めのシャワーを浴びると交感神経が活性化して「活発モード」に、夕方以降はぬるめの湯船にゆっくり浸かると副交感神経が活性化して「リラックスモード」に切り替わり、体のリズムが整います。

また、関節痛や神経痛のある人はゆっくり湯船に浸かることで痛みがやわらぐ効果も得られます。1日の疲れを解きほぐし、寝苦しい梅雨も気持ち良く眠れるでしょう。

食事では甘い物、塩分や油分が多い物を食べ過ぎないようにしてください。喉が渇いて水分の摂取量が多くなり、体がむくんだりだるくなったりしてしまいます。

雨の日は晴れの日より調子が悪い、と感じるのは、低気圧の影響だったのです。一般には女性のほうが副交感神経が優位にはたらきやすいため、梅雨時の体調不良が起こりやすくなっています。

自律神経を整える入浴方法で不調を吹き飛ばしましょう。

気圧の変化が大きい梅雨に起こりやすい「気象病」

季節病と似て非なるのが、気圧の変化がもたらす「気象病」です。梅雨は気圧が大きく変化しやすいため、季節病だけでなく気象病まで起こりやすくなります。

気圧が大きく変化する時には、気圧に対応しようとする体に大きな負担がかかるため、自律神経のバランスが不安定になってさまざまな不調が出やすくなってしまうのです。

特に気象病は高気圧から低気圧に変化する時に起こりやすいことが分かっており、雨が降る前、台風が来る前になると、古傷が痛んだり血圧が上昇したり、自律神経失調症の症状が出たりしやすくなります。

梅雨時の気象病を予防するには

梅雨時の気象病を予防するには、気圧の変化に合わせて体調を整えるのがおすすめです。

梅雨時は規則正しい生活を心がけて自律神経のバランスを整えておきましょう。

また、天気予報をチェックして低気圧が近づいていると分かったら、いつもよりも早く就寝したりアルコールや煙草などの刺激物を控えたりして、体の免疫力を高めておくと気圧の変化による影響を抑えることができます。

気象病は梅雨だけでなく、一年を通して起こります。気象病の詳しいメカニズムについては以下の記事も参考にしてみてください。
天気や気圧の変化で起こる頭痛…気象病を予防改善する5方法

雨の日続きが起こす季節性うつ病、季節性情動障害に注意

梅雨時には雨の日が増えて日照時間が減ってしまいます。そして日照不足は私達の体のリズムにも影響を及ぼします。

太陽光を浴びる時間が不足すると、体内リズムを司るメラトニンや精神を安定させるセロトニンの分泌量が減り、一時的にうつ状態や睡眠障害に陥りやすくなるのです。

日照時間の少ない季節に起こるうつ状態は「季節性うつ病」または「季節性情動障害」と呼ばれています。

セロトニン不足で抑うつ症状が出やすくなるほか、低気圧の影響で副交感神経が優位にはたらき、さらにだるさや体の重さが手伝って出かけたり人に会ったりするのが面倒くさくなりがち。ますます気分がふさぎこんでしまう悪循環に陥ってしまいます。

季節性うつ病を予防するには

通常のうつ病と異なるのは、太陽光を浴びることで予防することでき、季節が変わると自然と解消される点です。

梅雨の間は、晴れた日になるべく外出して太陽光を浴びるようにしましょう。メラトニンは朝日を浴びることで分泌が促進されるので、早起きして朝日を浴びるようにしてください。

また雨で外出できない時が多くなりますが、室内は気分が明るくなるようなインテリアに替えたり、せめて照明を明るくつけたりして、なるべく爽やかな気持ちで過ごせるように工夫するのもおすすめです。

セロトニンは一定のリズム運動を15分以上繰り返すことで分泌されるので、晴れの日にはウォーキングをしたり、雨の日には室内でテレビを見ながらその場で足踏みを繰り返すのも効果的です。

ちなみに季節性うつ病は冬に起こりやすい現象なのですが、日照時間が減少する梅雨や秋雨の時期にもみられます。特に女性に多い現象です。

梅雨は意外と肌寒い?梅雨冷えにご注意

梅雨は高温多湿というイメージもありますが、雨が降ると大気の温度が下がるため、雨の日は日中の気温が上がらず肌寒く感じる「梅雨冷え」が起こりやすくなります。

さらに気圧の変化が不安定なので、真夏日が来たかと思えば再び気温ががくんと下がったりして、体調も崩しやすくなります。

梅雨冷えで起こる体調不良を予防するには

気温の変化に合わせて衣服を脱ぎ着し、体を冷やさないようにします。気温が5℃下がったら衣服を1枚プラスするのが目安です。外出先には、携帯しやすい薄手の上着を持参しましょう。

エアコンを使う環境では特に体が冷えやすくなるので、梅雨でも長袖のはおり物やブランケットを用意しておくことをおすすめします。

そろそろ冷たい飲み物がおいしい時期になりますが、内臓を冷やすと自律神経のバランスが不安定になるので、冷たい飲み物の飲み過ぎにも注意しましょう。

またこの時期は気温が30℃以下でも、湿度が高くて皮膚表面から汗が蒸発しにくいため、体に熱がこもって熱中症になりやすいので、涼しくても熱中症対策のことを頭に入れておきましょう。

アレルギーの人は高温多湿で増えるダニ・カビに注意

梅雨から初秋にかけては高温多湿な気候となり、一年で最もダニやカビが繁殖する時期となります。ダニやカビといったハウスダストのアレルギーを持っている人は、梅雨に症状が悪化しやすくなるので、注意が必要です。

こまめに掃除をしたり換気をしたりして、ダニ・カビの繁殖を抑えましょう。

ダニとカビは湿度50%以上で活発に活動し始めるので、室内の湿度を40~60%くらいに保つのが理想です。扇風機やサーキュレーターで風を送って室内の湿気を逃しましょう。除湿器の利用も効果的です。

またエアコンの内部にカビが生えやすいので、エアコンを利用し始める前には内部を清掃したり窓を開けて試運転をしたりして、カビの飛散を防ぎましょう。

環境の変化で起こりやすい6月病にも注意

「6月病」とは、皆さんもよくご存知の「5月病」に似た、6月特有の不調のことです。5月病・6月病は医学的用語ではなく、その症状は環境の変化についていけない時に起こりやすい「適応障害」に該当しているといわれています。

5月病は、入学・就職などで環境が変わり4月の間は新生活に夢中になっていた人が、5月に入り環境に少し慣れてくると、ストレスや疲れがどっと出てきて心身の不調が起こるというもの。

近年は6月頃に、新生活に抱いていた理想と現実の厳しさにギャップを感じ始め、ストレスから環境に適応できなくなってくる人が増えているといわれます。

この時期に、頭痛や吐き気といった漠然とした不調に加え、次のような症状が2週間以上続く場合は、ストレスから6月病を起こしている可能性があります。

  • やる気が出ない
  • だるい、体が重い
  • 勉強や仕事の効率が下がった
  • 身だしなみに気を使わなくなってきた
  • それまで楽しいと思っていたことに興味がなくなってきた
  • 遅刻・欠席(欠勤)が増える
  • 通勤・通学の最中に体調が悪くなる

また精神的なストレスがかかると自律神経のバランスが不安定になるため、梅雨の気候の影響をより受けやすくなって季節病や気象病の症状も現れやすくなってしまいます。

6月病かなと思ったら

5月病・6月病をそのまま放置するとうつ病に進んでしまうおそれもあります。

梅雨時に体の不調だけでなく心の不調が目立つ場合には単なる梅雨時の不調と考えず、周囲の人に相談したり心療内科・精神科を受診したりして、6月病の原因となる問題を早めに解決することをおすすめします。

この時期に抑うつ症状の出ている人は心身に疲れが溜まっている状態なので、雨の日に無理をして出かけたり、週末に予定を詰め込んだりするのは良くありません。

無理にテンションを上げて6月病から脱出しようとするのは逆効果です。静かに休養する時間を設けましょう。

梅雨の良いところにも目を向けて前向きに過ごしましょう!

梅雨はジメジメして洗濯物も乾きにくい上に様々な理由で体調不良になりやすく、嫌な季節だなあと思っている方もいるのではないでしょうか。

こう考えてみてはどうでしょう。梅雨という季節はアジアにしかありません。梅雨特有の季節感が味わえる私達はレアな体験をしているのかもしれません。6月にはアジサイやホタルを鑑賞したり梅を漬けるといった風流な楽しみもあります。

梅雨は1か月ほどで終わるのだから…と前向きにとらえ、楽しく過ごしたいものですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る