TOP > > 実は4つのタイプがあった!自律神経失調症のタイプ別特徴と原因

実は4つのタイプがあった!自律神経失調症のタイプ別特徴と原因

自律神経失調症に悩まされる女性は、とっても多いと言われています。でも自律神経失調症には、4つのタイプがあるって、ご存知でしたか?実は、4つにタイプに分類する事が出来るんですよ。そこで今回は、自律神経失調症の4つのタイプと、それぞれの特徴についてご紹介していきます!

抗うつ型自律神経失調症について

まず1つ目のタイプは、抗うつ型自律神経失調症です。抗うつ型自律神経失調症は、軽い抗うつ病が潜んでいる可能性がある自律神経失調症です。無気力や不安感が強い人は、もしかしたら、抗うつ型自律神経失調症かもしれません。

では、どのような人が、抗うつ型自律神経失調症にかかりやすいのでしょうか?最も特徴的なのは、几帳面で生真面目な人です。妥協が出来ずストレスを溜めすぎてしまうと、抗うつ型自律神経失調症にかかるリスクが高くなります。ですから、あまりストレスを溜めないようにしましょう。

心身症型自律神経失調症について

続いて2つ目のタイプは、心身症型自律神経失調症です。自律神経失調症患者さんの約半数が、心身症型だと言われています。では、心身症型自律神経失調症は、どんな人が発症しやすいのでしょうか?

それは、ストレスを溜めこんだり、悩みを内に抱えこんだり、几帳面で完璧主義者の人です。こういった方々は、過度のストレスがかかり、自律神経が乱れてしまうのです。その為、心身症型自律神経失調症になりやすいと言われています。ですから、ストレスや悩みを溜めこまないようにしましょう!

神経症型自律神経失調症について

3つ目のタイプは、神経症型自律神経失調症です。神経症型の特徴は、不安感やイライラなど、精神面での症状が多く出る事です。では、どのような人が神経症型の自律神経失調症にかかりやすいのでしょうか?

それは、自分を追い込む人やストレスに弱い人です。また身体の不調に敏感な人も、神経症型を発症しやすいと言われています。ですから、ストレスに強くなったり、自分に対しておおらかになる事が大切です。

本能型自律神経失調症について

最後4つ目のタイプは、本能型自律神経失調症です。本能型は、生まれつき自律神経の乱れやすい人がかかります。その為、他のタイプと異なり心理的理由やストレスなどは、発症理由として挙げられません。ただ、血圧が低い人や、体力があまりないひとに多いタイプだと言われています。

このように、自律神経失調症には、抗うつ型、心身症型、神経症型、本能型の4タイプがあり、異なった特徴を有しています!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る