TOP > > 自律神経失調症だけじゃない!自律神経の乱れが原因となる4つの病気

自律神経失調症だけじゃない!自律神経の乱れが原因となる4つの病気

自律神経が乱れたことによる病気と言うと、自律神経失調症が真っ先に頭に浮かびます。でも、実は自律神経失調症だけじゃないのです。

今回は自律神経の乱れが引き起こす、4つの恐ろしい病気についてご紹介します。

自律神経の乱れでメニエール病!?

自律神経の乱れが原因でかかる病気には、メニエール病があります。メニエール病とは、めまい、難聴、耳鳴りと言った症状が現れる病気です。耳鼻科で治療を受ければ、比較的簡単に治りますので、心配する必要はありません。

ただ、治療が遅れてしまうと難聴になったり、耳鳴りが残る可能性もあります。ですから、めまいで天井がぐるぐる回るといった症状が出ている方は、早めに治療を受けた方がいいですよ。

自律神経の乱れで神経性胃炎!?

自律神経が乱れると、神経性胃炎を発症する事があります。神経性胃炎とは、ストレスが主な原因となる胃炎です。ストレスで自律神経が乱れ、胃炎になってしまうのです。神経性胃炎は、胃の痛み、胸やけ、気分の落ち込みなどの症状が出ます。

病院で治療を受けると、比較的簡単に治癒しますので過度の心配はいりませんが、ストレスを溜めない生活を心掛けるようにしてください。そうする事で、神経性胃炎の発症を予防する事が出来ます!

自律神経の乱れで過呼吸症候群!?

自律神経が乱れると、過呼吸症候群になる事があります。特に女性は、過呼吸で苦しんでいる人も多いと言われています。過呼吸症候群になると、呼吸が上手くできなくなり、手足のしびれやめまいなどの症状が出ます。

ビニール袋を利用して呼吸する事で、症状は治まりますが、本人はとっても苦しいです。過呼吸症候群は、過度のストレスが原因となって発症する事が多いですから、ストレスを溜めないようにしましょう。リラックスできる時間を設け、ストレスを上手く発散するすべを見つける事が大切です。

自律神経の乱れが原因で冷え性!?

自律神経が乱れると、冷え性の原因にもなります。「冷え性ぐらい大丈夫」と思っていませんか?でも冷え性になると、夜眠れなくなったり、免疫力が低下して病気にかかりやすくなったり、アレルギーになりやすくなったりと健康面で不安がいっぱいです。ですから、自律神経を整えて、冷え性にならないよう気を付けてください。

このように、自律神経の乱れからくる病気はたくさんあります。どれも、かかりたくないものばかりですよね。ですから、自律神経が乱れないよう、生活習慣を整えたりストレスを溜めないように心がけて生活していきましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る