TOP > > 自律神経失調症が招く様々な症状とは。予防と改善のアドバイス5点

自律神経失調症が招く様々な症状とは。予防と改善のアドバイス5点

夜ちゃんと寝たつもりでも、ゆっくり休んだつもりでも、なぜか疲れが取れなかったり、一日中体や頭がシャッキリしなくて思うように動けなかったり・・・。自律神経失調症になると様々な症状に悩まされます。自律神経失調症という名前でくくられてはいますが、一体どんな症状があるのでしょうか。

自律神経失調症が招く様々な症状

体の症状

  • 睡眠不足(熟睡できなくなる)
  • 疲労感
  • 食欲不振、吐き気、飲み込みにくさ
  • 目や口などの粘膜や、皮膚、頭皮などの乾燥
  • 下痢や便秘、頻尿や排尿困難など排泄の不快感
  • めまいや動悸、胸の苦しさ、息切れ
  • 手足のしびれ、ふらつきなど末端に感じる不安
  • 耳鳴りや、耳が塞がっているような不快感
  • 頭痛、肩こり、関節や筋肉のだるさ
  • 生理不順など、生理的な機能の障害
  • 冷えやほてり、多汗
  • 脱毛 など

心の症状

  • 理由もなく落ち込む
  • 外出する気力がなくなる
  • 身なりをかまわなくなる
  • 部屋の片付けや整理整頓ができなくなる
  • 不安がつきまとう
  • 人が言ったことやささいなことがいつまでも気になる
  • 趣味や興味を持てるものに感心がなくなる
  • 落ち着かない気持ちが続く
  • 死にたい気持ちになる

いわゆる一般的な病気と違うのは、体の症状と心の症状が奥で繋がっていることで、いくつかの症状を併発することもよくあります。

もし上記に思い当たることがいくつかあったら

体の状態を改善させるのも大事ですが、同時に、心の状態を改善させてあげなければまた元に戻ってしまいかねません。予防と改善に繋がる5つのアドバイスがありますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

1.睡眠の質を上げる

神経が立つと、まず変化が起きやすいのが睡眠の質ですね。悪い夢を見たり、眠りが浅くて何度も目が覚めてしまったりします。こうなると体も脳も休めなくなって、体の色んな場所の動きに支障をきたしてしまいがちです。まずは睡眠の質を上げることを目標としてみましょう。

眠るための薬は色々と処方されてもいますが、薬だと今度は朝起きるのが辛かったり、効かないと余計に不安になったりすることもあります。最近は、眠りに必要な栄養素を含んだ健康食品も色々と出ていますから、最初から薬に頼るより、まずは体に負担のないもので始めてみましょう。

2.朝の目覚めの質を上げる

これは、睡眠の質を上げるのとセットです。朝いつまでも起きられないと、夜も眠りが浅くなるのは体の自然な反応です。朝日をたっぷりと浴びながら毎朝同じ時間に目覚めるよう心がけましょう。すると体が、起きる時間と寝る時間をしっかり覚えてくれるのです。

暗い部屋で眠る方が睡眠の質が上がるので遮光カーテンをするのはオススメだとよく言われますが、これは朝の光を遮断してしまうので、いつまでも寝てしまう人には逆効果の場合もあります。例えばベッドが窓際にあるなら、タイマーをセットして、朝になったらカーテンだけでもまず開けてみましょう。

日を浴びる、外気を吸うのは脳にとても良い朝の刺激を与えてくれます。夜のうちにこもった空気を入れ替える意味でも、朝起きてカーテンと窓を開けるのは、さりげないことですがとても良い習慣と言えます。

3.一日にひとつ、自分を褒める言葉を言う

夜眠る前でも、歯磨きをしながらでもいつでもかまわないのですが、一日の終わりに、ひとつ、自分を褒めてあげる言葉を口に出して言いましょう。紙に書いても良いです。自分のどこが良いか、何をしたのが良かったのか、誇れる自分を探すことが心が前を向く力になります。

4.ありがとうを言葉に出して伝える

落ち込んだ気持ちを少しずつ拭き取るように、まずは小さなありがとうから始めてみて下さい。ご飯を作ってくれてありがとう。今日も無事に一日過ごせてありがとう。相手は家族でも友達でも、同僚でも、自分でも、ペットでも、綺麗な花を見せてくれた野草でも何でも良いのです。

言葉の力は意外と強いものです。自分はダメだ、と繰り返し考えていると本当にダメな気がしてくる。そんなことはないのに、言葉の呪文にかかってしまうように、そう思い込んでしまったりするのです。

嫌なことから視点を外して、真逆の気持ちに自分の目を向けてやる、そういう意味で、自分を褒めたり、感謝を伝えたりすると良いのです。

5.外を歩く

これはとても簡単です。軽い散歩でも、歩けるところまで歩くのでもかまいません。そのとき、下を向かずに前を、上を、風景や空を見ながら歩いて下さい。胸一杯に空気を吸いながら歩くことで体も疲れて夜もぐっすり眠れるようになります。

体も脳も、動かすことで活性化します。外に出るのが辛い時もあると思いますが、辛い症状から目をそらす方が楽になれるのがこの病気の特徴でもあります。ストレスを軽くするためにも、1から5までの改善法を、ぜひ試してみませんか。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る