TOP > > 乾燥肌やゆらぎ肌を体質改善で治す5つの方法

乾燥肌やゆらぎ肌を体質改善で治す5つの方法

最近注目されるようになった、季節の変わり目に起こるゆらぎ肌も肌の乾燥が原因で起こります。季節の変わり目は気温も変わりやすく不安定なので、昼と夜の寒暖差が激しくなります。これにより体調不良を起こすと肌も影響を受けてしまいます。

体質改善をすれば肌質を変える事もできるので、その方法を紹介していきます。

体質改善のための方法・食事

まず体質を改善するために食事の見直しをしてみましょう。好き嫌いの激しい人は栄養バランスも偏りがちになりますね。アレルギーを起こす物は無理に食べる必要はありませんが、食わず嫌いの場合はできるだけ克服できるよう努力をしてみましょう。

野菜や果物はビタミンやミネラルや酵素も豊富で、肌の代謝を上げるのに役立ちます。積極的に取り入れていきましょう。そのまま食べるのに抵抗がある場合は、ミキサーなどでジュースにして飲んでもいいですね。

食べ物には旬の物がありますが、これは美味しいからという理由以外に、その時期に一番栄養価が高まるからという理由も含まれています。旬の物を意識して取り入れていきましょう。

もちろん肉、魚、油、穀物など全体の栄養バランスも考えてメニューを決めます。動物性のタンパク質や油も多少は必要ですが、できるだけ植物性の物を多目に摂取します。

食べるものが変わるだけでも体調が良くなったり、お通じが良くなり体が軽くなったと感じるようになっていきます。

体質改善のための方法・スキンケア

スキンケアは肌質だけでなく年齢も考え、自分に合う物を選びます。顔のケアをする化粧品は成分なども細かくチェックして選びますが、体と頭は意外と見落としがちです。石鹸についても見直してみましょう。

まず洗浄力の強い石鹸はほとんどが化学的に合成した成分を使用しています。この成分は肌の乾燥を悪化させるので、無添加の物に変えてみましょう。体を洗う石鹸だけでなく、洗顔料、シャンプーも無添加に変えると外からかかる肌への負担を軽減できます。

お風呂は体を温め代謝を上げるのにも役立ちますが、お湯の温度が熱すぎると余計に肌が乾燥するので、お湯の温度は少しぬるめに設定します。お湯が熱すぎると、肌だけでなく心臓にも負担をかけるので注意しましょう。

これはシャワーも同じで、洗い流す時の温度が高いと必要な皮脂まで洗い流してしまうので、乾燥が悪化します。使用するケア用品の成分、お湯の温度を見直す事も大切です。

体質改善のための方法・水分補給

毎日飲む飲み物も見直してみましょう。コーヒーやジュースをよく飲んでも、水はあまり飲まないという人も多いのではないでしょうか?

飲み物にも好みはありますが、カフェインの摂り過ぎや缶ジュースや缶コーヒーに含まれている砂糖の摂り過ぎも肌に影響を与えます。

好きな飲み物を完全に断つのもストレスになるのでよくありませんが、水をたくさん飲むようにしてみましょう。どうしてもコーヒーが飲みたい場合は食後にするなど、できるだけ回数を減らします。

ちなみにアルコールは水分補給にはならず、利尿作用があるので水分不足や脱水状態になるので注意しましょう。

水分補給も体質改善には大切な事ですが、水を飲む時は冷たくせず常温で飲む方が体には優しいと思います。冬は常温でも冷たいので、少し温めた白湯がいいでしょう。

体質改善のための方法・生活習慣

生活習慣も肌の乾燥と大きく関係しています。不規則な生活を送っていると、それだけでも体にはストレスになってしまう事もあります。規則正しい生活を心がけ、就寝と起床時間、食事の時間は出来るだけ毎日同じ時間を意識してみましょう。

体内時計が狂ってしまうと、ホルモンバランスにも影響が出るのでこれも肌の乾燥の原因につながります。今まで不規則だった生活を突然変えるのは無理があるので、例えば寝る時間と起きる時間を20分早くするなど、少しずつ体を慣らし最終的に生活に合わせた時間を決めるのもいいと思います。

睡眠不足は体を疲れさせるので、体質改善には質の良い睡眠も大切です。理想の睡眠時間は7時間~8時間とされていますが、できるだけこれに近くなるよう、そして熟睡できる環境を整える事も大切です。

タバコ、お酒も肌トラブルの原因になるので、できればやめたいところですが、無理なら量を少しずつ減らしていきましょう。生活習慣を変えると体質もかなり改善されるので、自分でも調子がいいと感じるようになっていくはずです。

体質改善のための最後の方法は、とにかく保湿です。保湿クリームなどを使ってもいいですし、食事と生活習慣の改善で体の中も保湿できます。室内に加湿器を置くのも効果的です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る