TOP > > 乾燥が命を脅かす?肌表面だけでなく体の中の乾燥にも要注意!

乾燥が命を脅かす?肌表面だけでなく体の中の乾燥にも要注意!

乾燥という言葉を聞いたとき、皆さんは何をイメージしますか?日本には四季がありますが季節によって空気自体が乾燥してしまうので、冬は特に乾燥肌ではないけど肌が乾燥してしまうこともあります。元々乾燥肌の人は、冬の乾燥が深刻な状態を招くこともあります。

なぜ乾燥が体に悪いと言われるのか?

乾燥肌の人もそうでない人も、肌が乾燥するとカサカサの状態になるのは理解できると思います。この場合応急処置として、保湿効果のあるクリームを塗ることで一時的に肌は潤いしっとりします。しかし時間が経過しクリームの効果が消えると再び乾燥し始めます。

カサカサして乾燥した肌はときに、かゆみなども伴うので我慢できずに引っ掻いてしまうと、肌表面の角質が剥がれボロボロの状態になってしまいます。

元々肌には外部刺激から身を守る機能が備わっていますが、乾燥して角質が剥がれボロボロになった肌は、ちょっとした刺激にも敏感に反応するので皮膚に炎症を起こします。

肌表面が乾燥し荒れた状態の場合、体の中の水分もそこから蒸発していくので、体内の水分も失われ脱水状態に陥ることもあります。脱水症状といえば蒸し暑い夏だけに限った事と思われがちですが、実は空気が乾燥しやすい冬にも起こりうることなのです。

人の体は約60%が水分で出来ていると言われているくらいですから、その水分が蒸発すれば肌の乾燥だけでは済まなくなり、体の中も乾燥し水分不足の状態となってしまいます。こうなると粘膜や血液にも影響が出るので、内臓などにもダメージを与えることになりかねません。

風邪などのウイルスは乾燥した状態が大好きなので、空気が乾燥し喉の粘膜も乾燥しやすい冬に風邪が流行するのもこういった理由があるからなのです。

水分補給と保湿が重要

冬は外気も室内の空気も乾燥しやすいのですが、夏はクーラーなどでも乾燥してしまいます。扇風機に長時間あたっていると具合が悪くなることはありませんか?これは風に当たることで、肌が乾燥しそこから水分が蒸発し軽い脱水状態になってしまうからです。

クーラーが乾燥するからと、扇風機だけに頼るのもあまりよくありませんので、上手に使い分けていきましょう。

季節に関係なく、こまめに水分補給をすることがポイントです。水分補給を意識したとき、一度に水をがぶ飲みすればいいと勘違いしてしまうがちですが、一度にたくさん飲むよりも数回に分けて一口~二口くらいの水を飲む方が安定しています。

ペットボトルの水を近くに置いて喉が渇いたと思ったら水を飲む、これも立派な水分補給になります。コーヒーや紅茶でも水分補給にはなりますが、水が一番おすすめです。

肌の表面の乾燥には、保湿クリームが効果的ですね。今はいろんな保湿クリームがあるので、自分の肌質に合った物を探しましょう。ヒアルロン酸やセラミドなど、肌の成分と同じ成分を配合しているものや、尿素は水分を集めて保湿するので尿素入りのクリームもオススメです。

超乾燥肌の人はクリームでは追いつかないことがありますので、この場合はオイルを使うのもオススメです。クリームよりも浸透力が高く、肌表面に油膜を作って乾燥して水分が蒸発するのを防ぐ効果も期待できます。

お風呂上がりは特に肌が乾燥しやすいので、夏はさっぱりタイプ、冬はしっとりタイプなどを使い分け、こまめに肌の乾燥を防ぎましょう。こうすることで肌が乾燥するのを防ぎ、外部刺激にも強い肌を作ることができます。

室内の湿度にも注意しよう!

こまめな水分補給とスキンケアで、ある程度乾燥から身を守ることはできます。しかし室内の空気が乾燥した状態のままだと、結局乾燥を悪化させてしまいます。

この場合は加湿器もいいですね。適度に室内の湿度を保ってくれるので乾燥を防げます。加湿器がない場合は、濡らして軽く絞ったバスタオルを部屋に干しておくだけでも加湿器の代わりになります。コップや湯飲み茶碗に水を入れて、近くに置いておくのもいいですね。

加湿器がなくても工夫すれば、室内の湿度を適度な状態に保つことはできます。このようにカラダの中、肌表面、室内の湿度管理をしていれば、乾燥に強い体を作ることができますね。規則正しい生活と、栄養バランスを考えた食事も忘れずに!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る