TOP > > 季節の変わり目も怖くない、ヘパリンが荒れ肌を再生

季節の変わり目も怖くない、ヘパリンが荒れ肌を再生

乾燥肌に効果がある成分

乾燥肌に効果がある成分として知られる物質は、高い保水力がある尿素やヒアルロン酸を始めとして、既に市販品のクリームや乳液に配合されています。色々と試して自分の肌に合う、気に入った使用感の製品を決めておられる方も多いのではないでしょうか。

乾燥肌を油分による被膜を作りカバーする方法は、肌荒れがこれ以上外的要因で傷つけられないようにする目的に適っているのですが、現在は保水成分が豊富で、浸透のよい製品を使用した後、人間の皮脂に近い、或いは肌なじみのよい酸化しづらい膜で覆う製品が主流になり、被膜で覆う前に肌を良い状態にする方法が主流です。

1つの製品でその二つの役割を果たすように成分を配合されたものもあります。保湿成分の多く含まれたローションと、皮脂に近いスクワランや、血行促進効果があるビタミンEやAを含む良質の油分が二層式になっているものは、保湿を実感しやすく、使用感も軽いので、リピートする方が多いのもうなずけます。

しかしこうした配合の製品は化粧品として販売される製品なので、乾燥で傷んだ肌を再生させる配合ではありません。保水力や持続的な保湿性も物足りないことがあります。

季節の変わり目の乾燥肌は、こじらせると湿疹になったり、後を引くひどい乾燥肌になりますので、乾燥が悪化する前に先手を打つ積極的な成分を使用する方が良いケースが多くあります。

季節の変わり目は医薬品で早目のケア

肝細胞を構成する成分ヘパリンは、市販医薬品として1960年代軟膏製品に配合され、薬局で販売され始めました。市販品とはいえ医薬品ですので決して安価ではありませんが、平日日中しか診察をしないのが一般的だった当時、乾燥肌は重病でないからと医療機関を受診しない人が多く、長く愛されている薬局の隠れた人気商品です。

季節の変わり目は乾燥肌だけでなく、人によってこれまで使用していた基礎化粧品が合わなくなったり、吹き出物が出来たりと、皮膚科でお世話になる症状が多く出ます。

一時的なものだろうと、肌荒れのまま何となく過ごしたり、時々クリームを塗る程度だと、本格的に乾燥する季節に入った時、ますます乾燥し荒れていた箇所がひどくなります。

一度でも肌の状態を回復させていれば、その後乾燥する季節になっても対処しやすくなりますので、自分の肌に合ったものを早く見つけておくことが大切です。ヘパリンは肝臓の細胞に含まれる成分で、保湿力と優れた皮膚再生能力があります。

しかし一方で血液を固まらせにくくする性質がある為、出血しやすい人には好ましくないと言われています。血液をサラサラにしたいと心掛けている人の乾燥肌対策には大変有効なのです。

市販医薬品に関しては、以前軟膏だけでしたが、最近は乳液やクリーム状のもので、べたつかない製品が増えましたので、仕事場や家事中でも使用できる製品が増えました。

血液を固まりやすくするお薬を服用されているケースでは、保水力の高さに特化した尿素やヒアルロン酸が配合されている製品の方が安心な選択と言えます。かゆみ止め成分が配合されていることもありますので、かゆみ症状が有るか無いかで購入する製品を選ぶことは必要です。

肝細胞再生物質で乾燥肌を速攻改善

ヘパリンという肝細胞物質は、お酒を飲む人の為に販売されている健肝目的のドリンク剤にも配合されていますので、乾燥肌に効果があると知っている方は限られた方で、多くの人は、お酒が好きな人が飲むもの、としか思われていませんでした。

肌荒れ、乾燥肌に効果を発揮する仕組みは、肝臓を守り丈夫にする仕組みと何ら変わりがありません。タンパク質を主とする細胞、粘膜を、それらに含まれる成分を豊富に血流に乗せて送ることで、迅速に補修なすることなのです。

保水力を多く含む外用剤を塗布するだけでは、保水力を発揮する細胞そのものを活性化することはできません。あくまでも機能を補助するに留まります。細胞、粘膜を強くする、いつでも新しい細胞が働く状態にしておくことが乾燥肌から健康な肌に戻すことなのです。

お酒を飲む前、飲んだ後にヘパリン含有ドリンク剤が効果を発揮することでも分かる通り、外用のクリームや乳液、軟膏においてもその浸透は早く、目に見えた肌状態の確認が出来ます。ニキビ跡とニキビ治療にも処方されることがあるヘパリン外用剤です。健康な肌の蘇生については医学的に周知されています。

より積極的に感想の季節に備える為に、季節の変わり目の乾燥肌をヘパリンで強く、健康に整えたいものです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る