TOP > > 本当にコラーゲンで治る?肌荒れから卒業するための食べ物

本当にコラーゲンで治る?肌荒れから卒業するための食べ物

肌荒れ改善のため、コラーゲンが必要だと言われます。しかし、コラーゲンを摂るだけでは、肌荒れは改善しません。それでは、どんな栄養を摂ればよいのか、それはどんな食品に多く含まれているのか、順番に解説していきましょう。

コラーゲンだけ食べても意味がない?

ヒトの身体は、大きな分子をそのまま吸収することはありません。例えば、ご飯を食べた時、万が一米粒をそのまま飲み込んだとしても、腸で粒がそのまま取り込まれるということはありえないのです。胃や十二指腸で消化酵素の働きを受け、小さい形に分解されてから吸収されます。

それはたんぱく質も同様です。肉や魚、卵、豆腐など、全てのたんぱく質源となる食品は小さく分解され、アミノ酸か、アミノ酸がいくつか繋がったペプチドの形で吸収されていきます。では、コラーゲンは一体どのように吸収されるのでしょうか。

コラーゲンはある特定のアミノ酸が繋がった、一種のたんぱく質です。コラーゲンも当然、消化酵素の働きを受けて、小さい単位に分解されて吸収されていきます。つまり、どれだけコラーゲンを摂取しても、吸収される時にはバラバラになってしまうのです。

コラーゲンを作るためにはビタミンCが必須

バラバラになって吸収されたコラーゲンが、すぐにその場で元に戻るわけではありません。さらにコラーゲンは、血管や骨など、身体のいたるところに存在しているのです。摂取したコラーゲンが再びコラーゲンに合成されるとも、皮膚に使われるとも限らないのです。

しかし、コラーゲンを摂取したということは、コラーゲンの材料はすぐに使える状態で身体の中に存在しているということができます。あとは、身体の自己治癒能力によって、荒れた肌を改善するためにコラーゲンが生成されることを祈るのみです。

ただ、コラーゲンの生成を助けるビタミンCを摂取することで、それの手助けをすることはできます。コラーゲンの原料となるヒドロキシプロリン、ヒドロキシリシンというアミノ酸の生成に、ビタミンCが必要です。

ビタミンCは体内に留まらず、次々に排出されていくので、毎日の摂取を心がける必要があります。ビタミンCはピーマン類、芽キャベツ、じゃがいも等に多く含まれています。

美容のビタミン

数あるビタミンの中でも、美容のビタミンと言われているものがあります。それが、ビタミンAとビタミンB2です。ビタミンAは上皮組織の機能を維持する働き、粘膜を保護する働きなどがあります。

ビタミンAが足りなくなると、上皮細胞が角質化し、皮膚、粘膜が乾燥してしまうのです。ビタミンB2は酸化還元を行う酵素を活性化させる役割を持っています。こういった酵素は身体の様々なところで活躍しています。

そのためビタミンB2が不足すると、口角や唇に炎症が起きたり、皮膚が乾燥したりします。逆に言えば、ビタミンB2を摂取することで、粘膜や肌の異常を予防することができるのです。

ビタミンAはレバー、卵などに多く含まれていますが、かぼちゃやにんじん、ほうれんそう、春菊などにも、カロテンとして多くの量が含まれています。また、ビタミンB2はレバー、豚肉、卵などの動物性食品の他に、納豆にも豊富に含まれています。

レバーが手っ取り早いと考えがちですが、食べ過ぎには注意が必要です。肌荒れを治すということを考えると、何を食べたら良いのか分からなくなってしまいますが、肌の健康は規則的な生活が第一です。

バランスの良い食事をすることが、肌を綺麗にする第一歩です。その次のステップとして、今回紹介したビタミンC、A、B2の多い食品を取り入れてみると良いのではないでしょうか。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る