TOP > > 瞬きがドライアイを左右する?瞬きの意外な重要性とは

瞬きがドライアイを左右する?瞬きの意外な重要性とは

コンタクトレンズを使用している人は、どうしてもドライアイになりやすいと言われています。インターネットの普及に伴い、長時間パソコンや携帯&スマートフォンの画面を見つめていると、つい瞬きを忘れてしまうのでドライアイになりやすいと言われています。

例えば目の前に何かが飛んできたときなど、無意識に目を閉じていますね。これはまぶたを閉じることで目を守るという本能からくる行動です。普段は意識していませんが無意識に行っている瞬きも、目を潤し乾燥から目を守る行動なのです。

瞬きが減るとどうなるか

パソコンや携帯を長時間使用すると、目がショボショボする、ゴロゴロする、目が痛い、乾いた感じがするということがあります。これはつい夢中になってしまうことで、瞬きの回数が激減してしまうからです。

パソコンや携帯も使うけど、そんなに長時間じゃないから自分は大丈夫と思っていても、目に何らかの症状がある場合はドライアイの可能性もあります。もちろんこれ以外にもドライアイになる原因はありますが、瞬きは目を守るためにも欠かせないとても大切なものになります。

瞬きをすることで目全体に適度な水分を行き渡らせます。この適度な水分があることで目の表面を保護することができます。しかし乾いた状態になると、瞬きをするのも痛いと感じることがあります。症状には個人差もありますが、中にはいくつもの症状が複合することもあるのでかなり辛い思いをいます。

目の表面が乾燥することで、角膜を傷つけてしまうこともあり、こうなってしまうと自分では手に負えないので眼科に行くのが一番です。

ドライアイの治療

ドライアイは治療も可能なので、できるだけ早めに眼科に行くことをオススメします。仕事などパソコンを使ったり、携帯をよく使う人は特に注意が必要ですね。意識して瞬きをすることも大切です。

なんとなく目が乾くという自覚があって、それほど酷くない場合は市販のドライアイ用目薬でも対処できます。コンタクトレンズを使用する人は、ドライアイになりやすいので市販の目薬もコンタクトレンズ用のものが多いのですが、今はコンタクトレンズを使用していない人用も増えています。

涙と同じ成分の目薬なので、目に優しい目薬です。ただし市販の目薬の中には、防腐剤が入っているものもあります。どんなものでもそうですが、防腐剤は体にも影響を与えます。

市販の目薬を選ぶ場合は防腐剤の入っていないものを選びましょう。症状が軽くても、眼科に行き診察をしてもらい、自分の症状にあった目薬を処方してもらうのが一番安心だし確実です。

ただし症状が軽い場合はて目薬でも対処できますが、悪化してしまうと目薬だけでは対処できないので他の方法で治療が必要になります。深刻なドライアイは瞬きをするのも激痛が走るなど辛い思いをします。

こうなる前に少しでも思い当たる症状がある場合は、早めに眼科に行き適切な処置をすることも大切です。何よりも意識して瞬きをしていきましょう。目が疲れたと感じたときは、少し目をつぶったままでいるのもいいでしょう。

目が疲れたときには冷やすとすっきりしますが、温めたほうが効果的です。温めることで瞼に固まった油を溶かしコリのようなものをほぐすことができます。ドライアイは治療も可能ですが、簡単な方法で予防もできるので、自分の目を守るためにも是非実践していきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る