TOP > > その症状、実はドライアイではないのかも!眼瞼痙攣の可能性あり?!

その症状、実はドライアイではないのかも!眼瞼痙攣の可能性あり?!

眼が乾く・・・。それ、本当にドライアイ?

眼が乾く、光がまぶしい、眼がゴロゴロする・・・。こんな症状があって、普段からパソコンを長時間使っていたりすれば、まず真っ先にドライアイを疑いますよね。CMの影響などもあり、よく知られている眼の病気でしょう。

他にも長時間目を開けていられない、眼が重たいなどというような症状を感じる方もいます。治療としては人工涙液やヒアルロン酸点眼などを点眼して様子をみていきます。

しかしこれらを使っていてもなかなか良くならない場合、実はドライアイではないのかもしれません。

ドライアイとも似た症状、眼瞼痙攣って?

眼が乾く、まぶしい、ゴロゴロする、眼を開けていられないなどドライアイとも似たこんな症状、眼瞼痙攣(がんけんけいれん)という眼の病気でも現れる症状なんです。

眼瞼痙攣とはまぶたの筋肉が自分の意思とは関係なくピクピク動いてしまい、自分の意思でまぶたを開けにくくなってしまう病気です。「けいれん」という名前ですが、軽症、中等症の場合は、一般にイメージする痙攣はほとんどありません。それがこの病気をわかりにくくしている理由のひとつでしょう。

40~50歳代で発症することが多く、男女比は1:2~3と女性のほうが多くなっています。ドライアイ以外にも眼精疲労、更年期障害、自律神経失調症などと間違えられてしまうこともあります。

重症になってしまうと完全に眼を開けていられなくなります。無理に手で開けようとしても簡単には開けられません。そのため視力はあっても、日常生活は失明した状態と同じようになってしまいます。

軽症、中等症ではそこまでひどくはなく、外見は健康な人とあまり変わらないように見えます。しかし本人にとってはずっと眼の違和感、不快感が続いている状態です。心理的にもつらいですし、自転車や自動車の運転に支障をきたすようにもなっていきます。仕事を続けていくことが難しくなってしまうことまであるのです。

こんな症状があれば眼瞼痙攣を疑って

眼が乾く、まぶしい、ゴロゴロするといった症状以外にも、眼を開けているのがつらくてつぶっていたほうが楽、眼が自然に閉じていってしまうなどというような症状があれば眼瞼痙攣かもしれません。人ごみで歩いていると人にぶつかってしまう、電柱や止まっている車にぶつかりそうになるということもあります。

眼瞼痙攣のための簡単なテストにまばたきがあります。連続して軽く弾むようなまばたきをできるかなどをテストするのです。軽症でも眼瞼痙攣があると素早いまばたきができなくなります。気になる症状があればすぐ医師に相談しましょう。

眼瞼痙攣の原因についてはまだ不明な点もありますが、安定剤や睡眠導入剤などが引き金になっていることもあるようです。それらの薬を減量したりして様子をみることもあります。

治療には内服薬を服用したりすることもありますが、最も主流なのはボツリヌス菌(美容でも用いられるボトックスです)を使った治療法です。

これはボツリヌス菌が産生する麻酔効果のある物質を眼の周囲に注射するという方法で、眼をつぶる力を弱めることで効果がでます。ただし効果は3~4ヶ月しか持続せず、繰り返し治療を続けていく必要があります。

眼瞼痙攣を治療しないまま放っておくと、進行は遅いものの少しずつ悪化していってしまいます。ドライアイの治療を続けているがなかなか良くならない、気になる症状があるなどということがあれば、なるべく早く眼科を受診するようにしてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る