TOP > > ドライアイの症状をよく知ろう。正しい対策と改善策とは

ドライアイの症状をよく知ろう。正しい対策と改善策とは

その疲れ目、ドライアイかどうかチェックしてみたことはありますか?そうかも…と思いながら、どうすることもできずに毎日お仕事を頑張っていたりする人、思っているよりも多いんです。パソコンや携帯の普及で増え続けていると言われるドライアイ。大事な目のケアをきちんと始めてみませんか?

どんな症状がドライアイなのか

まず、ぱっちりと目を開けて、そのまま10秒キープできるかどうか試してみましょう。できますか?もし10秒がまんできずにまばたきをしてしまったらドライアイかもしれません。

他にも、何もないのに急に目がヒリヒリしたように感じて涙が出たり、赤くなったり、かゆくなったり、痛みを感じたりするようならドライアイの可能性があります。特に、なんでもない時に涙が出るような場合には、眼球が乾燥に耐え切れずに自然に泣いてしまっている時がありますから要注意です。

瞳のきれいな人はうるうるしているように見えませんか?そのうるうるには実は二種類あるのです。しっかりと目を保護する成分が瞳をおおっていて、その水分でうるうると見える人。もう一種類は、ドライアイで乾いているために、乾燥を防ごうと頑張って水分を出している場合です。

前者は白目が青く、澄んだようにうるんでいるのですが、後者は乾燥のために目が血走ってしまっている場合もあり、鏡をよく見ると自分がどちらのタイプか分かると思います。

ドライアイの原因と言われているもの

・加齢による分泌物の変質や異常

瞳を守っているのは、水分だけではなく、少しねっとりとしたムチンと呼ばれる保護膜や、一番外側にある油の層です。これらが加齢によって変質したり、量が少なくなったりすることもあります。

・エアコンなどの風に長時間さらされる

自然の風と違って、エアコンなどの機械的な風は一定の強さで一定の方向からずっと吹き続けますから、その風に長時間晒されることは瞳にとっては乾燥し続けることになり、大きなダメージを受けてしまいます。これを長期間続けることで涙の分泌が間に合わなくなったりします。

・まばたきの回数が少ない

パソコンや携帯の普及によるドライアイの増加の理由と言われているのがこれです。画面をずっと見つめていると、自然に暮らしているよりもずっとまばたきの回数が減る傾向にあるのです。

紙ベースのものでも長時間読むと目が疲れはしますが、パソコンと携帯はブルーライトにもさらされ続けます。これが強い負荷を目にかけてしまうのです。

加齢によるもの以外は、年齢に関わらず接するものばかりですから、比較的若い人でもドライアイを発症しやすい環境にあると言えます。他にも、コンタクトを使用している場合、洗浄が足りなくて雑菌がついたままだったりすると眼病を招き、異常を発してしまったりもします。

予防や対策。瞳を大切にするにはどうしたら良いのか

まず、一番の大敵は乾燥です。意識してまばたきの回数を増やしたり、パソコンや携帯を使い続ける時には、1時間近くになったら必ず10~15分の休憩を取って目を休ませるように気をつけましょう。

そうは言っても、仕事中にしょっちゅう目を閉じて休んでいては、サボっているとも疑われかねないのが現代社会の辛いところです。そんなときには、目を保護する効果のある目薬を使うのも効果的です。

目薬は、普通のものよりもムチン層をサポートしてくれる効果のあるものを選びましょう。眼下へ行って、ドライアイであることの判断がつけば、ムコスタやジクアスといった名前の点眼薬を処方してもらえます。

市販の目薬でも、ムチン層の保護をうたっているものがあります。こういったものでなければ、普通の目薬ではまたすぐに乾いてしまって、保護の役割は果たせないのです。

ドライアイは乾燥のせいで夕方頃になると目のかすみが強くなったりするケースが見られます。この症状は、保護膜がしっかりしていればかなり改善することができますから、正しい点眼薬や目薬で、不足した分泌物を補って、一日の視界をクリアに保ってあげると楽になります。

ただ、ドライアイを改善すると視界がクリアにはなりますが、視力が上がるわけではありませんので、何をしても物が見えづらいという場合には、本当にドライアイかどうかを病院でしっかり診てもらったほうが良いでしょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る