TOP > > 目にもうるおいを!ドライアイ改善法

目にもうるおいを!ドライアイ改善法

パソコンやテレビ、スマートフォンなど、日常生活で目を酷使しがちな現代人。目は睡眠中以外は常に動き、さまざまな情報をインプットしている器官であるため、他に比べても疲れが溜まりやすい器官であると言えます。近年、ものすごい数で増えている目の病気があります。それは「ドライアイ」です。

「ドライアイは病気なの?」と思われる人もいるでしょうが、ドライアイも症状が悪化し重症化するケースもありますし、ドライアイがきっかけで白内障などの深刻な目の病気を引き起こす可能性もあります。ドライアイの推定患者数はなんと2200万人もいるのだそうです。あなたの目は大丈夫?

こんな症状はドライアイ

ドライアイは日本語で角膜乾燥症といい、その名の通り、目の表面が乾いてしまう症状の病気です。目の表面が乾いてしまう原因はいくつかありますが、まずはドライアイチェックから始めましょう。

・目を10秒以上開けていられない
・目がゴロゴロする
・目がかゆい
・目が赤くなりやすい
・理由もなく涙が出る
・光をまぶしく感じやすい
・目やにがでやすい

どうですか?1つでも当てはまるチェック項目があればドライアイの可能性があります。すぐに眼科で診察を受けるようにしましょう。

ドライアイの原因は?

私たちの目は、表面が乾かないように常に涙の膜で覆われるようになっています。瞬きをするたびに目の表面は涙で濡れて、角膜が傷つかないようにしています。目の表面を濡らす役割を果たす涙が、なんらかの原因により不足したり変質したりすることで、ドライアイの症状が起こります。

涙の量を不足させたり変質させたりする原因として考えられているのは、目を酷使すること、瞬きの回数が少ないこと、ストレス、乾燥などです。

日焼けをすれば肌にたっぷりと化粧水を塗って、肩や腰が痛ければ湿布などを貼って手当てをするのに、毎日酷使している目をいたわってあげている人というのは、そんなに多くないのではないでしょうか。

ドライアイ改善法

ドライアイを完全に治す方法というのは今のところありません。ドライアイを引き起こす原因を取り除き、毎日目をいたわってあげることで、すこしずつ症状を改善することは可能です。

まずは、ドライアイを引き起こす原因を取っ払ってしまいましょう。パソコンやスマートフォンなどを長時間見続けるのはよくありません。読書も目の疲れを感じたら休めるようにしましょう。

パソコンなどのVDT作業はどうしても集中してしまいがちになります。そうすると瞬きの数も少なくなりますので、意識的に瞬きをすることが大切です。パソコン画面などを目の高さより下に置くと、目を大きく見開かなくてもよいので、目の乾燥を防ぐことができます。

室内の乾燥も、ドライアイには天敵。乾燥の強い室内では加湿器をつけると良いでしょう。エアコンや扇風機の風邪が直接あたるような場所は避けましょう。

目を直接潤してくれる目薬が効果的

不足した涙の代わりに目を潤してくれるのは目薬です。目薬を常用している人も多いかと思いますが、最近ドライアイに効果のある目薬が注目を集めています。それは「ムチン」の分泌を促す目薬です。え、ムチン?と驚かれるかも知れません。

ムチンといえば納豆やオクラなどに含まれているあのネバネバの正体でもあるからです。実は私たちの目には「ムチン層」と呼ばれる部分があります。ムチン層が結膜を多い、涙の水分を蒸発しないようにとどまらせる役割をしているのです。

ムチンの分泌を促す目薬はドラッグストアなどで市販されている薬ではなく、医師の診断によって処方される薬です。目が疲れる、ゴロゴロする、見づらいなどの違和感を感じている人は、まずは眼科での検査を受けてみましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る